IT セキュリティのための RPA は何に役立つのか?

RPA Bot は、エンタープライズ リソース プランニング (ERP (英語)) においてセキュリティのベスト プラクティスを確実に実行するために欠かせないものになっています。Bot は、人工知能を活用して、不正なデジタル アクセスから企業を保護します。これにより、企業の従業員、顧客、評判を守ることができます。Automation Anywhere を使用すれば、犯罪者が機密データにアクセスしたり、マルウェアを使用して企業のデジタル セキュリティを弱体化したりできないため、安心です。

機密データの保護機密データの保護

RPA を使用すると、個人情報やクレジット カード情報の漏洩を防止することができます。RPA ソフトウェアを使用した 2 段階認証により、公共機関や企業は、HIPAA、PCI-DSS、FISMA、FERPA を常に遵守することができます。

ヒューマン エラーによる侵入の防止ヒューマン エラーによる侵入の防止

パンデミックの後にリモート ワークが普及したことで、ヒューマン エラーに起因するサイバー脅威のリスクが増大しています。多くの場合、その原因は、安全でないネットワークを利用する、誤ってマルウェアをダウンロードする、知らずに不適切なアクセス権を付与することにあります。RPA テクノロジーは、これらの脅威への対応方法を学習し、自動的に脅威を防止します。

社内システムに対するアクセス制御の改善社内システムに対するアクセス制御の改善

社内のワークフロー全体にセキュアな RPA を追加することで、社内システムへの特権的アクセス権を持つユーザーの数を減らすことができます。オートメーション・エニウェアの Automation Workspace では、Bot が絶えず反復作業を排除するため、ログインするユーザーの数を抑えて、リスク管理を強化できます。

サイバー脅威を即座にシャットアウトサイバー脅威を即座にシャットアウト

人工知能を搭載した Bot が脅威を検知することで、脅威を即座にシャットアウトします。脅威が深刻化した場合、Bot はすぐに IT セキュリティ チームに通知し、より厳格なセキュリティ制御を実施します。

100% 正確なアクティビティ<br/> ログ100% 正確なアクティビティ ログ

RPA サイバーセキュリティ Bot は、人間や Bot によるデータ関連の行動をログに記録し、監査記録を作成します。これにより、すべてのアクティビティが 1 ヶ所に記録され、コンプライアンス プロセスを合理化 (英語)することができます。

データ損失の防止データ損失の防止

RPA Bot は、ネットワーク内のデータ フローを監視し、データ損失を検出するようにプログラミングできます。Bot がデータ損失を検出すると、セキュリティ対策を速やかに導入してデータ漏洩を食い止め、不正アクセスを防止するよう要求することができます。

RPA で企業に対するセキュリティ リスクを瞬時に
無効化

企業をサイバー攻撃から守るオートメーション・エニウェアの RPA ツールを実際に体験して、詳細をご確認ください。

IT セキュリティのための RPA は何に役立つのか?

IT セキュリティのための RPA の実装は、ほぼあらゆる企業に役立ちます。RPA Bot により、データ漏洩を回避したり、企業がランサムウェアの次の被害者にならないようにするなど、あらゆるデジタル セキュリティ リスクの兆しを特定して阻止できます。

IT 部門
IT 部門

ソフトウェアの更新やアクセス制御の監視などの反復作業は、Bot やその他の自動化によって処理されるため、IT チームは、セキュリティ リスクの分析やより安定したカスタマー サービスの提供など、より価値の高い業務に専念できます。

人事
人事

人事部門は、デジタル ワークフォースに伴う ID の偽装や窃盗に常に警戒する必要があります。たとえば、ソフトウェア Bot により、企業システム内の機密データへのアクセスを制限し、権限のあるユーザーにのみシステムへのアクセスを許可することができます。

会計・財務
会計・財務

従業員の給与情報や企業の財務情報は、コピー & ペーストだけでサイバー犯罪者に盗まれる可能性があります。ソフトウェア Bot を使用すると、潜在的なリスクを遮断し、権限を検証することができ
ます。

記録・請求
記録・請求

RPA Bot では、医療機関や医療関連企業の患者の機密情報を安全かつ正確に取り扱うことができます。

At Sital 氏
企業ロゴ

「プロセスの自動化は私たちの生活を楽にしてくれます。慎重に導入すれば、仕事がより捗り、成功を収めることができます」

– Smart Automation 社、ファンクショナル ドメイン リード、At Sital 氏 引用

120

調整されたエンティティ

100%

IT コンプライアンス精度

75%

従業員データベースの保守に要する時間の削減

IT セキュリティのための RPA は業務にどのように役立つか?

企業がデジタル世界の新たな現実に適応する中で、セキュリティに関する最新のベスト プラクティスを維持することが困難になる可能性があります。Bot は、サイバーセキュリティ戦略において重要な役割を果たし、24 時間 365 日体制でセキュリティを確保し、重要なセキュリティ更新の遅れにつながるようなヒューマン エラーを減らすことができます。また、RPA により、業務に合わせて独自の Bot を開発し、顧客や従業員とともに資産を保護することができます。

不正アクセスの制限

不正アクセスの制限

  • 特権アクセスのログイン数を削減する
  • 認証対策を強化する
  • 不審なアクティビティを IT セキュリティに報告する
  • リモート ワークスペースを保護する
  • クラウド型 RPA のセキュリティが迅速に対応
  • ヒューマン エラーに起因するパスワードの盗難を防止する
リモート オーケストレーション & クラウド型 RPA プラットフォーム

リモート オーケストレーション & クラウド型 RPA プラットフォーム

  • IT セキュリティ チームはあらゆる場所に Bot を展開可能
  • サイバー犯罪者は物理的な IT インフラを標的にできない
  • 災害に迅速に対応
  • RPA のセキュリティ リスクを低減
  • Bot の資格情報を保護
  • セキュリティ Bot コードの盗難リスクを低減
拡張用のデジタル セキュリティ システム

拡張用のデジタル セキュリティ システム

  • 企業の成長に合わせてインテリジェントな Bot を拡張
  • RPA が収益増加に伴ってセキュリティ脅威を予測
  • 人工知能を活用して採用活動を安全に管理
  • 候補者を探す間、Bot が IT セキュリティの役割を果たす
  • 将来に向けた最適なデータ管理を実現
  • OCR が常に顧客情報と患者情報へのアクセスを制限
従業員が作成したセキュリティ用 RPA Bot

従業員が作成したセキュリティ用 RPA Bot

  • 独自の企業ニーズに合わせて Bot を作成
  • ユーザーが作成した独自のコードで Bot の安全性を強化
  • RPA が繰り返しのログインを抑制
  • 従業員がセキュリティ リスクを定義し、特定できるようにする
  • 過去の脅威や現実の脅威に対応するための Bot 作成
  • 24 時間 365 日の Bot の保護により、従業員の負担を軽減

IT セキュリティの自動化に求めるべき要件

サイバーセキュリティは、21 世紀の企業にとって最も重要な投資の 1 つです。RPA プラットフォームが企業にとって最適な保護機能を果たしているかどうかを評価する場合、定評のあるロボティック・プロセス・オートメーション企業を選択することが必要になります。さらに、RPA セキュリティ ソフトウェアを導入して成長するチームをサポートする企業を選択することも必要です。

RPA セキュリティは、自社のニーズに合わせて作成した Bot によって強化されるため、チームがそれぞれのニーズに合わせて Bot を使用し、作成できるようにすることが非常に重要です。ロボティック人工知能を搭載した Document Automation を活用して、チームの日常業務を観察し、その業務を実行することでチームをサポートすることもできます。また、クラウド型 RPA により、物理的な攻撃を防止し、サイバーセキュリティのデジタル インフラを分散化することもできます。

最後に、企業の成長に合わせて RPA プラットフォームを拡張することで、業務を中断することなく、データの侵害、漏洩、マルウェアから保護することができます。

使用を開始するには

また、ライブ デモをリクエストすることで、貴社のニーズに最適なオートメーション・エニウェアの RPA ツールをより適切に判断できます。

もちろん、Bot Store にアクセスして、RPA をサイバーセキュリティ プロトコルに統合している他社の事例 (英語)をご覧いただくことも可能です。

無料体験版 Automation Anywhere
Close

ビジネス向け

パーソナライズされた製品デモをご希望の場合は、クイック アクセスからお申し込みください

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう