RPA の仕組み

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) はその名の通り非常にシンプルで、しかも強力です。独自のソフトウェア ロボットを作成できる自動化ソフトウェアを使用して、あらゆるビジネスプロセスを自動化できます。ユーザーが自身で割り当て、制御するタスクを実行する、構成可能なソフトウェア、これが「Bot」です。

RPA Bot は学習や、クローンの作成にも対応しています。Bot の稼働状況を観察し、適切に調整したり規模を変更したりすることもできます。コーディングは不要で、ワークフローへの影響やプライバシーを損なうことはなく、簡単に使用できます。

RPA はデジタルワークフォースであり、作業内容を「指示」することで Bot が作業を引き受けます

ロボティック・プロセス・オートメーションの Bot には人と同じデジタル スキルセットがあり、コピー アンド ペーストから、計算のためのデータの修正まで、人と同じ方法であらゆるシステムまたはアプリケーションを操作できる、いわば、デジタルワークフォースです。つまり、自動化するために基盤のビジネス システムやアプリケーション、既存のビジネスプロセスの一部を変更する必要はありません。

RPA の自動化は即座に運用を開始でき、ビジネスユーザーが独自に使い始めることが可能です。数週間でデジタルワーカーをセットアップし展開でき、数日で ROI を実現できます。

RPA のメリット

ロボティック・プロセス・オートメーションのメリットは即座に定量化可能で、エラーの抑制、コンプライアンスの強化、監査の節約など、複数の分野に影響する点です。RPA はデジタルトランスフォーメーションの促進、収益増加の機会の実現、プロセスの改善や付加価値の高い業務へのリソースの振り分けなど、さらに多くのメリットをもたらします。

人的ミスの削減

100% の正確性

手戻りはなく、ほぼ完璧なコンプライアンスを実現

プラットフォーム間の統合

100%アプリ依存なし

レガシーでも最新でも、RPA Bot はアプリケーション周りのすべてに精通しています

カスタマー エクスペリエンス

50%改善

データ関連の煩わしい作業は Bot に任せて、顧客に集中する時間を生み出す

人工知能の活用

70% が 4 週間以内で実現

AI がエンドツーエンドのプロセス自動化を高速に実現

RPA が従来の自動化ソリューションと
一線を画す点は何か?

RPA は新しいものから古いものまで、あらゆるアプリケーションやシステムにプラグ & プレイで接続可能

RPA は直感的に使える
バックオフィスのデータ入力中心の処理を自動化したいという考えは、今になって生まれたものではありません。ナレッジワーカーがレガシー システム間でのデータの移動や調整、あるいは繰り返しの単純な作業にかける時間を減らすことは、数十年にもわたり求められ続けてきたことです。しかし、スクリーン スクレイピングなど作業を効率化できるツールは、一般的な社員が容易に利用できるものではありませんでした。RPA はビジネスユーザーが自ら Bot を構築し、数日間で ROI を実現できます。

RPA がワークフォースを強化
RPA では、複数のテクノロジーが利用者にとって使いやすいユーザー インターフェースにまとめられています。機械学習 (ML) と人工知能 (AI) の発展により、RPA は 20 年前の登場以来、大きく進化しました。RPA により、従業員が自らオートメーションをリアルタイムで実現し、柔軟でインテリジェントな RPA が、10 倍の速さでエラーフリーの処理を実行します。

オンデマンドで RPA Bot のデジタルワークフォースを開始、停止、そしてスケール
現在では、RPA は従来のアプローチに比べほんのわずかな時間で自動化を実現し、あらゆる環境やアプリケーションで、どこにいても実行可能です。ロボティック・プロセス・オートメーション Bot はすぐに利用を開始し、オンデマンドでスケーリングでき、休むことなく 100% の能力を発揮し続けます。インテリジェント オートメーションを追加することで、デジタルワークフォースは複雑な非構造化情報も処理し、ビジネスプロセスをエンドツーエンドで自動化できます。ユーザー自身が必要なソフトウェア ロボットの数を判断し、必要に応じて即座に導入できます。

RPA を利用している業界

RPA は万人のためのもの。あらゆる業界、事業部門でメリットを実感できます。RPA は想像力次第でさまざまなビジネスプロセス オートメーションに活用できます。また、専用の IT インフラストラクチャを必要とせず、すぐに導入できる既製のデジタルワーカーがオンデマンドで手に入るマーケットプレイスも拡大しており、Bot の運用はますます容易になっています。採用やオンボーディング、保険金請求処理などの業務ができるように事前に構築済みの RPA ソリューションもあります。あらゆる場所で Bot を活用できます。

 

ビジネスプロセス アウトソーシング

RPA は、コスト削減、SLA の改善、業務の俊敏性の向上、能力の増強を可能にし、ビジネスプロセス アウトソーシング (BPO) 組織にとって主要な差別化要因となりました。

BPO (ビジネス・プロセス・アウトソーシング) 向け RPA について見る
 

金融サービス

RPA によってデータ検証、銀行アプリケーション間のデータ移行、顧客アカウント管理、レポート作成、フォームへの入力、金融債権処理を迅速に自動化できます。

財務向け RPA について見る
 

医療

RPA は患者情報の移行、処理、保管、および医療費の請求書、保険データ、保険申請の処理など、医療関連業務プロセスを自動化することで、事務作業を軽減します。

ヘルスケア向け RPA について見る
 

保険

詳細なレポート、複雑な法務資料、その他の各種ドキュメントを作成するために、さまざまなデータ ソースから抽出し、ドキュメント テンプレートを使用して、ドキュメントの作成を自動化します。

保険向けの RPA について見る
 

ライフ サイエンス

コストを増やさず生産性と質を向上させ、今まで以上に優れた患者への成果を達成できます。RPA により処理時間とコンプライアンスの両方が向上し、患者との関わりがより効果的なものになります。

ライフサイエンス向けの RPA について見る
 

製造

ERP の自動化、物流データの自動化、データの監視、製品価格の比較などの処理を RPA に任せることができます。

製造向けの RPA について見る
 

公共部門

政府機関では、安全で信頼性が高く、すべての政府指令に準拠した自動化を RPA によって実現できます。これにより、職員は市民サービスの改善に集中できます。

公共部門向けの RPA について見る
 

通信会社

クライアントの端末からのデータの収集、統合、バックアップ、あるいは競合他社の価格情報や端末の製造情報などのアップロードと抽出などに、RPA を活用できます。

通信会社のための RPA + AI
 

RPA がデジタルトランスフォーメーションにもたらす影響

RPA はさまざまな組織のデジタルトランスフォーメーション戦略の中心となっています。RPA によりビジネスプロセスを迅速かつ容易に自動化できるため、人間による手作業がなくなるだけでなく、これまでにはなかった豊富なビジネス インテリジェンスを利用できるようになります。

RPA を使用することでシームレスなビジネス持続性を実現。新型コロナウイルス感染症などによる健康危機、あらゆるシステムおよびプロセスの変更など状況に関わらず、Bot はどこからでも自動的にシステムとプロセス変更を独自に処理できます。

RPA は自動化ツールを組織の最前線に導入することで、デジタルトランスフォーメーションを始めとする戦略と実施をあらゆる面から加速できます。

RPA テクノロジーとは

RPA テクノロジーについて分かりやすく解説したクイック リファレンスのライブラリーをご覧ください

インテリジェント オートメーション

インテリジェント オートメーション

RPA と人工知能 (AI) テクノロジーが融合すると何が起きるのか? ビジネスプロセス オートメーションのユートピアともいえる環境です。

詳細はこちら

ハイパーオートメーション

ハイパーオートメーション

プロセスディスカバリーから予測分析に至るまで、エンドツーエンドの AI 統合自動化がどのようにデジタルトランスフォーメーションを実現するか、ご覧ください。

詳細はこちら

デジタルワークフォース

デジタルワークフォース

デジタルワークフォースをご紹介します。ビジネスプロセスを合理化するために人と機械が連携するとはどういうことか、その様子を詳しくご覧ください。

詳細はこちら

Attended vs Unattended

Attended vs Unattended

人と Bot のチームワークが何を意味するかをご覧ください。Unattended RPA が、Attended RPA と Attended Automation 2.0 とどう異なるかについて詳しくご覧いただけます。

詳細はこちら

高度な文書処理

高度な文書処理

自動化を動かしているのはデータです。高度な文書処理 (IDP) がどのように任意の書式を持つドキュメントからデータを抽出するかをご覧ください。

詳細はこちら

RPA のよくある質問

RPA のよくある質問

ロボティック・プロセス・オートメーションとインテリジェント オートメーションについて端的に書かれたものをお探しですか? こちらではよくある質問への回答をご覧いただけます。

詳細はこちら

RPA で何ができるか?

RPA で何ができるか?

世界中で広く導入されている RPA プラットフォームのデモを、お客様に合わせた形でお届けします。自動化の具体的なご要望については、弊社の RPA 専門の担当者にご相談ください。ライブ デモの際に、RPA ソフトウェアおよびインテリジェント オートメーションに関してご不明な点がございましたら、お気軽にお問合わせください。 RPA の取り組みの迅速な実現を支援いたします。