無料体験版

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう

RPA をどのように開始し、拡大するか

RPA はビジネスに変革をもたらしますが、全てのケースにおいて良い結果が得られるとは限りません。RPA の導入には正しい方法・手順があります。RPAジャーニーは、業務的にも企業文化的にも変化を生み出し続ける長い道のりであり、全社員が生産性と創造性を高めることにつながります。

オートメーション・エニウェア社との協業を通じて私たちは多くのことを学びました。RPA 導入の成功を決定付けるものは何でしょうか?当社のベストプラクティスは、オートメーション・エニウェア社と共に RPA ジャーニーに着手し、規模を拡大した 1,600 を超える RPA のお客様から導き出されたものです。

RPA に移行するためには部門を横断したタスクチームの結成、テクノロジーへの理解の促進が
必須であり、効果を最大化するためには現在の業務プロセス自体を見直すことが必要かもしれま
せん。

RPA の導入はどこから始まるのか

Immediate Business Needs / Specific Business Cases

緊急のビジネスニーズ/
特定のビジネスケース

RPA は数週間で設定し稼働させることができます。いきなりRPAを始めるのは理想的ではないかもしれませんが、何か悪い影響を与えるものでもありません。RPAは非効率なビジネスプロセスを即座に解決するソリューションですが、検討可能な要素が多いため「いつ始めるか」ということが導入の障害となるケースが少なくありません。そのため、緊急度の高いビジネスニーズが導入時期を決定する良いきっかけとなることもあるでしょう。

Process Suitable for RPA ・ From within reach

RPA 対応プロセス/
簡単に達成できる成果

リソースの時間を浪費し高い精度を必要とする、反復的で構造化されたビジネスプロセスをお持ちですか?ここから始めることが、RPA を導入するための第一歩です。構造化されたプロセスに RPA を簡単に導入することから、企業全体において複雑で戦略的な自動化への道を開くことができます。

Consideration of Automation

自動化の検討

ビジネスプロセス上にあるリスクを発見・改善したり、古くからの慣習を打ち破って新しいプロセスを作り上げる力を手に入れることができるため、RPAを使って何ができるのかを検討する作業は非常に楽しいものになるはずです。

Strategic Initiatives / Digital Transformation

戦略的なイニシアティブ/デジタルトランスフォーメーション

RPA ジャーニーは、デジタルトランスフォーメーションと密接に結びついています。企業全体におよぶ戦略的な変革を実現することは、RPA 導入の成功の証です。デジタルトランスフォーメーションの中核要素としての RPA には、有機的かつ意図的に、リソースの増強と解放、スピードや効率に関する基準の再定義、および事業の運営方法の変革する力があります。

RPA の導入にはどのような段階があるのか

1

発見

自己分析は、個人が自己を変革させるためだけにあるのではありません。

  • RPA のツールについて調査を行い、デジタル化の最中と後では組織がどうなっているのかビジョンを描いてみてください。
  • 社内外で質問をしてみてください - RPA ジャーニーを既に歩んでいる信頼できるパートナー、ベンダー、および組織に問い合わせてみてください。
  • 人を中心に計画をたててください。最初からオープンで実践的なアプローチを生み出すために、人事とは早い段階で連携してください。。リーダーが問題に対処したり、率直かつ正直に伝えたりできるようサポートします。

詳細を見る
2

準備

RPAを成功に導くためにRPAスポンサーとRPAエバンジェリストを選定します。

RPAスポンサーはRPAに関連する予算編成に影響力をもったシニアレベルの社員です。

RPAエバンジェリストはプロジェクトをリードする役割を担い、関連する部門ごとのリーダー達と連携しながら自動化にふさわしいビジネスプロセスを見つけ出します。

まず、自動化するビジネスプロセスの候補を特定します。

RPA の出発点とすべき最も優れたプロセスには、高いビジネス価値があります。低リスク/低報酬の例は避けてください。RPA のビジネスケースを証明することが、非常に難しくなってしまいます。

成功基準を定義します。

どのような問題を解決する必要がありますか ? どのような利益を挙げようとしていますか ? 最初に適切な望ましい結果を設定することで、RPA ジャーニー全体で成功を収めることができます。RPA の成功基準/目標は以下の通りです。

  • コスト削減
  • コンプライアンスの向上
  • 生産性の向上
  • 従業員エンゲージメントの向上
  • 競争力、アジリティ
  • ビジネスプロセスの正確性の向上
詳細を見る
3

RPA ベンダーエンゲージメント

RPA ベンダーの選定とエンゲージメント

  • 即断は避けてください。RPAに関連する市場とビジネスモデルは、目まぐるしく発展しています。RPAベンダーを選定する際は経験があり、進歩する技術を適用してサービスを革新し続けることをコミットしたベンダーを選定してください。
  • ユーザーエクスペリエンスを優先します。機能だけでなく、使いやすさも評価します。RPA が成功したと言えるのは、ビジネスユーザーが自信で自動化を実現できるようになった時です。そのためには、RPA ソフトウェアが、技術的に強力であるだけでなく、非常に直観的でなければなりません。
  • サポート体制も重要です。RPAを成功に導くための包括的な RPA サポートモデルを探してください。
  • セキュリティは最重要事項です。RPA はシステムおよび機密データとやりとりを行います。安全性の主張について精査をし、質問をしてください。検証済みで、企業レベルで安全な RPA プラットフォームを採用するようにしてください。
  • スケールも視野に入れます。スケールすることを前提にしたテクノロジーが採用されていれば、RPAはキャパシティを調整するのに最適です。
  • 継続的な学習の必要性について認識します。RPA の知識を深めるためのトレーニングやセミナー等の有無を確認してください。
詳細を見る
4

PoC (概念実証)

RPA PoC の目的は何か

PoC の価値は、自社独自のビジネスやニーズに合うかどうか、RPA をテストできることにあります。

RPA は実証されているテクノロジーですが、果たして貴社のビジネスニーズを満たせるでしょうか? 貴重な PoC では、ビジネスケースの前提条件をテストし、導入モデルを検証します。

RPA PoCのために自動化する適切なプロセスをどのように特定すればよいでしょうか ?

大幅な利益をもたらし、できるだけ多くの主要なテクノロジーシステムやアプリケーションをカバーするプロセスを選択してください。

詳細を見る
5

パイロット版 RPA

成功する RPA のパイロット版を作成します。

RPA PoC の段階が完了したら、RPA ジャーニーの次の段階としてRPA を社内で 試験的に使用します。つまり、自動化されたプロセスを日常業務に導入してみます。パイロット版の RPA は、選択された実装モデル(要件、設計、テスト) に準拠します。

パイロット版 RPA の性能を事前に定義した成功基準および特定のパイロット版終了要件と突き合わせて評価します。

社内外のすべてのステークホルダーに意見を求め、その回答から学ぶことで、RPAの規模を拡大するための準備を進められます。組織が広範囲における RPA ジャーニーに備えてあらゆる側面について説明できるように、パイロット版 RPAから学び取ります。

詳細を見る
6

RPA センターオブエクセレンス (CoE)

基本的に、RPA センターオブエクセレンス (CoE) こそ、専門的にも技術的にも RPA に関して指導的役割を持つ特別任務のグループです。

RPA CoE は、RPA を組織全体に拡大する上で極めて重要です。

RPA ジャーニーのこの段階におけるその他の主要な側面は、ガバナンスです。RPA ガバナンスとITが連携していることが理想的です。

詳細を見る
7

拡張

RPA の拡張段階というのは、組織全体で自動化の役割を拡大適用し深化させることです。

RPA の拡張段階というのは、組織全体で自動化の役割を拡大適用し深化させることです。この拡張を促進するために、CoE は RPA 導入の成功と目標について伝達し、デジタルワークフォースの最適化を図り、自動化のためのビジネスプロセスを特定かつ見極め、ベストプラクティスを確立させ、継続的にチームのリソースを拡大させ専門知識を発揮することです。 予め設定したBotやデジタルワーカーはRPAを急速に拡大させることができる別のリソースです。
詳細を見る
8

デジタルトランスフォーメーション

RPA は組織の DNA の一部となります。

RPA は組織の DNA の一部となります。複雑さが増す一方でビジネスプロセスを自動化することは、従業員と事業の両方にとって仕事そのものの性質を変えることになります。RPA は、デジタルトランスフォーメーションの主要な成功因子ですが、これはビジネスプロセスを「デジタルトランスフォーメーション」へと進展させるだけでなく、より複雑でインテリジェントなビジネスの拡張や変革を実現するためのステージを設定することによって、トランスフォーメーションを実現します。
詳細を見る

RPAのよくある間違いを回避

以下に一例をご紹介します

取り除くべき障害

適切な RPA ベンダーを採用することで、RPA カスタマーサクセスチームと連携して、各項目について先手を打つことができます。

  • Need for RPA training

    RPA トレーニングの必要性

  • Communication and change management

    コミュニケーションと変更管理

  • Cooperation with IT

    IT との連携

  • Definition of success criteria

    成功基準の定義

  • Corporate human responsibility

    企業の人的責任

現場にいる実際の RPA 担当者から学びましょう。
急速に成長している RPAの コミュニティに参加しましょう。

複数の RPAの取り組みの失敗につながった要因の一部として、RPAに関するスキル不足、変更管理の不備、IT オーナーシップの欠如、不適切に定義された成功基準、およびインフラストラクチャ管理に関する考慮事項の軽視などが挙げられます。

Ovum

RPA を成功に導くためのキットを準備する

RPA ジャーニーを成功させるための8つのヒント

  • 1

    エグゼクティブスポンサーを 見つける

  • 2

    RPAの最高責任者を任命する

  • 3

    一元化された事業計画を作成する

  • 4

    全員に対しトレーニングを実施しRPAを多くの人に活用してもらう

  • 5

    開発、テスト、本番環境を 分ける

  • 6

    RPA の展開を加速するため、規律ある枠組みを 構築する

  • 7

    RPA の目標を見直し、更新し、再び伝える

  • 8

    成功体験を共有し公表して、RPA の良さを説く

変革とはチームスポーツのようなもの

3つの中核的なグループが集結

1

企業

企業は目標を達成し、優先順位を設定し、ROI を最大化することを目指します。

エグゼクティブスポンサー

RPA と自動化のビジネスケースを有し、プロジェクトリスクを管理することによってリードし、調整するシニアエグゼクティブ

利用者

自動化のメリットを定義、測定、利用するビジネス/ LOBレベルのオーナー

2

IT

IT の役割とは、システムに拡張性と信頼性があり、安全性が高く、パフォーマンスが良好であることを保証することです。

RPA Process Architect

RPA プロセスアーキテクト

自動化を可能にするために、システム間での作業やデータフローを文書化するプロセスに関する専門家 兼 アナリスト

3

開発者

開発者とは、Bot を作成する人のことです。誰もがビジネスレベルから IT、さらには上級プログラマーまでのBot の開発者になることができます。

RPA Program Manager

RPA プログラムマネージャー

プロジェクトの目標を設定、伝達し、リソースを結集し、順調に物事を進めるリード RPA プロジェクトマネージャー

Architect / Automation Administrator

アーキテクト/自動化の管理者

RPA環境、インフラストラクチャー、導入、および拡張性と安全性を管理するテクニカルシステムアーキテクト

自動化の開発者 誰でも自動化を実施することができます。

Competent Business User

有能なビジネスユーザー

記録、高画質化、ドラッグ & ドロップなどの直感的なBotを設定して、日常業務を強化します。

Technology-Savvy Business Users

テクノロジーに精通したビジネスユーザー

簡単なところからスタートし、より複雑化するプロセスに取り組みます。

IT Professional

IT プロフェッショナル

ビジネスに対する Bot の価値を高めるため、接続性と再利用性に重点的に取り組んでいます。

Advanced Programmer

上級プログラマー

境界を押し広げ、複雑なプロセスにも 100% の自動化を実現します。

RPA の導入におけるすべての段階に合わせて設計された
インテリジェントなデジタルワークフォースのプラットフォームを
選択

Powerful and easy to understand

パワフルで
直感的

Safe and scalable

安全で
かつ統合的

Intelligent and excellent connectivity

インテリジェント
かつ連結されている

Open yet highly integrated

オープン
かつ統合的

リソース

Detection

発見

Dell Technologies に大きな影響を与えた数週間

視聴 (英語)
Case Study

ケーススタディ

大手電気通信会社が 18 ヶ月で 7 つの財務グループを自動化

詳細はこちら
Must-Read Article about RPA

RPAに関する必読記事

7 つの予測: 2019 年の RPA 市場

詳細はこちら

RPA の導入から全社展開までの正しい手順を知る

優れた RPA プラットフォームと比類のないカスタマーサポートについてご確認ください