デジタルワークフォースを開発した理由

人間の創造力や柔軟性を、RPA およびコグニティブ技術の可能性を組み合わせることで実現する理想的な世界

デジタルワークフォースの基礎

デジタルワーカーとは、個々に存在するオートメーション ツールの集合体で、各ツールには、人の作業を拡大する優れた能力が備わっています。

RPA、AI、機械学習を組み合わせて、仕事の仕組みに直接展開する準備ができている仮想の従業員を作成する最初で唯一の技術として、デジタルワーカーはインテリジェントオートメーションの最前線に位置します。

デジタルワークフォースを開発した理由とは? 人間の労働力に、創意工夫、創造力、共感、および共同作業を利用する機会を提供するためであり、すなわち、本質的に、人間らしい価値を前面に押し出す機会をもたらすためです。

 

 

オートメーション・エニウェアの Bot Store の概要

 

 


デジタルワーカーとは?

 

 

デジタルワーカーをダウンロードしてインストールする手順

 

 

Bot とデジタルワーカーの違い

Bot (ソフトウェア ロボット) はタスク中心ですが、デジタルワーカーは最初から最後まで完全なビジネス機能を実行することで、従業員を支援するように構築されています。たとえば、デジタルワーカーは、最初から最後までシステムを通じて定期的に請求書を提出する作業を行うことができます。

タスクを自動化する場合は、Bot を活用します。職務内容を強化する場合は、デジタルワーカーを活用します。

デジタルワーカー → 考える > 行動する > 分析する

分析

デジタルワーカーの役割

デジタルワーカーは、AI、機械学習、RPA、分析を組み合わせて、エンドツーエンドでビジネス機能を自動化することで、人間の作業を補強し、拡張する仮想従業員と言えます

人間の
従業員のように

デジタルワーカーは、一連の順序で複数のタスクを実行します (最初から最後まで、体系的かつ定期的に請求書を送信するなど)。

事前構築済み、ダウンロード可能、プラグアンドプレイ

デジタルワーカーは、事前構築済みのダウンロード可能なプラグアンドプレイのデジタルペルソナで、厳選されたソフトウェア ロボットをトランザクション、コグニティブ、分析の能力と結び付けて、人間の労働者のように連携できます。

プロセスの学習と
優先順位付け

デジタルワーカーは、時間の経過とともに特定のビジネスプロセスや IT プロセスを優先させることを学習するので、皆無に等しい程度の監督下で買掛の専門家やIT 運用のスペシャリストとしての役割を果たすことができるようになります。

デジタルワーカーの例

Digital SAP Accounts Payable Clerk

Digital SAP Accounts Payable Clerk は、IQ とルーチン Bot の組み合わせを実装することで、請求書処理、調整、支払処理などの定期的なタスクを自動化し、合理化されたワークフローを構築します。

さらに表示

  • さまざまなソースおよび異なる形式の請求書を識別します
  • 請求書から情報を抽出し、構造化された形式でデータを入力します
  • 請求書データを使用して発注書データと照合します
  • デジタルワーカーは、請求書プロセスの検証後に自動支払も有効にします
少なく表示

Digital Oracle Accounts Payable Clerk

Digital Oracle Accounts Payable Clerk は、Oracle E-Business Suite 内で幅広い機能を提供しており、精度を最大化しながら (最大 100%)、請求書処理などのタスクに AP プロフェッショナルが費やす時間を 60% 短縮することができます。

さらに表示

  • 新しいサプライヤリクエストの作成、アドレス帳リクエストの処理、連絡先ディレクトリリクエスト、製品、サービスリクエスト、および買掛金勘定操作を自動化します。
  • アクセスと記録保持を容易にするために、Oracle プラットフォーム上のすべての変更とトランザクションに注記を付けます。
少なく表示

Digital Oracle Accounts Receivable Clerk

  • AR プロフェッショナルのアカウントで、事前定義されたルールに従って受信 E メールを読み取る
  • E メールの添付ファイルをダウンロードする
  • ダウンロードしたレポートを検証する

さらに表示

  • ダウンロードしたレポートを Downloaded Files フォルダーに移動します
  • Oracle VM Virtual Box を起動します
  • Oracle のローカルホストの URL 経由でログインします
  • Oracle アプリケーションで AR 請求書を処理します
  • 請求書番号を生成し、請求書を作成します
  • Oracle VM Virtual Box を起動します
  • Oracle アプリケーションで AR 領収書を処理します
  • さらに、Digital Oracle Accounts Receivable Clerk は、会計チームからの入力に基づいて、非 SO ベースの請求書を自動的に生成できます。
少なく表示

Digital Azure
IT Admin

Digital Azure IT Admin は、IT クラウド エンジニア/管理者のユーザー管理、インスタンスの作成、および会社の Azure の使用状況レポートの生成をサポートします。

さらに表示

  • Zendesk チケットから特定の件名行を読み取り、IT 管理者の登録済み電子メールアドレスに電子メールを送信します。
  • Zendesk チケットの受信リクエストの件名を識別し、同じユーザー通信プロセスを使用して、Azure パスワードをリセットします。
  • さらに、特定の地域のすべてのインスタンスに対してインスタンス使用状況レポートを作成し、生成されたレポートをローカルシステムの指定パスに配置します。
少なく表示

Digital Google Cloud IT Admin

Digital Google Cloud IT Admin のスキルには、ユーザー管理、仮想マシン (VM) インスタンスの作成、会社の Google Cloud 使用に関する使用状況レポートの生成などがあります。

さらに表示

このデジタルワーカーは、Google Cloud Platform でのクラウド VM インスタンスのプロビジョニングとインスタンス管理の定期的なプロセスに、シンプルかつ効果的な自動化を提供します。

  • Zendesk で VM プロビジョニングチケットを識別して抽出することにより、IT クラウドエンジニア/管理者をサポートします。
  • チケットステータスを「保留中」に更新すると、デジタルワーカーはチケットの情報をインターセプトし、ユーザーの Google Cloud VM インスタンスを作成します。
  • また、Digital Google Cloud IT Admin は、VM プロビジョニングの管理の終了も自動化します。プロジェクト内のすべてのインスタンスの CPU 使用率の単位を所定の間隔で収集し、結果を含む CSV ファイルの形式で使用状況レポートを生成します。
  • さらに、デジタルワーカーは、使用状況レポートダッシュボードのリアルタイム運用インサイトを提供します。
少なく表示

Digital AWS
IT Admin

Digital IT Operations Specialist は、IT クラウドエンジニアのユーザー管理、インスタンスの作成、および会社の AWS の使用状況レポートの生成をサポートします。

さらに表示

  • Digital IT Ops Specialist は、Zendesk から件名行を読み取り、追加情報をリクエストする電子メールをユーザーに送信します。
  • 事前に定められたメールボックスがユーザーからのデータを受信すると、デジタルワーカーはこれらの指定に従って EC2 インスタンスを作成します。
  • また、Zendesk チケットの受信リクエストの件名を識別し、同じユーザー通信プロセスを使用して、AWS パスワードをリセットします。
  • さらに、特定の地域のすべてのインスタンスに対してインスタンス使用状況レポートを作成し、生成されたレポートをローカルシステムの指定パスに配置します。
少なく表示

未来の仕事 = 人間の潜在能力を発揮

将来の労働力は、人間と仮想の従業員がシームレスに融合したものとなり、お互いの強みと能力を高めます。人間の労働者は、イノベーション、価値の付加、新しいスキルの追求に集中するようになります。

「これから先、ビジネスを推進していくには、人間か機械のどちらか一方では不十分です。この 2 つを効果的に融合し、活用できる企業が今後をリードしていくでしょう。」 – Accenture

Accenture

「従業員の能力を増強するという人間を中心としたデジタル ワーカーのアイデアは、真の意味で変革を起こす可能性を秘めています。これにより、『どのようなタスクを自動化できるか』という考え方から『どの役割を増強して強化できるか』という考え方に変わりました。」 — Ravi Konda 氏、オートメーションシニアマネージャー、Symantec 社

Symantec

「AI からインテリジェントアシスタント、RPA Bot に至るまで、ますます多くのインテリジェント マシンが従業員と並んで仕事をし、業務上の問題を解決しています。」 — (「オートメーション時代の仕事の再発明」、8 月 1 日)

Forrester

「新しい世界は、人間と Bot が隣り合って働き、それぞれがベストを尽くすという、拡張された世界です。10 年後の未来を想像してみてください。約 10 億人の子供たちが人類に誕生します。その子供たちは、デジタルワーカーを当たり前の存在として受け止めるでしょう。私たちは、品質と実行だけでなく、倫理と道徳においても、この権利を得なければなりません。」 — Mihir Shukla、CEO、オートメーション・エニウェア

オートメーション・エニウェア

デジタルワークフォースがデジタルトランスフォーメーションを加速する

デジタルワーカーの導入初日から、AI と機械学習のメリットを実感してください。

オートメーション IQ の向上

成長アイコン

構築済みのすぐに導入できるデジタルワーカーを使用すると、自動化を一から導入する場合と比べて、70% の速さと半分以下のコストで AI をビジネスプロセスに導入できます。

すぐに全力で取り組む

導入

Bot を一から構築する必要はありません。デジタルトランスフォーメーションを異なるペースで実現します。デジタルワーカーは、すぐに展開可能で簡単に拡張でき、ビジネスへの影響とデジタルトランスフォーメーションを加速します。

デジタルワーカーと RPA は同じプラットフォームで稼働できるか?

RPA は、デジタルワークフォースの諸要素の一部です。デジタルワーカーは人間と同じように複数のスキルセットを併せ持ちます。RPA は実行に不可欠ですが、デジタルワーカーには AI や組み込まれたアナリティクス機能も必要です。デジタルワーカーは、現在および将来のデジタルワークフォースのために設計された RPA プラットフォームによって実現されています。

 

ロボティック・プロセス・オートメーション

構造化ビジネスプロセスをエラーなく実行

コグニティブ オートメーション

AI と機械学習を用いて自己改善する自動化によって複雑なデータに対応

組み込み型 RPA アナリティクス

すぐに応用可能なリアルタイムの運用インテリジェンスとビジネス インテリジェンス

デジタルワークフォースプラットフォーム

デジタルワークフォースに関するよくある質問

ワークプレイスにおける技術の進歩は、デジタルワークフォースの台頭につながりました。人間の従業員が極めて冗長かつコストのかかるプロセスを担当する必要はなくなりました。その代わり、新たなテクノロジーにより、従業員の質と生産性を向上させ、イノベーションなど、価値をもたらす戦略的アクティビティに集中する時間を持てるようになります。

デジタルワーカーは、人間の従業員のスキルセットを模倣し、ビジネス機能を自動化するバーチャル従業員です。デジタルワーカーは、スタッフにとっては繰り返しが多く、時間のかかる複雑な作業を実行できます。

職場の将来像であるデジタルワークフォース、そして、組織を革命的に変化させる方法に関するよくある質問にお答えします。

デジタルワークフォースは、デジタルトランスフォーメーション戦略にとって不可欠な要素です。これには、人工知能 (AI) (英語)、機械学習、ロボティック・プロセス・オートメーション (英語) (RPA) を組み合わせたロボティックな自動化ソリューション チームが関与します。デジタルワーカーは基本的に、人間と同等のレベルで作業を実行できるソフトウェア ロボットです。

デジタルワーカーは、事前構築済みですぐに展開が可能であり、効果的なビジネスへの影響を起こし、デジタルトランスフォーメーションを促進します。オートメーションを一から構築するよりも、はるかに費用対効果が高く、オンボーディングも最小限に抑えられます。デジタルワーカーの比類なき速度と精度により、生産性を迅速に高めることができ、全社的なデジタルトランスフォーメーションへと導きます。

デジタルワークフォースの主な利点の一つに、従業員にとってデジタルトランスフォーメーションをより魅力的なものにできる点が挙げられます。デジタルワーカーを導入することで、単調で時間のかかる定型タスクはロボットに割り当てられるため、従業員の働き方を改善できます。

人間の知能を必要とし、価値を生み出すプロジェクトに時間を割けることからも、デジタルワークフォースは不可欠です。デジタルワーカーはインテリジェント オートメーションの最前線です。

分析

オートメーションの主な目標は効率の向上です。デジタルワークフォースは、コグニティブ テクノロジーの特長を統合してバーチャル従業員を作成し、ビジネス ニーズに応え、作業効率とビジネス アジリティを向上させます。

RPA はデジタルワーカーの基盤です。単独で、機械学習と AI により大きな成果を達成できますが、人間の従業員とワークフローは模倣できません。デジタルワークフォースには、RPA を搭載した Bot 部隊が必要です。これは、労働集約的な大量のナレッジワークにとって理想的なテクノロジーと言えます。機械学習、RPA、AI を組み合わせることで、ビジネスプロセスを強化し、効率的なデジタルワークフォースを実行できます。

デジタルワーカーはエンドツーエンドの自動化を提供し、人間の従業員が役割に注力できるようにします。複数のビジネス部門に対応できるようプログラム可能で、ユースケースには次のようなものがあります。

  1. カスタマーエクスペリエンスを向上させるチャット Bot (英語)
  2. 支払いの決済の確認など、大量の業務を自動化する会計 Bot
  3. マネー ロンダリングを検知する高機能な診断
  4. 小売詐欺対策
  5. 関連する指標のモニタリングと関係者全員へのレポート作成
  6. IT 部門で、ユーザーの管理、インスタンスの作成、レポートの生成を担います。
  7. サプライ チェーン内のデジタルワーカーが在庫の数量と価格をチェックします。

デジタル エコシステムは進化していますが、それに伴い、人間と機械が共生関係を築く必要があります。デジタルワーカーは人間を中心としたデジタル テクノロジーでありながら、真の意味で変革を起こします。定型タスクを自動化することで従業員を解放し、人間のノウハウを必要とするタスクを任せることができます。また、こうした重要なプロセスを正確かつ効率的に行われるようにすることができます。

他のリソース

ウェビナー

新たなデジタルワーカーのご紹介

視聴する (英語)

ブログ

AI、自動化、仕事の未来

詳細はこちら (英語)

ビデオ

新たなデジタルワーカーのご紹介

無料体験版
Close

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう