マイクロソフトとオートメーション・エニウェアが提携して職場の生産性を最適化

マイクロソフトの生産性アプリとクラウド プラットフォームが、オートメーション・エニウェアのインテリジェント オートメーション プラットフォームと融合

マイクロソフトの Power Platform と、オートメーション・エニウェアによる業界トップ レベルの RPA + AI ツールは、中核となる設計の価値を共有しています。使いやすくてスケーラビリティも高く、極めて安全な製品をつくることです。

その結果として、シンプルでスケーラブル、セキュアなユーザー エクスペリエンスがさらに強化されました。

誰もがアクセスできるシンプルな自動化ツール

Automation Anywhere のユーザー エクスペリエンスはブラウザ ベース。ドラッグ & ドロップ操作による直感的なインターフェースを備え、製品内にステップ バイ ステップの学習機能も用意されています。

マイクロソフトのクラウドすべてにわたるスケーラビリティ

Automation Anywhere は、マイクロソフトの 3 つのクラウドすべてで動作します。つまり、あらゆるレベルでほぼ無限大のスケーラビリティを備えています。さらにメンテナンスも容易です。

最も厳格な要件を満たすセキュリティ

Automation Anywhere のセキュリティ機能は、業界標準および金融機関レベルです。マイクロサービス アーキテクチャが、最新 Web レベルのセキュリティ手法を活用して、Bot、データ、およびユーザーのセキュリティを保護します。

Automation Anywhere の Excel プラグインを使って、Excel のツールバーから Bot を直接制御

Automation Anywhere の Excel プラグインは、Microsoft AppSource から簡単にダウンロードすることができ、いちいち Automation Anywhere に切り替えることなく、Excel 内から直接 Bot の実行・管理が可能です。

Automation Anywhere の Enterprise A2019 プラグインは、プラグイン式の新たな拡張性により、自動化された Excel プロセスを効率良く実行できます。プラグインを取り入れるだけで、すばやいエラーの特定、自動化の優先順位の設定、あらゆる場所からの Bot の実行、これらすべてが可能になります。

 

RPA とマイクロソフト AZURE で業績の向上を達成

世界有数の鉄鋼最大手 ArcelorMittal 社が、時間を節約し、プロセスを標準化して、成果物の品質向上を達成

 

Automation Anywhere ソフトウェアのシンプルさのおかげで、実務担当チームは Bot を使用してチームのプロセスを毎日効果的に管理できるようになりました。

ArcelorMittal、金融システム マネージャー、Sandra Cassot 氏

より良いコンテンツ。より良い意思決定プロセス。マイクロソフトのクラウド プラットフォームに最適化されたインテリジェント オートメーション

micro-img

マイクロソフトの生産性アプリに自動化を適用し、無限の可能性を解放します

短期間で得られる効果

数日または数週間で新しい自動化を作成、検証、供給します。

人的ミスの削減

手動でのデータ転送によるコピー & ペーストのミスを排除します。

従業員の生産性の向上

自動タスクを 24 時間休みなしで、数秒または数分で完了させます。

総所有コスト (TCO) の
削減

シンプルな記録/再生機能で迅速に自動化を開発します。

Automation Anywhere でこれまでないほど自動化が使いやすくなり、誰でも最初から最後まで自動化を実現できます。

「Automation Anywhere と Microsoft Azure を組み合わせることで、ソフトウェア Bot が最大限の効率と精度で動作するインテリジェントなデジタルワークプレイスが実現され、企業はクラウドでインテリジェント オートメーションの価値を引き出すことができます」
IDC、SaaS とクラウド ソフトウェア担当リサーチ ディレクター、Frank Della Rossa 氏

idc

オートメーションを追加するだけ
マイクロソフト + オートメーション・エニウェア = ワークプレイスの生産性