ハイパーオートメーション とは ?

レガシー ビジネスプロセス オートメーションから個々のプロセスの壁を取り払った、拡張版のようなものです。ハイパーオートメーションは RPA と AI ツールを組み合わせることで、ビジネスユーザーによって行われているほぼすべての反復的作業を自動化できます。

 

さらに、ビジネスプロセスを自動的に検出し、それらを自動化する Bot を作成できるため、オートメーション自体をも自動化し、オートメーションをさらなる高みへと引き上げます。ハイパーオートメーションは Gartner 社により、今年の戦略的テクノロジー トレンドのトップ 10 に選ばれました。

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA)、機械学習 (ML)、人工知能 (AI) などのさまざまなツールを巧みに組み合わせることで、かつては分野の専門家を必要としていた複雑なビジネスプロセスをも自動化できます。つまり、ハイパーオートメーションは真のデジタルトランスフォーメーションをもたらすのです。

ハイパーオートメーションの仕組み

Gartner 社はハイパーオートメーションの中心となるテクノロジーを、AI と ML による RPA の拡張としています。RPA と AI テクノロジーを組み合わせることで、オートメーションに新たな機能と柔軟性がもたらされ、以前は不可能だった、非構造化データの入力を必要とするドキュメント化されていないプロセスの自動化が可能になります。

ハイパーオートメーションの仕組み
Discovery Bot

Discovery Bot

プロセスディスカバリーは、AI を駆使してプロセスを検出し Bot を自動的に作成することで、自動化のペースを最大 5 倍加速させます。この画期的なデザインにより、Automation Anywhere はプロセス オートメーションのあらゆる段階におけるビジネス関係者の協力を可能にします。厳格なガバナンスとデータ セキュリティを維持しつつ、ビジネス リーダー、プロセス アナリスト、技術専門家、ナレッジワーカーによる前代未聞の規模での自動化が可能になります。

Discovery Bot の詳細
Bot Insight

Bot Insight

ハイパーオートメーション アナリティクスには、作業中に Bot が集めるデータが使用されます。Bot Insight はすべての Bot に搭載されている自己測定・モニタリング機能で、Bot の作業に関する情報に加え、作業中に起きた出来事も報告します。Bot Insight はこの膨大なプロセス レベルの詳細情報をハイパーオートメーション アナリティクスに活用し、有意義な情報を提供すると同時に今後の動きを予測します。

Bot Insight の詳細
ロボティック・プロセス・オートメーション

ロボティック・プロセス・オートメーション

RPA は構造化されたビジネスプロセスをエラーを起こさないソフトウェア ロボットで実行します。RPA Bot は人間と同じ環境やアプリケーション内でタスクを実行するデジタル スキルを持っていますが、すぐに作業を開始し、オンデマンドでスケーリングでき、年中無休 24 時間ペースを落とさず働けるという優れた柔軟性を備えています。

Enterprise RPA の詳細
IQ Bot

IQ Bot

IQ Bot は、コンピューター ビジョン、光学文字認識 (OCR)、ファジー論理、機械学習 (ML) などのコグニティブ テクノロジーを活用した高度な文書処理により、非構造化データをキャプチャ、抽出、分類します。IQ Bot はフレキシブルで順応性が高く、実際の作業から学ぶことのできるデジタルワーカーや Bot を生み出します。

IQ Bot のご紹介

ハイパーオートメーションの
メリット

ハイパーオートメーションのメリット

ハイパーオートメーションの
メリット

複雑な業務の迅速化

ハイパーオートメーションにより、人間の知識を必要とするより多くの複雑な業務が自動化され、誰もがビジネスの改革に専念できるようになります。

デジタルワーカーの導入

RPA に知能を組み合わせるスキルアップにより誕生した、インテリジェントなデジタルワークフォースが反復的な作業を担うことで、従業員のパフォーマンスが向上します。さまざまなビジネス アプリケーションを結び付け、構造化データと非構造化データの両方に対応し、データ分析や決断を行い、プロセスを検出し新たな自動化対象業務を発見するデジタルワーカーが、ハイパーオートメーションの特徴です。

人工知能 (AI) の力

人工知能 (AI) の力

デジタルワーカーの従来の自動化のアプローチとの違いは AI にあり、RPA+AI はハイパーオートメーションに欠かせない要素です。

以前は活用できなかったデータやプロセスを発見し自動化することで、ハイパーオートメーションは組織のデジタル ツイン (DTO) というもうひとつのユニークなメリットをもたらします。DTO を活用することで、以前は把握できていなかったプロセス、部門、KPI 間の相互作用が見えてきます。

ビジネス バリューが生まれる、または生まれない様子をリアルタイムで確認し、その情報を迅速な対応や新たなチャンスの発見に活かせることを想像してみてください。

ハイパーオートメーションが活躍できる分野

保険 保険 保険
銀行 銀行 銀行
医療 医療 医療
製造 製造 製造
公共部門 保険 公共部門
ライフ サイエンス ライフ サイエンス ライフ サイエンス

保険


保険金請求処理・事務作業 レポートの自動化 ユーザー情報の更新 請求の優先順位付けと担当の割り当て 裁定審査 監査管理 加入・資格審査 を自動化して、コストを削減すると同時に顧客体験を改善

RPA で優れた成果を挙げたお客様

EXL

業務時間を 13 万時間以上 削減

銀行


カスタマー オンボーディング ローン組成 カスタマー サービス 規制遵守 新規申込処理 データ移行 与信判断 を自動化して、金融・証券の新時代を開拓

RPA で優れた成果を挙げたお客様

Santander

システム移行で 200 万ドルのコスト削減

医療


患者の事前承認 請求処理 医療記録・データ管理 運用分析 を自動化して、ペイシェント エクスペリエンスを改善すると同時にコンプライアンスを強化

RPA で優れた成果を挙げたお客様

NHS

人間の介入なしに年中無休 24 時間態勢で酸素レベルをモニタリング

製造


ERP プロセス 運輸管理 発注書処理 在庫管理 規制遵守 輸送費計算 請求書確認 受取確認 を自動化して最も難しいプロセスに対応

RPA で優れた成果を挙げたお客様

Vale

1,200 万ドル以上のコスト削減

公共部門


仕入 財務プロセス 人事 ミッション プロセス を自動化して接続性とパフォーマンスを向上

RPA で優れた成果を挙げたお客様

メルボルン大学

1 万時間削減

ライフ サイエンス


サプライ チェーン管理 バックオフィス業務 臨床試験データの処理 医薬品安全性監視 (PV)・苦情対応 製品の安全性に関する問題の記録・管理 規制遵守 ライフサイクル管理 を自動化して、イノベーションと機敏な業務を実現

RPA で優れた成果を挙げたお客様

Lilly

自動化により 175 万ドルのコスト削減

カスタマー ジャーニー: RPA と AI によるエンドツーエンドの自動化

カスタマー ジャーニー: RPA と AI によるエンドツーエンドの自動化

Atos

RPA と AI により、お客様のオートメーション ジャーニーをエンドツーエンドで支援できます。

Atos 社、クラウド サービス責任者、Naman Kher 氏 証言

 

オートメーションを稼働させる方法

オートメーション・エニウェアは、誰もが容易に使いこなせる非常にわかりやすい RPA ソリューションを提供しています。一般的なアプリケーションのような直感的で使いやすい、エンタープライズ レベルのテクノロジー。当社の RPA+AI プラットフォームは、世界中の大手企業でビジネスプロセスを自動化してきました。

Automation 360

エンドツーエンドの自動
化を実現する、世界でも
類を見ないクラウド ネイティブで AI 搭載型の Web ベース プラットフォーム

Discovery Bot

自動のプロセスディスカバリーによるオートメーションの迅速化

 

IQ Bot

自己学習能力を備えた AI で非構造化データや隠れたデータを洗い出す

 

RPA Workspace

あらゆるビジネスプロセスを自動化するためのエンドツーエンド RPA + AI プラットフォーム

 

Bot Insight

Bot レベル、プロセス レベル、ビジネス レベルで提供されるリアルタイム RPA アナリティクス

 

AARI

RPA を容易に利用できるようにすることで、オートメーションを全社規模にスケールアップ

 

Bot Store

現場での試用を終えた Bot とデプロイする準備の整ったデジタルワーカーをすぐに入手

 

ハイパーオートメーションに関するよくある質問

ハイパーオートメーションは人工知能 (AI)、機械学習 (ML)、ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) を導入することにより、ビジネスプロセスのさらなる自動化を実現させることを意味します。ほぼすべての定型タスクが自動化でき、どのプロセスが自動化可能かを特定し、それを実行する Bot を作成することもできます。

ハイパーオートメーションは、組織におけるオートメーションをスケールアップするための高度なテクノロジー インフラストラクチャです。すでに自動化されているプロセスをさらに自動化し、複数の作業を組み合わせた業務の自動化を可能にします。


ハイパーオートメーションのテクノロジーには、ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA)、人工知能 (AI)、機械学習、プロセスマイニング、その他時間のかかる業務を特定し自動化するための手段を提供するツールがあります。

一方、インテリジェント オートメーションにも光学文字認識 (OCR)、AI、機械学習アルゴリズムなどのツールが用いられますが、その目的は人間の行動や知能を模倣することです。このタイプのオートメーションは、従来人間による入力や分析、決断が必要となる複雑な操作を実行するために用いられます。

インテリジェント オートメーションとハイパーオートメーションは区別しにくい一面もありますが、前者は後者のサブカテゴリであると言えます。

インテリジェント オートメーションは RPA、自然言語処理 (NLP)、デジタル プロセス オートメーション、意思決定管理構造、インテリジェント ビジネスプロセス管理 (IBPMS) インフラストラクチャなどのように、ハイパーオートメーション テクノロジーの一部に過ぎません。

  1. ビジネス目標を特定する

    ハイパーオートメーションの目的は、ビジネスプロセスを改善することで、業務を迅速化しより優れた形で行うことです。そのためには、ハイパーオートメーションのメリットを享受できる社内の自動化対象業務を特定する必要があります。どこになぜ必要なのかを理解することで、オートメーションを最大限に活用できるようになります。

    特に、このシステムからメリットが得られているか (将来的な展望) を把握するために、ハイパーオートメーションの目標と KPI を定める必要があります。

  2. 利用可能なハイパーオートメーション ツールについて知識を広げる

    目標を達成するために利用可能なオートメーション ツールを調査します。不要なところにハイパーオートメーションを利用したり、自社に不向きなのに利用しても意味がありません。自社の状況に最適なツールについて研究しましょう。たとえば、社内に高度なテクノロジーのノウハウがなければ、ローコードまたはノーコードのハイパーオートメーションが必要になるのではないでしょうか。

    まずは同じ業界の他の企業がすでにどのような用途にこのテクノロジーを活用しているのかを調査し、ハイパーオートメーションの事例を特定することをお勧めします。

  3. 重要なのは、適切なツールを選ぶこと

    一通り調査し適切なオートメーション プラットフォームを選んだら、スケーラブルであることも確認しましょう。そのツールは現在、そして将来ビジネスが拡大した際に、どのようにプロセスを最適化できるでしょうか? 今日のデジタルトランスフォーメーションをサポートし、ビジネスと共に将来成長できる、サステナブルで未来を見越したツールを選ぶことが大切です。

ハイパーオートメーションの導入に完全に踏み切る前に、いくつか検討すべき課題があります。


  • 成功の基準となる指標の測定方法 (選んだツールに高度なアナリティクス機能が搭載されているか)
  • ROI の計算方法
  • 適切なハイパーオートメーション インフラストラクチャの選択
  • 社内関係者や従業員からの賛同の確保 (大規模なオンボーディングにより推進可)
  • 以前のビジネスプロセスに関する情報不足による導入の難航・遅延
  • 導入過程におけるカスタマー エクスペリエンスおよび顧客満足度の低下の可能性

しかし、ハイパーオートメーションにはこれらの課題にかかわらず、非常に大きなメリットがあります。その中でも上位に挙げられるのが、ハイパーオートメーションが組織にもたらす生産性の向上と、全体的な機能やワークフローの効率化です。

ハイパーオートメーションは、従業員が定型タスクを避けスマートに働けるようにすると同時に、企業を将来の成功に備えるための変革を推進するさまざまなツールを提供します。

RPA を始めましょう

デモを申し込む デモを申し込む
無料体験版
Close

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう