コンプライアンスの自動化のメリットとは

RPA により、企業のガバナンス構造全体において、固有の機会とインサイトを獲得できます。たとえば、コンプライアンスの自動化により、RPA のレポートに基づいて有意義なフィードバックを容易に提供することができます。その結果、経営陣は情報に基づく意思決定を行い、ガバナンス/コンプライアンス ソリューションのセキュリティを強化するために効果的な変更を行い、より革新的なタスクを実行できるようになります。具体的なメリットについて、さらに詳しく見ていきましょう。

効率効率

RPA では、複数のソースからデータを集め、Bot のアクティビティ ログを通じて監査証跡を取得できます。これにより、効率性が高まり、規制当局への報告が強化され、コンプライアンス リスクが排除され、コンプライアンス担当責任者はリアルタイムの品質データ/レポートを受け取ることができ、脆弱性を迅速に特定できるようになります。

機会機会

手動プロセスの自動化により余分な時間を削減できるため、コンプライアンス部門と経営陣は、コンプライアンス プログラムの見直しを行って、プログラムの効率性を高め、従業員は、会社の成長にとってより有益なコンプライアンス活動に専念できます。

生産の合理化合理化

RPA により、簡単な方法で規制コンプライアンスのモニタリング (英語)やポリシーステータスのモニタリングを行うことができます。たとえば、RPA では、活動の完了をサービス レベル アグリーメント (SLA) ごとに、規制要件に合わせて追跡・報告することができます。さらに、反復的なプロセスを合理化して、コンプライアンス プログラムの効率性を高めることもできます。

コスト効果コスト効果

RPA により、ヒューマン エラーや不正確な時間管理に起因するコンプライアンス リスクやコンプライアンス関連の罰則の可能性を回避できます。また、これらの反復的なプロセスを手作業で行う必要もありません。このように、RPA を導入すると、予算を変更することなく、コンプライアンス リスクを解決することができます。

セキュリティセキュリティ

サイバーセキュリティは、企業が情報漏洩を防止し、データ センターのセキュリティを確保するうえで最も重要です。RPA により、ガバナンス、リスク、コンプライアンス (GRC) システムが自動化されてセキュリティが強化 (英語)され、リスクを軽減することができます。さらに、これらのプロセスを自動化することで、リスクを早期に検出して解決できるようになります。

精度精度

データの収集、分析、レポート作成を行って規制コンプライアンスを遵守することで、最も必要な状況でヒューマン エラーの可能性を排除することができます。さらに、コンプライアンス業務全体でエラーの可能性を最小限に抑えることで、ヒューマン エラーの解決に要する時間を削減できます。

コンプライアンスの自動化でセキュリティ コストを削減

RPA とコンプライアンスの自動化により、エラーのないテスト、モニタリング、レポート作成を通じて、会社のポリシー、基準、コンプライアンス規制を満たすことができます。

コンプライアンス プロセスの自動化は何に役立つのか?

RPA 構成により、DevSecOps 全体にコンプライアンス プロセスを組み込むことができます。対象となる部門のニーズに応じて、これらの自動化プロセスを「Attended」 (人間の介入が必要) にすることも、「Unattended」 (人間の介入が不要) にすることもできます。

コンプライアンス部門

コンプライアンス部門

勤務中に時間がかかる反復的なプロセスではなく、より複雑なコンプライアンス プロセスに集中できるようになることで、士気と従業員エンゲージメントが向上します。また、コンプライアンス部門は、コンプライアンス プロセスの見直しに専念して、ニーズの高まりに応じて RPA を最適化できます。

IT 部門とセキュリティ部門

IT 部門とセキュリティ部門

高精度の RPA により、IT 部門とセキュリティ部門は、コンプライアンス プロセス (英語)に関わるリスクの対象と重要度を最小限に抑えることができます。コンプライアンスの自動化は、潜在的な脆弱性を解決し、DevSecOps プロセスによりスムーズに組み込むことができます。

経営陣

経営陣

RPA により、正確な情報を迅速に取得し、そこから得た追加のインサイトに基づいて、是正措置をより簡単に計画できます。コンプライアンス管理により、規制要件を満たし、従業員の時間を効率的に使うと同時に、ステークホルダーの要求にも応えることができます。

コンプライアンスおよび法規制システム

コンプライアンスおよび法規制システム

RPA により、任意のローカル/グローバルなコンプライアンス要件のニーズに対応し、企業とより良い関係を築くことができます。また、社内外のレビュー用に明確な監査証跡を提供することができます。

大手民間保険会社が監査を 80% 削減

企業ロゴ

かつては時間がかかり、多くを手作業に頼っていた補償請求プロセスが、Bot によって今では半分の時間で済んでいます。EXL 社 引用

60%

短縮された処理時間

80%

監査を削減

100%

精度

コンプライアンスとビジネス全体における RPA の効果

あらゆる企業の部門全体で、情報やテスト結果の収集、集計、レポート作成にロボティック・プロセス・オートメーションを活用できます。このプロセスの自動化により、IT 部門の従業員は、以前は手作業で行っていたトレンド分析や定性的な解説に時間を費やすことができます。いくつかの重要な RPA 機能を以下に紹介します。

プロジェクト管理

プロジェクト管理

  • 時間管理とリソース管理の改善により ROI を向上
  • 自動化を通じて戦略を文書化し、優先順位を設定
  • リアルタイムのアナリティクスでパフォーマンスをモニタリング
  • 優れたレビュー分析を通じてプロセスを明確化

セキュリティ運用

セキュリティ運用

従業員支援

従業員支援

  • 合理化された文書レビュー プロセスにより、適切な情報を取得
  • 有意義な KPI を組み込んで、意思決定を支援
  • 従業員のエンゲージメントとモチベーションを向上
  • コンプライアンス プロセスを簡素化して、オンボーディングを簡素化

直感的なコミュニケーション プロセス

直感的なコミュニケーション プロセス

  • モバイル レビューを通じて、場所を問わずに情報を取得
  • Web ベースの自動化により、プロセスを一元化
  • プロジェクトのための情報とリソースの調達方法を案内
  • 容易なコラボレーションを通じて、コンプライアンスやコンプライアンス違反の問題を解決

コンプライアンスの自動化に求めるべき要件

コンプライアンスの自動化ソフトウェアを正しく組み込むことで、RPA により、モニタリング、テスト、リスク評価、苦情・規制管理などを容易に行うことができます。さらに、複数のソースから情報を抽出して、その情報を整理および分析し、データをまとめて、コンプライアンス要件の審査に対応する場合、RPA が役立つ事例は多数あります。しかし、RPA を使用する前に、コンプライアンス チームで RPA の導入を準備する前に評価すべき重要な要素について話し合いましょう。

まず、コンプライアンス プロセスに RPA を組み込む前に、データの品質を評価することが重要でます。また、RPA をうまく統合するには、企業は現在のガバナンス構造内のプロセス、ポリシー、手順、システムも評価する必要があります。RPA はエンタープライズ システムから情報を抽出するため、両者は互換性を持っている必要があります。これらのシステムに修正が必要な場合、RPA を実装する前に修正する必要があります。

コンプライアンスの自動化の使用を開始するには

デジタルトランスフォーメーションに向けて準備しているお客様は、ライブ デモをリクエストして、RPA の各機能がお客様のニーズにどのように応えることができるかをご確認ください。コンプライアンス プログラムのライフサイクルに RPA を組み込むことは、規制要件に対応するための最適なコンプライアンス ソリューションになる可能性があります。

さらに、オートメーション・エニウェアでは、RPA に関する知識を深めて、RPA を活用する決断を後押しするリソースもご用意しています。ご質問がある場合は、担当者に相談することもできます。当社が、RPA を活用してニーズやコンプライアンス規制に対応するための最適な方法を評価できるようお手伝いいたします。

無料体験版 Automation Anywhere
Close

ビジネス向け

パーソナライズされた製品デモをご希望の場合は、クイック アクセスからお申し込みください

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう