プロセスマイニングは、データ サイエンスとプロセス分析手法を使用して、ビジネスプロセスのパフォーマンスを改善、モニタ、計測するための簡単で手頃な方法です。情報に基づいてより的確な決定を下し、リアルタイムに調整し、ほぼ人の介在なく結果をモニタできます。ビジネスプロセス管理に自動化と人口知能を利用するのは比較的新しい手法ですが、プロセスマイニングのコンセプトはそうではありません。

歴史的に見て、企業は問題を特定するために必要な情報を得るために、手動でドキュメントをスキャンすることで担当者の数千という時間を失ってきました。担当者はその後、何が最適なソリューションか、根本原因は何か、変更をどのように実装するかを推測し、最終的に結果を評価するためにすべてを手動でモニタする必要がありました。そして、この方法で問題はありませんでした。ただし、それは未だに意思決定プロセス中に推測することを意味しています。目の前で見ているものがビジネスシステムを正確に表していない可能性があるからです。プロセスマイニングの技法とアルゴリズムは、これとまったく同じ手順をとるデジタルトランスフォーメーションです。

今日、一部の精巧なコード、データ、プロセス分析を用いた自動化されたプロセスマイニング テクノロジーは、プロセス フローのマッピングや最適化に直接関与することなく、イベント ログ生成システムの実際のプロセス パフォーマンスを正確に可視化します。これらには、顧客関係管理 (CRM) システムや財務業務から、エンタープライズ リソース プランニング (ERP) まで、あらゆるものが含まれます。では、プロセスマイニング ツールはどのような仕組みになっているのでしょうか?

ビジネス システム (英語) はログ データを通じてデジタル ペーパー トレイル (行動の記録) を作成します。プロセスマイニング ツールは、このデータからモデルを生成し、プロセス マップを作成します。その後、人工知能 (AI) と他のプログラムがこれらのモデルを評価して、イベントの順序、組織、処理時間などの特徴を把握します。そこから、見つかった問題に関連するコストを判断し、考えられるソリューションのメリットを要約し、確信を持ってデータに基づく決定を下すことができます。その後も、プロセスマイニング アルゴリズムがさまざまなシステムのモニタを継続するため、実装したソリューションの成功の度合いを測定するのに役立ちます。

プロセス データ マイニングがもたらすメリット

プロセス オートメーションは、あらゆるビジネス、グループ、組織に大きなメリットを瞬時にもたらします。これらのメリットは、システムそのものの内部での効率向上から始まりますが、他の領域にも拡大していきます。

従業員トレーニングの有効性を分析し、よくある誤りを特定することで改善につなげられます。販売を拡大する機会を見出したり、新しいプロジェクトの難しい要求を満たせるベンダーを特定することさえ可能です。自動化が進むほど、これらのメリットはより広範囲に及びます。

生産性の向上生産性の向上

ボトルネックをなくし、例外を処理する新たな方法を見つけ、非効率性を排除することで、ビジネスのあらゆる側面においてより短時間でより多くのことを処理できるようになります。その他の AI とオートメーションを既存のプロセスマイニングに追加します。その後、雑務を自動化することで、熟練したチーム メンバーが重要な業務に集中できるようになり、残りの業務はプロセスマイニング情報システムがモニタします。

リスクの削減リスクの削減

すべてが変わらないままであれば、システムは極めて優れていますが、例外が発生すると破滅的な結果になりかねません。手順が忘れ去られ、見落としや誤りが生じます。起こっている事象について主観的な推測に基づいてシステムを最適化すると、予期せぬ状況を考慮に入れることを忘れ、問題をさらに悪化させるリスクがあります。プロセスマイニングによってこのようなリスクが低減するため、ユーザーは確信を持って決定を下すことができます。

従業員満足度の改善従業員満足度の改善

外部からは、エンドツーエンドのプロセスマイニングはビジネスにのみメリットをもたらすように見えますが、それは間違っています。従業員とチームメンバーは、使用しているシステムを信頼でき、雑務や定型タスクを実行する必要がなくなれば、改善と付加価値の提供に対して意欲的になります。また、ぐずぐずと先延ばしにする傾向もなくなります。

精度の向上精度の向上

プロセスマイニングは、理想化されたシステム コンセプトを想定するのではなく、環境を問わずに明確なシステム像を提供します。したがって、失敗の余地が少なくなります。ただし、プロセスマイニングには一貫性もあり、より単純なタスクは同じプロセスに従って処理されます。

コストの削減 コストの削減

プロセスマイニングは、対処すべき誤りの数を減らし、時間の浪費を削減して、必要な情報をさらに多く提供し、売上と顧客満足度の向上につながる業務に専心するための柔軟性をもたらします。多数のユース ケースが蓄積されており、ほぼすべての業種で非効率性を解消する方法を示しています。

開かれた機会開かれた機会

プロセスマイニングはイベント ログを作成するあらゆるシステムと連携するため、以前は隠れていた機会を簡単に見出すことができます。ニーズをより的確に満たせるベンダーを特定したり、十分に活用されていないポジションや従業員を見つけたり、改善の余地のあるパートナーを明確化することができます。プロセスディスカバリーとロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) を組み合わせれば、可能性は無限大です。

Now & Next

必読かつ唯一無二の業界レポート

驚異の 380% ROI を達成するため、トップ企業はどのように RPA を活用しているのか? 内部事情に踏み込んだスクープ記事をNow & Next: RPA 業界の最新情報レポートでご覧いただけます。

誰がプロセス マイニングを使用するのか?

製品をお客様に届ける、完璧な財務サービスを提供する、あるいは高品質な教育製品を供給するなど、どのような目的であっても、ビジネス全体でプロセスマイニングのメリットを享受できます。シンプルな Bot が裏方として稼働し、プロセス内の問題領域を特定して、高い精度でそれらの問題をモニタします。これらは手頃で、スケーラブルかつ柔軟なため、会社に変革をもたらします。プロセスマイニングには、以下のような用途があります。

電子商取引電子商取引

プロセスマイニングを使用すると、マーケティング、Web 開発、さらには営業チームにさえ、明白なメリットがあります。顧客の行動や購買決定についてより多くのことを把握できるようになるため、固定観念に基づくペルソナへの依存を減らせます。推奨エンジンを改善して、アップセリングの不明点を取り除くことができます。

カスタマー サービスカスタマー サービス

Salesforce、SAP および他の多くの CRM プログラムはイベント ログを作成するため、プロセス マイニングに打ってつけです。この情報を使用して、ライフサイクル追跡を自動化し、改善の余地のある領域を明らかにして、潜在顧客を追跡する効率を高めることができます。結果として、利益を生み出す潜在顧客により多くの時間を費やし、期待できない潜在顧客に費やす時間を減らすことができます。

製造製造

製造で成功を収めるには、サプライ チェーン、CRM、エンタープライズ リソース プランニング (ERP) などを評価、モニタ、追跡する必要があります。それにより、無駄の削減、効果的なリソース割り当て、正確で定量化可能な生産性測定値の取得をより的確に行えるようになります。その後、データに裏付けられた提案をし、意思決定を下し、変更の ROI をリアルタイムで確認できます。

教育教育

より良いコースを提供し、高い学習成果をあげるには、学生の学習状況と苦戦している点を把握する必要があります。プロセスマイニングを使用すると、学生がどこに時間を費やしているかを検出および追跡し、結果を比較して、その情報をコースの内容に対して照合できます。その結果、すべての人がより少ない労力でより高い成功レベルを達成できるようになります。

医療医療

自動化されたビジネスプロセス管理 (英語)を通じてプロセスを改善することで、医療業務がわかりやすくなり、主要業績評価指標 (KPI) との照合が容易になります。治療プロセスと、それが医療施設、専門家、患者にどのように影響するかについて、より多くのことを確認できます。患者のケアを改善し、ボトルネックを削減し、成果を追跡して、あらゆる意思決定の精度を向上できるようになります。

ソフトウェアソフトウェア

ソフトウェア開発は多くの場合、生産性がありつつ混沌としています。プロセス マップは、すべてのものがどのように機能し、それぞれの人がプロセスのどこに適しているのかを可視化して、誰もが明確に把握できるようにすることで、こうした混乱状態に秩序をもたらします。その後、これを他の人工知能ソリューションと併せて使用すれば、すべてを追跡してドキュメント化し、すべてをモニタして、問題のある状況を瞬時に特定できます。

プロセスマイニングとビジネスプロセスに関するよくある質問

プロセスマイニング手法には、3 つの基本タイプがあります。

ディスカバリー プロセスマイニング

  • 最初のプロセス モデルを作成するときに使用されます (以前のモデルなし)

  • データはログ データからのみ取得されます。

  • 既存の運用プロセスのプロセス マップを作成します。

適合性チェック

  • 以前のモデルが存在する場合に使用されます。

  • イベント ログ データと既存のモデルを比較します。

  • 例外と特異イベントを特定します。

強化

  • 現在のモデルを使用します。

  • タイミング、コスト、他の特徴の点で既存モデルを改善する方法を探します

  • プロセスの最適化に適しています。

いいえ。プロセスマイニングは、イベント データ ログを生成するシステムでのみ機能するテクノロジーです。ビジネス運用の多くの領域に、さまざまな手順をマッピングします。これらの作業プロセスを特定し、それらを評価し、エンドツーエンドでプロセス内で何が起こっているかについてインサイトを得るために役立つ知識を抽出します。プロセスディスカバリーでは、人がビジネスプロセスとどのようにやり取りしているかを学習および分析して、この情報をログ データとともに使用します。

はい。変更を実装した後も、プロセスマイニングは引き続き有益なビジネスプロセス管理 (BPM) ツールとなります。これらのシステムを継続的にモニタし、然るべき成果を得られるようにします。また、完全な監査証跡を取得できるため、コンプライアンスや他のビジネス目的で使用できます。

もちろんです。ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) は、プロセスマイニングと並んで不可欠なツールとなってきました。RPA は、成果が低いにもかかわらずコストのかかる、時間を大量に消費する日常的なタスクや定型タスクを自動化できます。これにより、チームは日常的なタスクを期限内に完了することに気を取られることなく、スキルと専門知識を活かせるより重大なタスクに専念できるようになります。

ビジネスプロセス管理 (BPM) を最適化するというアイデアは、最初はシンプルに思えます。プロセスを監視し、ワークフロー内の問題のある場所を指摘し、何らかの方法でワークフローに変更を加えて、困難な問題を軽減します。残念ながら、プロセスを簡素化すると、複雑な手続きに伴う微細な情報をすべて見落としてしまい、システムの実際の機能に関して誤解が生じることになります。

すべての人が、手続きのそれぞれの手順に関与しているわけではありません。間違った習慣とエラー回避方法が標準的なプラクティスになってしまいます。さらに、何かが変わることで、システムを変更せざるを得なくなる場合があります。その結果、時間の浪費、ミス、不正確、財務上の損失につながり、さらに重大な問題につながることさえあります。

ビジネスプロセスのコスト効率、柔軟性、精度を確保することで、変更に対して迅速に適応し、新たに見つかった空き時間を顧客対応と顧客満足度の維持に費やせるようになります。すでに使用しているシステムをさらに活用するだけで、コストが削減され、ROI が増加します。

プロセスマイニングを始めるには?

ビジネス情報システムの自動化、最適化、再設計は、システムの理想像ではなく実際のデータに基づいて行う場合にのみ効果を発揮します。そのためにはプロセスマイニングが最適な足掛かりとなります。そのためには、最初に計画を立てる必要があります。

最適な結果を得るには、プロセス全体を通して導いてくれるドキュメントを作成しましょう。ビジネス目標のリストを作成し、それぞれの目標に関連する優先度と主要業績評価指標 (KPI) の情報を明らかにします。さまざまなタスクのタイムラインを緻密に計画し、すべての人が大筋で同意するよう確保するために、主要な関係者のリストを作成します。最後に、潜在的なデータ ソースと、それぞれが目標にどう関係するのかを含むメリットのリストを明確にします。

追加リソースをご覧ください

CRM オートメーション

What is
デジタル アクセラレーションとは? (英語)

デジタル アクセラレーション (英語)
IBM オートメーション

What is
オートメーション ソフトウェアとは? (英語)

オートメーション ソフトウェア (英語)
オートメーション ソフトウェア

What are
ソフトウェア Bot とは?
(英語)

ソフトウェア Bot (英語)
ロボティック・プロセス・オートメーション

ロボティック・プロセス・
オートメーション (RPA)

ロボティック・プロセス・オートメーション
無料体験版
Close

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう