インテリジェント オートメーション (IA) = RPA + AI

インテリジェント オートメーション (IA) は、ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) と人工知能 (AI) テクノロジーを組み合わせることで、スピーディなエンドツーエンドのビジネスプロセス オートメーションを可能にし、デジタルトランスフォーメーションを加速させます。

インテリジェント オートメーションは、RPA によるタスクの実行と、自動プロセスディスカバリーとプロセス分析の機械学習および分析機能、さらにコンピューター ビジョン、自然言語処理、ファジー論理などのコグニティブ テクノロジーを組み合わせ、ビジネスプロセス オートメーションの視野を大幅に広げます。

インテリジェント オートメーションは、ディスカバリーからオートメーションの最適化まで、オートメーション ジャーニー全体を対象とし、フロントオフィスやバックオフィスのあらゆるビジネスプロセスを自動化し、人間と Bot が共に働くチームをまとめます。

「人工知能 (AI) とロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) を組み合わせることで、組織はエンドツーエンドでプロセスを自動化できます。典型的なエンドツーエンドのプロセスには、構造化データと非構造化データの両方が関与しており、例えば AI を使用してドキュメントを取り込み、意味や感情を解析、分類、理解し、必要なアクションを RPA に渡します」

–Everest Group 副社長、Sarah Burnett 氏

インテリジェント オートメーションのしくみ

インテリジェント オートメーションは、コグニティブ テクノロジーを活用し、RPA と統合することで機能します

事前の指示と構造化データの入力を必要とする従来の自動化とは対照的に、インテリジェント オートメーションは自動化サイクルの各ステップを支援し、その後も改善し続けます。

IA サイクルはプロセス検出から始まります。AI ベースのツールが従業員の業務活動を自動的に観察し、最適なワークフローを特定し、自動化の方法を提案します。

自動化の段階では、インテリジェント オートメーションが AI を使用 して、人間のチャットの会話や音声、ビデオなどの非構造化情報にアクセスします。今日の企業ではビジネス データの実に 80% を非構造化データが占めているため、エンドツーエンドの自動化を実現させるにはこの機能が不可欠です。

自動化の分析には AI が使用され、プロセス データのパターンを特定し、将来の生産性向上を予測します。

その結果、時が経つとともに例外の数や Bot の管理の必要性が減り、あらゆるビジネスプロセスの自動調整とエンドツーエンドの自動化が実現します。

あらゆるビジネスプロセスを自動化

AI + RPA により実現する非常に複雑なビジネス タスクの自動化

AI テクノロジーを使用して RPA を拡張することで、ビジネスプロセス オートメーションの可能性が広がり、ほぼすべてのシナリオが対象となります。コグニティブ Bot は働きながら学び、論理的に判断して決定を下せるようになり、人間とデジタルワークフォースがともに働く職場における重要なリソースとなります。

しかし、インテリジェント オートメーションによる変革の可能性は、テクノロジー、作業プロセス、従業員をシームレスに統合させることにより、ビジネスの在り方を考え直す機会を生み出すことにあります。

あらゆるビジネスプロセスをエンドツーエンドで自動化

どのようなビジネスプロセスでも、インテリジェント オートメーションを使えば自動化できます。人間による操作を減らし、処理速度を上げ、アウトプットを調整することで、時間と経費を節約できします。

運営上の障害を軽減

コグニティブ オートメーションは、非構造化データや、一貫性のないプロセスおよびデータに対応できるよう開発されています。RPA + AI はレガシー システムやその他の機能的障壁を克服して、フロントオフィスとバックオフィスの連携を築きます。

複雑なデータを整理して処理

データの大きさや扱いにくさにかかわらず、プロセスが正常に行われるように準備します。インテリジェント オートメーションのツールは、非構造化ソースから記録をキャプチャ、保存、操作、取得します。

エラーと例外を撲滅

デジタルワーカーはルーチン タスクと複雑な手順の両方で効率と精度を改善します。時間の経過とともに、インテリジェント Bot が処理方法を自己学習するため、例外が減り続けます。

サイバーセキュリティを強化

ネットワークとデータ構造を分析し、脅威を評価し、悪用される前にセキュリティの対処することで、抑制と均衡を施します。

コンプライアンスを徹底

インテリジェント オートメーションを使うことで、規制法、業界標準、およびベストプラクティスによって確立された要件に確実に準拠できます。

カスタマー エクスペリエンスを強化

応答時間の短縮、精度の向上、さらには一貫した結果を提供することにより、顧客満足度を向上させます。

従業員を開放

インテリジェントなデジタルワーカーが複雑なタスクを処理してプロセスを完了させてくれるため、従業員は人間固有のスキルが求められる目標に注力できるようになります。

御社のインテリジェント オートメーション ジャーニーに最適な RPA + AI プラットフォーム選び

あらゆるビジネスプロセスをエンドツーエンドで自動化できるということは、高度な RPA 機能に加えて、非常に広範な AI 機能が搭載されているということです。1 つのプラットフォームで必要なツールをすべて提供するには、中核となるコグニティブ テクノロジーに AI との互換性を持たせると同時に、ネイティブに統合するということが重要になります。

Automation Anywhere は、業界屈指の高度なインテリジェント オートメーション プラットフォーム上にコグニティブ テクノロジーを結合した、シンプルで簡単な AI プラットフォームを提供するよう開発されています。さらに、1 つの総合ダッシュボードですべてのデータや結果を表示・分析できます。

データ サイエンティストや開発者は Google 翻訳、Microsoft 意図分析、IBM Watson 感情分析など任意の AI プラットフォームを使用して、ビジネスユーザー向けにカスタマイズされた AI 活用ツールを作成することができます。同時に、すべての Automation Anywhere Enterprise ユーザーが、データ サイエンティストや高度な訓練を受けたエキスパートの力を借りなくても、コンピューター ビジョン、自然言語処理 (NLP)、ファジー論理、機械学習 (ML) などの AI テクノロジーを駆使して、非構造化データの処理を自動化できます。

あらゆる業界で活躍するインテリジェント オートメーション

ビジネスプロセス アウトソーシング (BPO)

ビジネスプロセス管理のアウトソーシング サービスを専門化している企業は、RPA に多額の ROI を見出しています。改善を重ねることでスケール メリットにより節約効果が飛躍的に増加し、BPO と顧客の両方に利益をもたらします。

金融サービス

振替、取引、ローン組成、および支払い処理は、デジタルワーカーが請け負うことができる業務のほんの一部です。バックオフィス調整から顧客と対面して行う取引まで、顧客の金融ジャーニーのあらゆるステージで役立ちます。

医療

記録管理や請求関連の事務プロセスの効率化や、手術前や術後の回復における重要なチェックなど、コグニティブ オートメーションは患者アウトカムの改善、手作業の削減、オーバーヘッド コストの大幅な削減に役立ちます。

保険 

AI 対応プロセスにより、請求処理、資格証明、送金、報告書作成など、さまざまなタスクを迅速かつ簡単に自動化できます。保険会社は Bot を日常業務に活用し、条件の変化やさまざまなソースから常に寄せられる情報に基づく複雑な意思決定にはデジタルワーカーを用いることができます。

ライフ サイエンス 

オートメーションは、命を救い、人々がより良い生活を送れるようにするための薬や医療機器の開発もサポートすることができます。申請書の準備期間の短縮やデータの精度と分析手段の改善など、研究開発プロセスのほぼすべてに機械学習を導入し、より短期間で成果をあげることができます。

製造 

製造業者は RPA を使用して、材料や部品の調達、在庫管理、注文調整、輸送、請求書発行などのプロセスに加え、工場、管理事務所、小売店での多くの業務をエンドツーエンドで管理できます。

公共部門 

政府はあらゆるレベルで、費用対効果が高くエラー削減してくれるオートメーション テクノロジーを活用し、納税者の負担を減らしながら公共サービスの拡大と改善を図ることができます。インテリジェント オートメーションにより認可や福利厚生申請の処理を加速させ、報告書を作成することで、公務員が人々に奉仕できる機会を増やすことができます。

電気通信 

電気通信サービスのデジタル化が進むにつれ、デジタルワークフォースはサービスやインストール、メンテナンスをはじめとする、通信技術のあらゆる分野の効率化に役立ちます。通信会社はダウンタイムを短縮し、よりユーザーフレンドリーなオプションを提供すると同時に、プロセス管理の自動化により顧客満足度を向上させることができます。

他のリソース

BancolombiaBancolombia ではインテリジェント オートメーションによりフロントオフィス機能とバックオフィス機能を改善できました。

詳細はこちら

プロセス オートメーション ジャーニーインテリジェント オートメーション: デジタルトランスフォーメーションにおける次のステップ

詳細はこちら

ビジネス リーダーインテリジェント オートメーションのエグゼクティブ ガイド

詳細はこちら

インテリジェント オートメーションで組織はどのように変わるのか?