人事にとって重要なのはプロセスでなく人材です

人事部門が直面する課題は常に変化しています。そこで RPA がお役に立ちます。

人事部門はビジネス要件と従業員エクスペリエンスの双方に対応する必要があります。加速を続ける変化の中で、少ないリソースをやりくりしながら双方の要求に応えることを強く求められています。

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) と AI を組み合わせることで、大量のデータを扱う手動の繰り返し作業を、10 倍の速度で、しかも 100% の正確さで実行でき、人事部門の負担を軽減できます。

オートメーション・エニウェアのインテリジェントなオートメーション ツールを使用することで、人事部門は、反復作業を自動化し、レガシー人事システムからデータにアクセスしながら、さらに優れた人事サービスを提供できます。

人事業務の効率化

手動の人事管理作業を自動化することで、従業員開発や分析といった高価値の取り組みに集中できます。

より迅速な人材採用

人材の募集、選別、新入社員のオンボーディングの期間を短縮し、これらを効率化できます。

従業員データの保護

企業全体で従業員情報の正確さと完全性を確保できます。

RPA と AI の人材管理への活用

オートメーション・エニウェアのデジタルワークフォースは、人事チームの能力を拡張し、効率と効果を上げることができます。

シンプルさ
候補者選別の効率化

履歴書の確認、面談のフォローアップ、身辺調査、内定通知の準備などに関連する手動作業を削減します。

高い柔軟性
新規採用者のオンボーディングの簡素化

新規採用者の情報を確認し、さまざまなシステムにデータを入力し、オンボーディング ワークフローを自動的に実行します

高い柔軟性
賞与処理の自動化

事前に定義された指標に基づいて賞与計算を行い、給与明細を作成します。

従業員データの 2 年半分のバックログを 60 日間で解消

米国のある大手生命保険会社の人事部門は RPA の ROI を 2 か月で達成

課題

米国最大規模のある生命保険および金融サービス企業 (従業員数 2,500 人以上、売上高 40 億ドル以上) の人事部門では、社内システムへの従業員に関するデジタルデータのアップロードとファイリングの作業のバックログが溜まっていました。60,000 件のバックログに加えて、毎月 1,000 件のレコードが新規に追加されるため、専任の人事スタッフが処理を終えるまでには 2 年以上かかる見込みでした。

ソリューション

オートメーション・エニウェアの強力な RPA ツールセットを使用することで、開発チームはプロセスごとに 1 つのカスタマイズした Bot を展開して、すべての作業をエンドツーエンドで処理させることができました。従業員レコードのアップロードとファイリングを目的とした最初の RPA プロジェクトにより、作業のバックログは 60 日間で解消されました。

成果

  • 年間 20 万ドルの節約
  • 人事スタッフの時間を 1 か月あたり 120 時間節約
  • 60 日間で ROI を達成

RPA による人事業務の革新方法をご紹介します