ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Enterprise A2019 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう

事務処理のない世界を想像してみてください。あることも知らなかった人事処理の課題を RPA が解決してくれます

採用とオンボーディングの合理化

採用とオンボーディングの合理化

手作業のタスクを自動化して、シームレスな候補者エクスペリエンスを作り出すことができます。

従業員エンゲージメントの向上

従業員エンゲージメントの向上

インテリジェント オートメーションにより、人事部門は初日から従業員エクスペリエンスを向上することができます。

レガシー システムの障害を回避

レガシー システムの障害を回避

RPA Botは、あらゆるアプリケーションにアクセスし、システムをまたいでデータの収集、照合、更新をすることができます。

戦略を立案

戦略を立案

RPA が人事部門に授けてくれた時間で、人材開発や後継者育成計画などの戦略的な方針を進展させることができます。

ミスを減らして、コンプライアンスを徹底

RPA Bot を導入すると、100% の精度でデータを処理し、自動的に監査ログを生成することができます。

分析をもとに人事決定を検証

インテリジェント オートメーションがデータと予測分析を明らかにして、動的な企業戦略を支援します。

Dell 社、Workday を使用して人事部門の生産性を 85% 向上

Dell 社は RPA を導入して、採用中の求人に対する採用担当者の業務、オンボーディング タスク、採用状況管理など、さまざまな人事業務を自動化しています

Joe Cotnoir
Dell

「いくつかのグループに RPA を導入したところ、業務が一変しました。結果を目の当たりにし、瞬く間に RPA への期待が広がっていきました」

人事サービス、
HRIS・ビジネスプロセス イネーブルメント ディレクター、Joe Cotnoir 氏
引用

85%

効率性の向上

30

1 年目に自動化された人事処理件数

100%

自動化第一の発想

RPA でデータ量が多く、時間のかかるプロセスを自動化

インテリジェント オートメーション Bot で反復的な手作業のタスクを排除することで、人事チームの生産性が一気に上がります

新従業員のオンボーディング

新従業員の
オンボーディング

  • 新規ユーザー フォームの依頼
  • 従業員のプロビジョニング
  • IT 機器のセットアップ
  • ソフトウェア ライセンスの割り当て
  • 人事システムにおけるプロフィールの作成
  • オリエンテーションのスケジュール
従業員の福利厚生事務

従業員の福利
厚生事務

  • 労働時間数の処理と照合
  • 保険受け付け管理
  • 自社株の事務
  • フレキシブル支出口座の事務
  • 従業員情報の更新
ワークフォース データの事務

ワークフォース
データの事務

  • 従業員データの入力
  • 有給休暇等の休暇事務
  • 昇進と組織変更の更新
  • 納税申告書の生成
  • 給与の監査とエラー確認
コンプライアンスとレポート

コンプライアンスと
レポート

  • 従業員の健康と安全
  • 法令とコンプライアンス
  • 労務監査報告
  • 雇用業務分析
  • 職階
  • 個人を特定できる情報の安全な取り扱い

人事部門で Bot ができること

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

従業員エクスペリエンスの改革をお考えですか。オンボーディングを変革する、RPA の価値をご覧ください。

E ブック

E ブック

新しい人事部門: インテリジェント オートメーションで事業価値と業務の成功を促進。

ウェビナー

オンラインセミナー

デジタルワークフォースが手動の事務とレガシー システムから人事部門を救い出す方法

ブログより

ブログより

人事部門はどうしたらもっと戦略的になるでしょうか。RPA と AI、アナリティクスの力を組み合わせたデジタルワークフォースを投入しましょう。

EVCA 人事報告

主要プロセスを特定して、独自の自動化パイプラインを構築

過去数十年で、人事部門は事業成果に大きな影響を与える戦略的な機能を果たすものとして認識されるようになってきました。急速に変化を遂げる今日の人材状況やテクノロジー情勢において、人事部門は予算内に収まりつつ、よりよい従業員エクスペリエンスを提供する責任があります。このレポートをダウンロードして、単なるコスト削減を超えた価値をもたらす適切なデジタル機能を活用して、事業成果を引き出す方法をご一読ください。