自動文書処理の仕組み

あらゆるドキュメント形式の複雑なコンテンツから情報を抽出・整理

高度な文書処理 (IDP) ソリューションは、非構造化データと半構造化データを活用可能なデータに変換します。ビジネス データはデジタルトランスフォーメーションの中核的要素で、全ビジネス データの 80% がビジネス ドキュメントや E メール、画像、PDF などの非構造化形式に埋め込まれています。

高度な文書処理は次世代のオートメーションで、さまざまな形式のドキュメントからデータをキャプチャ、抽出、処理できます。自然言語処理 (NLP)、コンピューター ビジョン、ディープ ラーニング、機械学習 (ML) などの AI テクノロジーを使用し、関連性のある情報を分類、カテゴリー分け、抽出し、抽出されたデータを検証します。

前処理

2 値化 • ノイズ除去 • 歪み修正 • その他

高度な
ドキュメント分類

NLP • 教師なし学習 • 教師あり学習 • OCR • Google Vision

データ抽出

NLP • ディープ ラーニング • 機械学習 (ML)  •  OCR • Google Vision • 手書き

ドメイン固有の
検証

ファジー論理 • RegEx • ルール • スクリプト

検証機能の強化

RPA

人間参加型 (HITL) の検証

教師あり学習

 

データは企業の宝

IDP はあらゆる種類のデータをビジネスプロセスに取り入れます

企業におけるデータの量は驚異的な勢いで増加しています。

IDC は 2025 年までに世界中のデータが 175 ゼタバイトを超えると予測しています。これらの情報のほとんどが E メールや携帯メール、PDF、スキャン ドキュメントに閉じ込められたままになっています。E メールだけを考えてみても、オートメーションやデジタルトランスフォーメーションを進める上で大きな障害となります。

高度な文書処理 (IDP) は非構造化データと半構造化データを構造化データに変換し、ドキュメント中心のビジネスプロセスのエンドツーエンドの自動化を実現します。

IDP のようなソリューションを使用していない場合、RPA でプロセスが自動化されていてもナレッジワーカーによるドキュメントの確認とデータの抽出が必要になります。IDP は RPA の価値を引き出す鍵となります。

RPA にはインテリジェンスが必要とされ、AI もまた機能の拡張にオートメーションを必要としています。IDP と RPA を組み合わせることで、企業のビジネスプロセスを自動化するシンプルかつ効果的なツールが生まれるのです。

RPA 同様、高度な文書処理ツールもユーザーのプライバシーを侵害せず、統合しやすく、さまざまな業種やビジネス部門で広く活用できます。

高度な文書処理 (IDP) のもたらすメリット

  • 直接的なコスト節約。 大量のデータ処理にかかるコストが大幅に削減されます。

  • ストレート スルー プロセッシング (STP) の向上。 ナレッジワーカーによるドキュメントの手動処理が最低限に抑えられます。

  • 使いやすさ。 短期間でセットアップ可能なため、より多くのプロセスを自動化できます。

  • プロセスの効率化。 ドキュメント中心のプロセスのエンドツーエンドの自動化が可能になります。

  • 精度の向上。 AI を使用することで、データ精度の大幅な向上がすぐに実感できます。

  • 戦略的目標のサポート。 データ処理を自動化することで、カスタマー エクスペリエンスの向上などのビジネス目標が達成しやすくなります。

IDP と RPA を組み合わせる理由

ドキュメントを扱うあらゆるビジネスプロセスのビジネスユーザー自身による自動化を実現

IDP はインテリジェント オートメーションに不可欠な要素です。オートメーションはデータが利用できなければ機能しません。従来の RPA システムでは、オートメーションのためのデータ抽出が第三者に託されることが多く、これにより継続的なコストがかさみ、統合性も曖昧になります。

効果的なデータ抽出と情報の構造化により、現在手動入力や人間による介入が必要なビジネスプロセスを自動化する道が拓かれます。RPA プラットフォームに高度な文書処理を組み込むことで、ビジネスユーザーによるエンドツーエンドのプロセス自動化が可能になります。IDP と RPA を同じプラットフォームに組み込むことで、オートメーションにおける 2 大要素が調和を保ちスムーズに機能します。

高速なデータ処理を今すぐ開始
RPA に統合されたネイティブの IDP ツールはセットアップが容易で、通常他のアプローチに比べて 5 ~ 10 分の 1 の時間で完了します。

処理コストの削減
AI 駆動型の IDP + RPA は人間のフィードバックから学び続け、ストレート スルー プロセッシング (STP) を向上させます。

ビジネスユーザー フレンドリー
ビルトインの IDP は、ほとんどの一般的なドキュメント処理に対応した事前構築済みのユース ケースから適切なものを選んで、簡単に使い始めることができます。

エンタープライズ レベルのオートメーション
IDP ソフトウェアを他のビジネス分野と統合させることで、高価なアップグレードを必要とせず完全統合型の RPA システムが実現します。

開発者向けの強力な機能
カスタム ロジック (Python スクリプティング) を追加し AI ワークフローを変更することで、さらに高度なドキュメント抽出が可能です。

あらゆるドキュメントの処理に対応
ほぼすべての形式の構造化・非構造化ドキュメントを扱うプロセスの自動化を可能にする IDPで、デジタルトランスフォーメーションを加速させましょう。

安全かつ信頼性の高いドキュメント処理
ドキュメント処理を素早くスケーリングしデータのキャプチャを制御することで、業務に必要なデータの抽出が可能になります。

自己改善型のドキュメント処理
AI 機能搭載で IDP Bot が常に学習し改善し続けるため、時間の経過と共に ROI が増加します。

プラグ & プレイのデータ キャプチャ ツール
特殊 OCR テクノロジーなどのより幅広いツールセットを活用し、ユニークなユース ケースをサポートします。

抽出ユース ケース ライブラリ
エンタープライズ RPA ソフトウェアに搭載された IDP には、ほとんどの一般的なドキュメント処理にすぐに使用できる事前構成済みの抽出パッケージが付属しています。

IDP の用途

高度な文書処理ソフトウェアは、さまざまな業種やビジネス部門でのデータの抽出と整理にすぐに利用可能です

手書きや複雑なコンテンツの解読

インテリジェントな文字認識 (ICR) は次世代の OCR で、AI を活用し、認識が難しい記号やその他のテキスト エレメントを高い精度で識別します。

サプライ チェーンの効率化

IDP でバーコードや目録、請求書などを処理することで、注文から買掛までサプライ チェーン業務をより短時間で行えます。

紙の書類のデジタル化

IDP でドキュメントをスキャンすることで、紙の書類を機械で読み取れるファイル形式 (PDF、Microsoft Word など) に変換できます。テキストは検索が可能なため、作業効率も上がります。

ドキュメントの収集・レポート

詳細なレポート、複雑な法務資料、その他の各種ドキュメントを作成するために、さまざまなデータ ソースから抽出し、ドキュメント テンプレートを使用して、ドキュメントの作成を自動化します。

適切な情報の抽出

インテリジェントなキャプチャ ソリューションはドキュメントから必要な情報をスムーズに抽出し、それらの情報はさらなる処理や保管、他のアプリケーションでの使用が可能です。

ドキュメントとデータの管理

ドキュメントを保管・整理することで、必要な情報を容易に取得したりアーカイブしたりできることに加え、記録保持要件へのコンプライアンスも自動化できるというメリットもあります。

追加リソース

 
IQ Bot がエンドツーエンドで住宅ローン申請を処理する仕組みをご覧ください

IQ Bot が大量のドキュメントを扱う住宅ローン申請の処理を自動化する様子をご覧ください。IQ Bot が住宅ローン申請における手間がかかりエラーが発生しやすい手作業を省く方法を学ぶ仕組みをご覧ください。