RPA について今ひとつ理解できずにいませんか?

さまざまな意見が飛び交う中、基本的な質問への明確な答えが見つかりにくいということがあります。当社は、RPA は誰もが活用できるべきツールだと考えています。そこで、RPA について誰もが抱えている一般的な質問に対するわかりやすい答えをご用意しました!

 

RPA とは何か

RPA はロボティック・プロセス・オートメーションの略です。「ロボティック」という言葉は、コンピューター システムやアプリケーションと同様に、作業を行うようにセットアップできるプログラムのことを表しています。「プロセス」とは、行われる作業のことです。「オートメーション」とはその名の通り、作業を自動的に行うことです。

RPA Bot とは?

単純に「Bot」と呼ばれることもある RPA Bot とは、デジタルで作業を行うようセットアップするソフトウェア プログラムのことです。よくデジタルワークフォースとも呼ばれています。RPA Bot は人間と同じようにあらゆるシステムやアプリケーションとやり取りできます。何をすべきか指示するだけで、Bot がが仕事をしてくれます。

RPA とインテリジェント オートメーションは同じものですか?

RPA はインテリジェント オートメーションの重要な要素です。RPA ソフトウェアに人工知能 (AI) テクノロジーを組み合わせることで「インテリジェント」になるのです。ビジネスプロセス オートメーションは RPA よりもさらに多くの、そして複雑なビジネスプロセス オートメーションに対応できます。

高度な文書処理とは?

多くの情報は定型形式ではありません (そのような情報を「非構造化データ」と呼びます)。高度な文書処理 (IDP) により、あらゆるドキュメントからデータをキャプチャし、関連性のある情報を抽出し、それらのデータを整理することができます。これは非常に需要な機能です。なぜなら、適切なデータが利用できなければ RPA の本領が発揮されないからです。データがなければプロセスを実行することはできません。

RPA は無料で使えますか?

無料のものもあれば、そうでないものもあります。当社は誰もが自動化ツールを利用できるべきだと考えています。そこで、業界をリードする RPA プラットフォーム、Automation Anywhere は、学生や小規模企業、開発者、研究者の方々に無料でご利用いただけます。当社のビジネスの中核となるのが、プラットフォームとサービスによる企業の自動化およびデジタルトランスフォーメーションのサポートです。その開始地点として、フリー トライアルで RPA の実力をお試しいただけます。

RPA を使う理由とは?

ロボットのような虚しさを感じたことはありませんか? オートメーションが活かせるプロセスの典型的な例が、「回転椅子」作業と呼ばれる反復的でこつこつと骨の折れる、創造力を必要とせず、人間が行うことで付加価値が生まれない作業です。RPA はこのような「ロボット」の仕事を担い、休んだりミスを犯すことなく、人間よりも効率的かつ素早く行います。

しかし、それは RPA のメリットのほんの始まりに過ぎません。

RPA と AI テクノロジーの組み合わせ (インテリジェント オートメーション) によりテクノロジー、作業プロセス、人々がシームレスに結びつき、ビジネスの在り方を変えることができます。

RPA と AI を併用するメリットには次のようなものがあります。

  • あらゆるビジネスプロセスの一部始終を自動化可能
  • フロントオフィスとバックオフィスの連携
  • 複雑なデータの整理と処理
  • エラーと例外の撲滅
  • オペレーション セキュリティの強化
  • コンプライアンスの徹底
  • カスタマー エクスペリエンスの改善
  • 従業員の開放

RPA はどのような場面に使えますか?

RPA は業種や事業規模にかかわらず、あらゆる反復的な手作業を自動化でき、ほんの数分で稼働させることができます。インテリジェント オートメーションの使い方は工夫次第です。さらに、事前構築済みの Bot をダウンロードすることもでき、採用や新人研修、保険金請求業務など、さまざまな業務に対応できるようトレーニング済みの RPA Bot が用意されています。あらゆる場所で Bot を活用できます。

RPA にはコーディングの知識が必要ですか?

RPA にコーディングは不要です。Automation Anywhere は誰にでも使える RPA + AI ツールを提供します。RPA は簡単に学べます。RPA の企業への導入から最大の成果を得るには、開発と IT のスキルを持ったメンバーで構成されるチームを設立し、ビジネスユーザーと協力してオートメーションの整備と最適化を行うことが有効です。

RPA の習得にはどの程度の時間がかかりますか?

RPA はトレーニングなしで始めて、使いながら覚えることができます。しかし、RPA トレーニングと認定 で RPA や AI ツール、テクノロジーの基礎を学ぶことで、さらに知識を深めることができます。認定プログラムは、RPA 開発者や RPA 管理者など希望のコースによって、10 時間ほどのクラスで構成されています。

RPA はどのように導入するのですか?

RPA は簡単に使い始めることができますが、それだけでは、特に大規模での長期的な成功が保証されないのも事実です。導入を開始する前に、RPA導入について詳細に検討することが重要です。RPA の導入は、企業の運営方式と文化の両方に変化をもたらす、長期的な道のりになります。それには中心となる優秀なチームと適切なツールが必要です。専門の RPA パートナーの支援を受けるのも有効な手段です。

RPA プロジェクトが失敗する理由とは?

ほとんどの場合、RPA プロジェクトが失敗する原因は 1 つではありません。しかし、RPA のスキルまたは知識不足、不十分なコミュニケーションや変更管理、初期の時点で IT が関与していない、不適切な成功基準の定義など、いくつかの点に注意すればトラブルを確実に回避することができます。RPA ジャーニーのどの段階においても、積極的にアシスタンスを求めましょう。エキスパートにご相談されたい場合は、当社にお問い合わせください。

RPA の先にはどのような変化が待ち受けているのでしょうか?

大きな視野で物事を捉える方なら、ここまで考えているかもしれません。最近 RPA の進化の先として注目を浴びているのが、ハイパーオートメーションです。現時点では人間の知識による介入を必要としているより複雑なビジネスプロセスを自動化し、さらにはオートメーション自体をも自動化するというのがハイパーオートメーションです。オートメーションは、ビジネスプロセスのデジタル化を進めるための実用的な手段を提供するだけでなく、人の働き方を変え、より複雑でインテリジェントなビジネスの拡大と変革の土台を作ることで、業務の性質そのものに変化をもたらしつつあります。RPA は業務の新時代を切り拓いたと言っても過言ではありません。そしてさらなる進化を続けています。

RPA の利用を開始するには?

デモを予約して、フレキシブルでインテリジェントな RPA が 10 倍のスピードで 100% エラーなしでタスクを実行する様子を、ご自身の目でお確かめください。

個別デモの内容

  • 業界屈指のデジタルワークフォース テクノロジーのご紹介
  • RPA、AI ソフトウェア、インテリジェント オートメーションに関する質疑応答
  • RPA・AI ジャーニーを開始し加速させる方法
無料体験版
Close

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう