ENTERPRISE A2019 オートメーションの新時代を拓く

Web ブラウザで迅速に展開 クラウドでいつでも簡単に拡張可能

大きなアイデアで、スモールスタート。迅速に拡張。

短期間での
導入
ロボティックプロセスオートメーション

ITを高度に使いこなすビジネスユーザーとボット開発者のどちらにも最適です

ボットを
分析
ロボティックプロセスオートメーション

企業全体でボットを作成して導入し、監視します

企業を
保護
ロボティックプロセスオートメーション

GDPRなどセキュリティや監査の要件を遵守できます

インテリジェントなデジタルワークフォース向けのエンタープライズアーキテクチャ

 
Everest

「オートメーション・エニウェアは、ワークロード管理、オートメーションライフサイクル管理、SLAベースの自動化、Citrixの自動化、資格情報管理などの新機能や新しいデータAPIを追加してソフトウェアを拡張しています。こうした追加機能は、RPAソフトウェアに高度な運用能力とセキュリティ機能を求める企業ユーザーにとって魅力的です」
– Everest Group、バイスプレジデント、Sarah Burnett氏

ISG

「リリース 11 は使いやすさ、拡張性、アナリティクスという点で重要な方向性を示しています。ユーザーインタフェースは全体的なユーザーエクスペリエンスを進化させるものとなっており、また資格情報コンテナのセキュリティ管理機能が向上した点は、顧客のフィードバックに耳を傾け、リリースのたびに機能拡張を盛り込むというオートメーション・エニウェアの継続的な取り組みを体現しています」– ISG、ロボティックプロセスオートメーション担当ディレクター、James Manos氏

HFS Research

「HFSが最近実施したRPAユーザーエクスペリエンスの調査において、オートメーション・エニウェアは直感的な使い勝手と拡張性で高い評価を獲得しています。Enterprise 11のリリースで同社は大幅な機能拡張を実施しました。中でも注目すべきは、セキュリティ機能の向上と、権限がある人物のみにボットへのアクセスを許可する資格情報コンテナです。また、洗練されたワークフロー管理や魅力的な新インタフェースも、優れたユーザーエクスペリエンスを実現しています」– HfS Research、CEO兼チーフアナリスト、Phil Fersht氏

エンタープライズクラスのRPAの必須機能

エンタープライズレベルでビジネスプロセスを自動化する際の要件は1つとして同じものはなく、さまざまな要素が関わってきます。それができるのは、単に要件を満たすだけでなく、エンタープライズクラスのビジネスニーズに合わせて進化できる柔軟性を内在させて徹底的に設計されたデジタルワークフォース プラットフォームだけです。

導入と
監査 簡素化

デジタルワークフォースの導入、スケジュール設定、監査、管理を、オンプレミスまたはクラウドに設定したきわめて直感的な中央コマンドセンターを通じて実施できます。

分析と
レポート 非常に優れた柔軟性

リアルタイムのアナリティクスを活用して業務とビジネスのメトリクスを分析および予測し、データ駆動型のボットを構築します。

最適化と
優先順位付け最高レベルの安全性

デジタルワークフォースと実際の従業員の業務を最適化して優先順位を付け、変化の激しいサービスレベルアグリーメント (SLA) の要求を満たします。利用可能なリソースを最小限の切り替えコストと最大限の効率で活用できます。

保存と
保護 一元的なコントロール

複数拠点のボット、Bot Runner、Control RoomにわたってエンドツーエンドのHA/DRを実現することで、ビジネス継続性の課題を解消できます。

テストと
機能拡張 情報の完全性

依存性のサポート、包括的なバージョン管理、およびロールバック機能を活用し、ボットを継続的にテストして導入できます。

暗号化と
セキュリティ 情報の完全性

認証、暗号化、資格情報保護のための安全なフレームワークを使用して、職務分掌およびマシンの切り分けを可能にします。

セキュリティに関するホワイトペーパー(英語)をダウンロード

メタボット:変化に追随可能なボット

 

Citrix向けの
AISense

AISenseはAIの能力とコンピュータービジョンを利用して、Citrixなどの仮想環境を含む非常に複雑なアプリケーションを簡単かつ安全に自動化しています。バルクデータをスムーズに自動で入力および抽出できます。

Bot
Store

そのまま利用できる、プラグアンドプレイのソフトウェアボットが入手可能な世界初のオンラインマーケットプレイスで、RPAの取り組みを加速できます。このストアでは、オートメーション・エニウェアとその戦略的パートナーによりあらかじめ構築されたボットが提供されています。ビジネスプロセス自動化の取り組みを開始して価値を創出するまでの時間を大幅に短縮できるような導入モデルを取り入れています。

オープンな
システム

APIの利用や最適な製品との簡単な統合を通じて、プラットフォームの枠を越えてRPA機能の拡張を促進できるオープンアーキテクチャです。機能が豊富で繰り返し利用できるメタボットが、復元性に優れた自動化を企業全体で実現します。

世界で最も包括的なデジタルワークフォース プラットフォーム

一元的なコントロール
RPA
一元的なコントロール
コグニティブ
一元的なコントロール
スマートアナリティクス
一元的なコントロール
デジタルワークフォース
簡素化
ブログ

このブログでは、自動化の領域におけるメリット、実装、動向が独自の視点で語られています。さまざまなレベルで、RPAについて役立つ知識をご提供します。



ブログを読む

非常に優れた柔軟性
ケーススタディ

新たな収益源の確保とリソースの削減は始まりに過ぎません。RPAおよびコグニティブ技術とアナリティクスの導入によって企業が得られるメリットについてご確認ください。



ケーススタディを確認する

非常に優れた柔軟性
ウェビナー

オートメーション・エニウェアの専門家やパートナーが、内部関係者の視点からRPAの全容を紹介しています。Botvisionに関する過去のウェビナーを確認したり、今後のライブセッションを閲覧して活用ください。


ウェビナーを見る