RPA に着手しスケーリングする方法

RPA を導入する際には、業務環境の転換が求められる可能性が高いと考えられます。バーチャル チームの効果的な活用を可能にし、テクノロジーへの信頼を高め、イノベーションやアナリティクスを進んで受け入れる環境への転換です。

RPA はビジネスを変革します。ただし、常に成功するとは限りません。RPA には正しい導入方法というものがあります。RPA の導入は、従業員がより高い生産性や創造性を発揮できるよう、業務および文化の両面で変化を起こしていく長い道のりです。

 

これまでに多くの経験を積んできた当社ですが、RPA の導入は何をもって「成功」と言えるのでしょうか? 当社のベストプラクティスは、Automation Anywhere を利用して RPA に着手しスケーリングした 1,600 社を超えるお客様の事例から生まれたものです。

RPA ジャーニーの第一歩

ロボティック・プロセス・オートメーション 早急なビジネス ニーズ・
具体的なビジネス ケース

RPA は数週間で稼働を開始できます。やみくもに RPA を開始するのは理想的ではありませんが、始めないよりはましです。RPA は、著しく非効率的なビジネスプロセスを根本的に改善します。しかし多くの場合、RPA に着手すること自体が最大のハードルとなります。差し迫ったビジネス ニーズは、現状維持を打破するきっかけとなり得ます。

ロボティック・プロセス・オートメーション RPA に適したプロセス・
手の届くところから

時間を大量に消費し、高い精度が求められる、反復的で構造化されたビジネスプロセスを多く抱えていませんか? そのようなプロセスから始めるのが、RPA に向けた第一歩として最も一般的です。構造化されたプロセスには RPA が容易に導入できるので、企業全体の複雑かつ戦略的なプロセス オートメーションに向けた下地作りができます。

ロボティック・プロセス・オートメーション オートメーションの
検討

RPA の力は実に魅力的です。ずっと抱えてきたビジネスプロセスの制約や落とし穴からすっきり解決されるからです。これまであらゆる範囲や規模の RPA 導入事例から得られた教訓を活かし、最善のビジネス ケースを構築し、RPA を成功へと導きましょう。

ロボティック・プロセス・オートメーション 戦略的取り組み・
デジタルトランスフォーメーション

RPA の道のりはデジタルトランスフォーメーションと密接に関係しています。全社規模の戦略的な変化を起こすことが、これまでに成功した RPA 導入に共通する特徴です。デジタルトランスフォーメーションの中核的要素である RPA には、リソースを強化して解放し、スピードと効率の水準を再定義し、組織的かつ意図的に事業の在り方を変える力があります。

RPA ジャーニーのステップ

RPA の道のり
RPA の道のり
RPA の道のり
RPA の道のり
RPA の道のり
RPA の道のり
RPA の道のり
RPA の道のり
No. 5

よくある RPA の失敗の回避

いくつかの例をご紹介します

知っていれば避けられる一般的な障害には、次のようなものが挙げられます。

  1. RPA トレーニングの必要性
  2. コミュニケーションおよび変更の管理
  3. IT との連携
  4. 成功基準の定義
  5. 企業の人的責任

適切な RPA ベンダーを採用すれば、RPA カスタマー サクセス チームとの連携により障害を 1 つずつ乗り越えて進むことができます。

また、実際に RPA を活用している人々から学ぶこともできます。急成長中の RPA コミュニティにご参加ください。

RPA への取り組みの失敗につながった要因をいくつか挙げると、RPA スキル不足、変更管理の不備、IT による率先した取り組みの欠如、不適切な成功基準の定義、インフラストラクチャ管理の軽視などがあります。

RPA 成功キットの準備

RPA ジャーニーに向けたエキスパートからの 8 つのアドバイス

No. 8

1.

エグゼクティブ スポンサーを見つける

2.

最高 RPA 責任者 (CRO) を任命する

3.

一元的なビジネス プランを作る

4.

トレーニングを通じて従業員に RPA を紹介する

5.

開発、テスト、本番環境を分離させる

6.

RPA の拡張を促進するためのしっかりとした枠組みを確立させる

7.

RPA の目標を見直し、更新し、伝え直す

8.

成功例を伝え称賛することで RPA を広める

 

トランスフォーメーションはチーム スポーツである

RPA の道のりは、その中核をなす 3 つのグループの団結をもたらします

地球

ビジネス

ビジネス部門は目標を推進し、優先順位を付け、ROI の最大化を図ります。

接続

IT

IT の役割は、システムにおける高いスケーラビリティ、信頼性、安全性、パフォーマンスを確保することです。

スクリーン

開発者

開発者とは Bot を構築するユーザーです。ビジネス レベルから IT、そして上級プログラマーに至るまで、誰もが Bot 開発者になり得ます。

エグゼクティブ スポンサー

RPA およびオートメーションのビジネス ケースの責任者として指揮を執って連携を図り、プロジェクトのリスクを管理する上級経営幹部です。

RPA プロセス アーキテクト

オートメーションを可能にすべく、すべてのシステムにおける作業とデータ フローを記録する各分野のエキスパートおよびアナリストです。

RPA プログラム マネージャー

RPA プログラム マネージャーは、リーダーとしてプロジェクトの目的を設定しそれを伝え、リソースをまとめ、計画に沿って取り組みを進めます。

自動化の利用者

オートメーションのメリットを定義し、評価し、利用する、ビジネスまたは部門レベルの利用者です。

アーキテクト/自動化の管理者

技術システムのアーキテクトです。RPA の環境、インフラストラクチャ、デプロイメントに加え、スケーラビリティおよびセキュリティを管理します。

RPA チーム RPA チーム RPA チーム RPA チーム RPA チーム

オートメーションの開発者
誰でも自動化可能

有能な
ビジネスユーザー

記録、補整、ドラッグ & ドロップといった使いやすさで、Bot を作って日々の業務を改善します。

テクノロジーに精通した
ビジネスユーザー

シンプルなものから始めて、段々と複雑なプロセスに取り組みます。

IT
プロフェッショナル

Bot がビジネスにもたらす価値を上げることを目標に接続性と再利用性に重点を置きます。

上級
プログラマー

従来の限界を超えて、複雑なプロセスの完全な自動化を達成します。

RPA ジャーニーのあらゆるステップに対応して設計された、インテリジェントなデジタルワークフォース プラットフォームをご利用ください

一元的なコントロール
パワフルでわかりやすい
一元的なコントロール
安全で
スケーラブル
一元的なコントロール
インテリジェントで
優れた接続性
一元的なコントロール
オープンでありながら
高い統合性

リソース

検出

Dell Technologies、数週間で大きな成果を発揮

視聴する

ケース スタディ

大手電気通信会社、18 か月で 7 つの財務グループを自動化

詳細はこちら

RPA に関する必読記事

7 つの予測: 2019 年の RPA 市場

詳細はこちら

RPA の導入を効率化

業界をリードする RPA プラットフォームと他に類を見ないカスタマー サポートをご紹介します