現代のビジネスは、さまざまな方法で成長を遂げています。「従来型のビジネス構造」など、もはや存在しません。クラウド テクノロジー、人工知能、オートメーションの登場により、可能性は無限に広がっています。

この機会に満ちた世界では、製品はクラウド サービス モデルで構築されます。SaaS (サービスとしてのソフトウェア)、IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ)、PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) はすべて、クラウド テクノロジーをベースとして構築されています。これらはビジネス全体で活用され、同じビジネス内に共存している場合もあります。クラウド テクノロジーとオンサイト ハードウェアが混在するハイブリッド クラウド サービスとして、あるいはオンプレミスの要素をまったく持たないフル クラウド コンピューティングとして運用されています。

クラウドのおかげで、柔軟なビジネス運営がはるかに容易になります。しかし、本番環境においてビジネス プロセスを効率的に処理することは、多くの企業にとって依然として課題となっています。人材とシンプルかつ複雑なプロセスを組み合わせて最善の方法でビジネス目標を達成するには、どうすればいいのでしょうか?

ビジネス プロセス サービス (BPS) は、こうしたニーズから生まれました。組織の特定のプロセスを、そのプロセスに特化した企業に任せる仕組みです。たとえば給与計算は、アウトソーシングするプロセスとして一般的です。

しかし、このビジネス・プロセス・アウトソーシング (BPO) も、テクノロジーと無縁ではありません。より多くのサービス プロバイダーがクラウドに移行する中、クラウド サービスに新たなサービスが登場しました。それが、BPaaS モデルです。

BPaaS に関するよくある質問

BPO と BPaaS は、いずれもビジネス プロセス サービスです。最大の違いは、プロセスを実行する手法にあります。BPO とは、人間のスキルと労働力をアウトソースする外部企業のことです。BPaaS は、クラウドをベースとしてビジネス プロセスの自動化を進め、複数のクライアントに対応するように構築されるサービスです。
BPaaS ソリューションは、AI および自動化テクノロジーと、人間の創造力を組み合わせたものです。BPaaS によって、従来のアウトソーシングが完全に不要になるわけではありません。むしろ、BPaaS によるプロセス オートメーションを追加することで、無駄なビジネス プロセス管理 (BPM) (英語) を低コストで効果的に実施できるようにするのです。
はい。ただし、そのためには、BPaaS プロバイダーが、明確に定義された API を用意する必要があります。また、複数の言語や展開環境に対応することで、クラウド サービス モデルの最大のメリットの 1 つである柔軟性を確保することも必要です。
もちろんです。スケーラビリティは、機能の中核とも言える特徴です。BPaaS ソリューションは、プロセス管理システムとしてスケーラビリティを備え、クライアント組織がビジネス目標を達成できるようにサポートする必要があります。

BBPaaS で実現できることを教えてください

BPaaS のような製品のニーズは、ビジネス プロセス最適化のニーズと直結しています。BPM の 1 つの手法である BPaaS の目的は、より効率的・効果的で、順応性に優れたワークフローを実現できるように組織を支援することです。BPaaS を導入すると、より柔軟かつ低コストで、こうした目標を達成できるようになります。

オートメーションはその主な構成要素です。オートメーションにより、作業時間が短縮され、ミスを削減することができます。BPaaS のメリットを詳しく見てみましょう。

最新のテクノロジー

SaaS は従来、よりエンタープライズ向けの市場でした。十分に活用するには、社内に膨大な専門知識とリソースが必要だったのです。一方、BPaaS では、小規模なビジネスでもテクノロジーをアップグレードでき、SaaS を十分に活用できるだけの管理能力を得ることができます。

常に最新の状態を確保

テクノロジーによっては、プラットフォームが旧式になってしまう懸念があります。しかし、優れた BPaaS プロバイダーを選べば、こうした懸念は払しょくされます。優れたプロバイダーなら、クラウド分野の機能性と可用性を活かして、テクノロジーの機能を常に最新に保つことができるのです。

柔軟性

BPaaS の最大のメリットの 1 つはスケーラビリティです。プロバイダーは、カスタマイズを念頭に置いた価格モデルを使用します。つまり、企業の成長に合わせてソリューションが拡張するということです。ビジネスの変動に応じてシステムをアップグレードまたはダウングレードする必要はありません。

コスト効果

従量制の料金体系ほど、ビジネスにとってコスト効果の高い価格モデルはありません。多額の先行投資は不要です。サービス ニーズが拡大した場合に限り、支払額が増える仕組みです。つまり、BPaaS サービスは非常にコスト効果が高いと言えます。自社の規模に見合わない大規模なソリューションに過大な料金を支払ったり、必要な範囲をカバーしていない BPM を契約したりする必要はないのです。

プロセスの効果

多くの場合、BPaaS サービスは、ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) を通じて提供されます。RPA は、人間の創造力を必要としない日常的なビジネス タスクを代行します。たとえば、ビッグ データを検証し、毎回同じ方法でレポートを作成するようなタスクです。その結果、データを隈なくチェックして統合するプロセスを効果的に進められるようになり、人為的なミスが削減されます。

カスタマー エクスペリエンスの向上

RPA は BPaaS の一部であるため、より信頼性の高いビッグ データを簡単に入手できます。たとえば、コール センターのオペレーターは、電話番号に基づいて顧客のデータを引き出すことができます。RPA があれば、顧客が過去に購入した製品、抱えている問題、現在の通話までに実施されたプロセスといった情報を確認することができます。そのおかげで、不満を抱く顧客が減り、自分が企業によって大切に思われていて、自分とのビジネスが望まれていると感じてもらえるようになるのです。

BPaaS のユーザー像は?

BPaaS は、特定の業界や職務で日常的に使用されます。たとえば、医療業界では、治療手順に関する要望を処理するためにこの手法を活用している組織があります。あらゆる業界の経理部門では、サービスとしてのビジネス プロセスを利用して税務関連の書類作成を自動化しています。

IT チームでは、BPaaS を利用してネットワークを管理・監視し、インフラのトラブルシューティングを行い、ユーザーのニーズに対応しています。HR 部門では、従業員リソースのプロビジョニング / プロビジョニング解除のプロセスを自動化しています。サプライ チェーンとロジスティクス部門では、計画管理業務を改善しています。

具体的なユース ケースをご紹介します。

医療

医療業界では、要望事項を処理するために非常に時間がかかり、ミスがあった場合は多大なコストが発生します。こうしたタスクをサービスとしてのビジネス プロセスでアウトソーシングすることで、適切かつ効率的に処理できるようになります。要望事項を処理することから解放され、患者に必要な治療を施すことに専念できます。

経理

BPaaS を経理で使用すると、請求書の処理、受注から回収までのリクエスト、調整作業を最新のツールを用いて自動化できます。さらに、規制に順守していることを確認しながら、監査可能な方法で業務を遂行できるため、安心感が得られます。

IT

BPaaS を利用する顧客が最も頻繁に活用している職務分野と言えます。ネットワークの監視や、クラウド リソースの構成、アプリケーションやデータベースにおけるエンド ユーザー用の正しいデータの準備といった複雑なバックグラウンド プロセスを処理するために、コストと時間をかけてプロフェッショナルを雇う必要がなくなるからです。

人事

BPaaS が提供するオートメーションは、新人研修、フィードバック・従業員エンゲージメントの測定手段の導入、分析を用いた事業部門における最適な意思決定など、複数の人事機能にとって重要な役割を果たしています。さらに、このオプションを活用することで、レガシー システムではなく最新システムを利用してプロセスを完了できるというメリットが得られます。

無料体験版
Close

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう