ノーコード ソフトウェアはセルフサービスに向けた動きの中で開発されました。ビジネスユーザーはこのタイプのソフトウェアを使用してデータ駆動型のアプリケーションを開発、操作、使用し、業務を改善できます。

ノーコードのオートメーション ツールといっても、実際にはコーディングが行われています。優れたノーコード ツールでは、ユーザーがビジュアル インターフェースを使用し、ポイント & クリックやドラッグ & ドロップ操作でアプリケーションの一部となるプロセスをマッピングすることで、必要なコーディングが背後で行われています。つまり、コーディングがソフトウェアによって行われるのです。ローコード ソリューションでは、IT が最低限のコーディングでノーコードの開発環境をカスタマイズすることで、ユーザーが使用できるようになります。

ノーコード ソフトウェアのメリットとは?

ノーコードでの開発やアプリケーションには数々のメリットがあります。その一部はノーコード プロセスによる自動化のメリットに直接関連したもので、生産性の向上、大幅な効率化、ヒューマン エラーの減少などが挙げられます。また、ノーコードには、IT チームがビジネスに必要なソフトウェアの開発を容易にするなど、より有意義な作業に専念できるという特長もあります。

しかし、ノーコード プログラミングにより最も大きなメリットを享受できるのはビジネスユーザーです。データ駆動型のリソースがセルフサービスで利用できるようになると、業績が上がり、IT による対応を待つ時間が少なくなり、ビジネス目標の達成により多くの時間を費やせるようになります。プロセスディスカバリーの具体的なメリットには以下のようなものが挙げられます。

精度コストの削減

ビジネス部門にセルフサービス ツールを導入することで、従来のプログラミング アプローチで必要となる IT によるビジネス アプリケーションの開発を待つ必要がなくなるため、生産性と効率が上がり、時間とコストが削減されます。企業はノーコードにより、ビジネス・IT の両部門で時間とコストを節約できます。

コストの削減機敏性の向上

ビジネスユーザーがノーコードまたはローコードのツールで独自のプログラムを開発できれば、組織の機敏性が大幅に向上します。それにより、市場やビジネスの状況の変化により迅速に対応できるようになると同時に、未来に備えることもできます。

優れた透明性トレーニングの削減

セルフサービスのソフトウェア ソリューションは、ビジネスユーザーが業務を行うために必要なトレーニングも少なくてすみます。これによりコストが削減され、ビジネスユーザーが技術的なスキルを学ぶ必要なく自分のペースに合わせてトレーニングを受け、より短期間で価値を実現できます。

従業員の満足度向上より優れたアプリケーションの開発

ノーコード プログラミングは、アプリを実際に必要とし要件を明確に理解していて、必要に応じて継続的に改善できるエンド ユーザーが自ら開発を行えるため、より優れたアプリケーションの開発につながります。

ワークフローの柔軟性統合性

ノーコード プラットフォームには、他のさまざまなプラットフォームやシステムと統合できるというユニークな特長があります。これにより、組織のビジネスプロセスのデジタル化、大規模なサービスの中断を引き起こすことなくビジネスを前進させるなど、複雑なステップをはるかに容易に踏み出せるようになります。また、企業におけるアプリケーション アップデートの管理もはるかに容易になります。

スケーラビリティより迅速な開発

企業が開発を進めるうえでの課題の 1 つが、プロセスの承認の取得です。ノーコード プラットフォームは、IT とビジネスの両部門のチーム同士の協力をサポートします。これにより、開発におけるコラボレーションが容易になり、企業によるさらに迅速な対応が可能になります。また、将来的に、シチズンディベロッパーによるニーズに合わせた短期間でのエンタープライズ グレードのアプリケーション開発にも繋がります。

Now & Next

必読かつ唯一無二の業界レポート

驚異の 380% ROI を達成するため、トップ企業はどのように RPA を活用しているのか? 内部事情に踏み込んだスクープ記事をNow & Next: RPA 業界の最新情報レポートでご覧いただけます。

ノーコード ソフトウェアの対象ユーザーとは?

ノーコード ソフトウェアはあらゆる業界の組織で使用されています。主な使い道には、フロントエンドの顧客対象アプリケーションとバックエンドの社内アプリケーションの 2 種類があります。ノーコードおよびローコード ソリューションは、Web アプリケーションによく使用されています。ビジネスユーザーでも簡単に使える一方、開発者もクラウド (英語)統合をはじめとするさまざまな用途の複雑なアプリケーションの開発に、ローコード アプローチを採用しています。

ノーコードでのアプリケーション構築は、金融業界のさまざまな組織で採用されています。また、会計、人事、営業、(英語)、マーケティング、カスタマー サポート、カスタマー サービスなど、幅広い部門で活用されています。ノーコード オートメーションは、従業員の在宅勤務から職場への復帰、リモート勤務用のソリューションの導入など、今日の企業が共通して抱えている問題を解決するうえで鍵となります。何らかの形でデジタルトランスフォーメーションに取り組んでいる企業なら、おそらくワークフォースの効率化にノーコード アプローチが使用されていることでしょう。具体的な事例には次のようなものがあります。

人事 IT

ノーコード開発は、ビジネスユーザー向けの複雑なアプリの開発時間の短縮、および特定の事例に合わせたビジネス アプリケーションの微調整が可能なローコード導入するという 2 つの点で、IT ユーザーをサポートするのに欠かせません。クラウド コストの削減を目的とした、ローコードによる非常に複雑なサーバーレス コンピューティングの導入がその一例です。

法務保険

いくつかの保険会社では、手作業をデジタル化するためにローコード ソフトウェアが使用されています。その中でも最も実績のある事例が、見積もりを発行するための顧客情報の取り込みです。このプロセスを自動化するアプリケーションを開発することで、保険会社はスプレッドシートを使用した手入力 (英語)を廃止し、はるかに短時間で顧客に見積もりを提供できるようになります。

IT チームビジネス アナリティクス

ノーコード ソフトウェアにより実現するセルフサービスが企業にもたらす価値の代表的な例が、アナリティクス ダッシュボードです。ユーザーがわかりやすいドラッグ & ドロップ操作でソースから情報を集め、ビジネス インテリジェンスやレポートを入手できるため、結果を総合的に把握し、情報に基づく意思決定が可能になります。

経理医療

医療業界では顧客対象アプリの開発に、ローコードがますます使用されています。これらのアプリの中には、患者が自身のデータにアクセスしたり、他の医療提供者とシェアしたりできるものもあります。ローコード ツールはあらゆる事例で、アプリの開発期間を短縮します。

医療財務

金融業界では、モバイル バンキングやオンライン バンキングで外部の顧客対象システムと社内システムを連携させるために、ローコード開発が日常的に行われています。ノーコードは、消費者による資金の管理、口座へのアクセス、振替などを可能にするための API の構成やシステム間の統合に最適です。

医療小売

ノーコード ソフトウェアは高速な処理が求められるトランザクション システムに最適で、小売業者の e コマース関連の事例に広く使用されています。このアプローチにより、プログラミングに加え、このような事例で使用されるさまざまなデータ タイプの統合が容易になります。また、使いやすいカスタマー インターフェースの開発もサポートします。

ノーコード オートメーションに関するよくある質問

ノーコード ソフトウェアを使用すると、組織において個人がアプリケーションを容易に開発・維持できるようになります。従来の開発者のようなコーディングのスキルがなくても、アプリケーションの「開発」ができるのです。それにより実現されるのが「シチズンディベロッパー」です。従来の開発者のようなコーディング スキルはなくても、RPA などのソリューションを使用してアプリケーションを開発できるのが、シチズンディベロッパーです。
ノーコード システムはエンド ユーザーに特化していて、ドラッグ & ドロップ ユーザー インターフェースで操作します。ローコード システムは従来の開発者の領域で、強力なツールとなりアプリケーション開発を加速させますが、使うには技術的な知識やコーディングのスキルが必要となります。
はい。ゼロ コードはノーコードと呼ばれることもあり、これらは同じものを指しています。両方ともローコードの一部で、ローコードによりノーコード プラットフォームの機能を拡張することができます。
ノーコード プラットフォームを使っているからといって、後ろめたさを感じる必要はありません。開発者の仕事を奪っているわけではないですから。いわばノーコード プラットフォームは、コーディングにより開発された最終製品です。言い換えれば、シチズンディベロッパーがニーズに合わせてビジネスプロセス アプリケーションを開発できるドラッグ & ドロップ インターフェースですが、もとはといえば開発者によって開発されたものです。
ノーコード革命により、企業は大規模な開発者チームを必要とせずデジタルトランスフォーメーションを継続させられます。特に大企業では、IT チームが不要になるわけではありませんが、コーディングのスキルを持たない従業員がより多くの作業を担うことで、IT チームの負担を減らせます。ノーコードにより、バックエンドやフロントエンドの従業員が簡単に効率化を図れるようになるだけでなく、IT による解決が必要な細かい問題の数が減るため、企業全体を効率化できます。
無料のものもあれば、そうでないものもあります。エンドユーザーから見て、特にデメリットはありません。たとえば、人事部の従業員が従業員のオンボーディング作業の自動化を必要としている場合、そのようなアプリケーション プロセスの開発に必要なツールがすべて提供されます。組織にとってデメリットがあるかは、ニーズによります。IT 部門をノーコード ソリューションによって置き換えたとしたら、その能力はソリューションの対応範囲に限られてしまいます。つまり、多くの部署が複雑に絡み合った大企業にとって、ノーコードは IT を補足するソリューションであり、IT ソリューションそのものにはなれないということです。

ノーコードを開始するには?

ノーコード オートメーションを最も迅速、スムーズかつ容易に開始する方法の 1 つが、ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) です。オートメーション・エニウェアのクラウドネイティブ RPA プラットフォーム、Automation 360 は、業種や事例を問わず、ユーザーによるあらゆるタイプのプロセスの迅速化を可能にします。Bot という臨機応変なソフトウェア エージェントを使用し、請求書の支払いなど、自動化のステップに必要な操作を実行します。ノーコード ユーザー インターフェースは、プログラミング言語の知識を持たないユーザーであっても Bot に必要な作業を教え、実行できるのが最大の特長です。

Automation Anywhere RPA ソリューションを使用すると、ユーザーがオートメーションとノーコードの両方のメリットを享受できます。この 2 つを組み合わせることで、エラーは減り、生産性が高まり、効率化が図れるだけでなく、これらの機能を組織全体で活用できるようになります。RPA により、経営陣から新入社員まで誰もがプロセスの自動化に必要な手順を学び、シチズンディベロッパーとして開発に携わることができます。

ノーコード RPA ソフトウェアがこれらのメリットを実現できるのには、使いやすさと学びやすさに関連したいくつかの理由があります。まず、前述の通り、RPA ツールはポイント & クリックやドラッグ & ドロップで簡単に操作できます。たとえば、人事システムと連携し、従業員からの休暇申請を処理する際に、長々とコードを書いてどのソースからデータを取得するのか指定するのではなく、エンド ユーザーがマウスを使って作業の流れを簡単に示すことができます。これによりシステム内でその作業が記録され、リクエストに応じて同じ流れが繰り返されます。

ノーコード RPA により従業員がオートメーションから最大限のメリットを得られる 2 つ目の理由は、機械学習と AI を活用し、プロセスの実行中にユーザーが行う操作をすべて観察できるためです。たとえば、コンピューター ビジョンなどの技術により、画面上でのユーザーの操作をすべて観察し、カスタマー サービス リクエストの情報を随時提供することができます。個々のマウス クリックや情報の処理に使用されるダウンストリーム システムなど、あらゆる操作を把握することができます。

ユーザーがこれまで何回も繰り返してきたように手動でプロセスを完了させるだけで、RPA システムがそれを観察し流れを学びます。ユーザーはプロセスの開始と終了のタイミングを指定し、プロセスの完了に必要な一連の操作を行うだけです。Bot はこのように簡単にトレーニングすることで手作業と同じ目的を達成できるようになりますが、人間とは異なりその作業を休むことなくこなし、人的エラーも起こさないのが Bot の特長です。ノーコードの RPA アプローチでは、このようにノーコードとオートメーションの両方の特長を組み合わせ、より効率的に仕事ができるようになります。

追加リソースをご覧ください

CRM オートメーション

OCR
とは?

OCR
IBM オートメーション

SAP オートメーション
とは?

SAP オートメーション
it オートメーション ソフトウェア

ソフトウェア Bot
とは?

ソフトウェア Bot
ロボティック・プロセス・オートメーション

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA)
とは

RPA
無料体験版
Close

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう