ハイパーオートメーションは Gartner 社により、今年の戦略的テクノロジー トレンドのトップ 10 に選ばれました。つまり、ハイパーオートメーションとはレガシー ビジネスプロセス オートメーションから個々のプロセスの壁を取り払った、拡張版のようなものです。ハイパーオートメーションは RPA と AI ツールを組み合わせることで、ビジネスユーザーによって行われているほぼすべての反復的作業を自動化できます。さらに、ビジネスプロセスを自動的に検出し、それらを自動化する Bot を作成できるため、オートメーション自体をも自動化し、オートメーションをさらなる高みへと引き上げます。

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA)、機械学習 (ML)、人工知能 (AI) などのさまざまなツールを巧みに組み合わせることで、かつては分野の専門家を必要としていた複雑なビジネスプロセスをも自動化できます。つまり、ハイパーオートメーションは真のデジタルトランスフォーメーションをもたらすのです。

ハイパーオートメーションの
インパクト

デジタルワーカー

ハイパーオートメーションにより、人間の知識を必要とするより多くの複雑な業務が自動化され、誰もがビジネスの改革に専念できるようになります。

RPA にインテリジェンスを組み合わせスキルアップさせることでインテリジェント デジタルワーカーが誕生し、これらが反復的な作業を担うことで、従業員のパフォーマンスが向上します。

さまざまなビジネス アプリケーションを結び付け、構造化データと非構造化データの両方に対応し、データ分析や決断を行い、プロセスを検出し新たな自動化対象業務を発見するデジタルワーカーが、ハイパーオートメーションの特徴です。

ハイパーオートメーションハイパーオートメーション

デジタルワーカーの従来の自動化のアプローチとの違いは AI にあり、RPA+AI はハイパーオートメーションに欠かせない要素です。

以前は活用できなかったデータやプロセスを発見し自動化することで、ハイパーオートメーションは組織のデジタル ツイン (DTO) というもうひとつのユニークなメリットをもたらします。DTO を活用することで、以前は把握できていなかったプロセス、部門、KPI 間の相互作用が見えてきます。

ビジネス バリューが生まれる、または生まれない様子をリアルタイムで確認し、その情報を迅速な対応や新たなチャンスの発見に活かせることを想像してみてください。

ハイパーオートメーションの仕組み

Gartner 社はハイパーオートメーションの中心となるテクノロジーを、AI と ML による RPA の拡張としています。RPA と AI テクノロジーを組み合わせることで、オートメーションに新たな機能と柔軟性がもたらされ、以前は不可能だった、非構造化データの入力を必要とするドキュメント化されていないプロセスの自動化が可能になります。

ハイパーオートメーション

インテリジェント
プロセスディスカバリー

ロボティック・・
プロセス・
オートメーション

ハイパーオートメーション

高度な
文書
処理

分析・
インサイト

Discovery Bot
Discovery Bot

プロセスディスカバリーは、AI を駆使してプロセスを検出し Bot を自動的に作成することで、自動化のペースを最大 5 倍加速させます。この画期的なデザインにより、Automation Anywhere はプロセス オートメーションのあらゆる段階におけるビジネス関係者の協力を可能にします。厳格なガバナンスとデータ セキュリティを維持しつつ、ビジネス リーダー、プロセス アナリスト、技術専門家、ナレッジワーカーによる前代未聞の規模での自動化が可能になります。

IQ Bot
IQ Bot

IQ Bot は、コンピューター ビジョン、光学文字認識 (OCR)、ファジー論理、機械学習 (ML) などのコグニティブ テクノロジーを活用した高度な文書処理により、非構造化データをキャプチャ、抽出、分類します。IQ Bot はフレキシブルで順応性が高く、実際の作業から学ぶことのできるデジタルワーカーや Bot を生み出します。

Bot Insight
Bot Insight

ハイパーオートメーション アナリティクスには、作業中に Bot が集めるデータが使用されます。Bot Insight はすべての Bot に搭載されている自己測定・モニタリング機能で、Bot の作業に関する情報に加え、作業中に起きた出来事も報告します。Bot Insight はこの膨大なプロセス レベルの詳細情報をハイパーオートメーション アナリティクスに活用し、有意義な情報を提供すると同時に今後の動きを予測します。

RPA
Enterprise RPA

RPA は構造化されたビジネスプロセスをエラーを起こさないソフトウェア ロボットで実行します。RPA Bot は人間と同じ環境やアプリケーション内でタスクを実行するデジタル スキルを持っていますが、すぐに作業を開始し、オンデマンドでスケーリングでき、年中無休 24 時間ペースを落とさず働けるという優れた柔軟性を備えています。

Bot Insight
Bot Insight

ハイパーオートメーション アナリティクスには、作業中に Bot が集めるデータが使用されます。Bot Insight はすべての Bot に搭載されている自己測定・モニタリング機能で、Bot の作業に関する情報に加え、作業中に起きた出来事も報告します。Bot Insight はこの膨大なプロセス レベルの詳細情報をハイパーオートメーション アナリティクスに活用し、有意義な情報を提供すると同時に今後の動きを予測します。

IQ Bot
IQ Bot

IQ Bot は、コンピューター ビジョン、光学文字認識 (OCR)、ファジー論理、機械学習 (ML) などのコグニティブ テクノロジーを活用した高度な文書処理により、非構造化データをキャプチャ、抽出、分類します。IQ Bot はフレキシブルで順応性が高く、実際の作業から学ぶことのできるデジタルワーカーや Bot を生み出します。

カスタマー ジャーニー: RPA と AI による
エンドツーエンドの自動化

Atos

RPA と AI により、お客様のオートメーション ジャーニーをエンドツーエンドで支援できます。
–Atos 社、クラウド サービス責任者、Naman Kher 氏見積り

Enterprise A2019 で
オートメーションの新時代を拓く

アイコン
自動化

オートメーション テクノロジーの
威力

アイコン
自動化

エンドツーエンドの自動化を
すべてのプロセスに

アイコン
自動化

Enterprise A2019 で
オートメーションの新時代を拓く

アイコン
自動化

オートメーション テクノロジーの
威力

アイコン
自動化

エンドツーエンドの自動化を
すべてのプロセスに

アイコン
自動化