「クラウド ネイティブ」の定義を人に尋ねると、おそらく様々な答えが返ってくるでしょう。しかし、クラウド ネイティブ テクノロジーには非常に具体的な定義があり、非常に特殊な方法で構築されたものであり、ほぼ無限のアプリケーションがあります。

クラウド ネイティブなシステムを導入する組織の増加に伴い、2015 年に Linux Foundation により設立された Cloud Native Computing Foundation (CNCF) によると、その特徴は以下のとおりです。

  • クラウド ネイティブ テクノロジーは、特にスケーラビリティを目的として構築されている。言い換えれば、高速かつ大規模なスケール変更と回復力を実現するために設計されている。

  • クラウド ネイティブ アプリケーションは、シングル インスタンスのオンプレミス オペレーティング システムではなく、パブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウドなど、最新のダイナミックな環境で実行される。

  • クラウド ネイティブ アプリは、マイクロサービス アーキテクチャで作られている。ソフトウェア アプリケーションは、コンテナー化されたより小さい (マイクロ) コンポーネントで構築されているため、どのインフラストラクチャでもテストできる。

  • マイクロサービスがコンテナー化されていることにより、ソフトウェア アプリケーションは、継続的なインテグレーションと継続的なデリバリー (CI/CD) の運用手法を使用してアップデートできる。CI/CD により、1 つのコンテナーにあるマイクロサービスをダウンタイムなしでアップデート、テスト、およびライブでプッシュすることができる。

これを次の特徴を持つモノリシック アーキテクチャと比較してください。

  • 1 つのユニットとして設計および開発されている。

  • 基盤となるインフラストラクチャに 1 つの論理的な実行可能ファイルがある。複数の部分が動作するのではなく、1 つのユニット (モノリス) として動作する。

  • モノリシック アプリケーション アーキテクチャは、1) サーバー側のアプリケーション、2) クライアント側のユーザー インターフェース、3) データベース上に構築される。ソフトウェア開発のアップデートは、サーバー側のレベルで行われるため、ダウンタイムは不可避。

クラウド ネイティブ アプリケーションが注目される理由

クラウド ネイティブのアプローチは、回復力、移植性、機敏性など、多くのメリットをもたらします。さらに、これらのメリットは IT チームをはるかに超えた範囲にも及びます。

運用の柔軟性運用の柔軟性

ビジネスにクラウド ネイティブ アプリケーションを使用すると、ハイブリッド クラウド、パブリック クラウド、プライベート クラウド、またはマルチ クラウドの環境でも、そのビジネスをサポートするプログラムを実行する方法にさらなる柔軟性が生まれます。そのため企業は、いずれか 1 つのプラットフォームを使用しなければならないことはなくなります。クラウド ネイティブ環境では、アプリケーションが実行されているプラットフォームではなく、どのようにアプリケーションが構築されているかが重要であるためです。

エラーが原因で発生するオーバーヘッドの削減エラーが原因で発生するオーバーヘッドの削減

最新ビジネス テクノロジーのメリットの 1 つに、ビジネス プロセスの自動化があります。自動化は、すべてのクラウド環境に組み込むことができ、企業を無駄のないひとつの目標に焦点を合わせたチームに変換するのに役立ちます。繰り返す手動による管理タスクに作業時間を無駄にするのではなく、従業員はこれらのタスクを自動化して最も重要なタスク (潜在顧客の生成、カスタマー サービス、顧客維持) に集中することができます。

ダウンタイムなしダウンタイムなし

Kubernetes などのコンテナー オーケストレータのおかげで、システムをシャットダウンせずに、ソフトウェア アップデートを組織のエコシステム全体にプッシュできます。これにより IT チームは、ビジネスを続けながら、アップデートをテスト、最適化、プッシュできます。

イノベーションイノベーション

クラウド ネイティブ アプリケーションに組み込まれた自動化により、新しいデジタル製品およびサービスをより簡単かつ高速に導入できます。また、これらのアプリケーションは組織のエコシステム全体のデータを収集するため、データに関する有益なインサイトが得られ、情報に基づいた決定を下すことができます。

管理も容易管理も容易

クラウド ネイティブ アプリは、特に保守や管理業務を簡素化するために設計されているため、ビジネス オペレーションに統合して、互換性や柔軟性の低いプログラムと置き換えることができます。

コストの削減コストの削減

ダウンタイムやエラーを削減すれば、顧客満足度が上がります。また、これらすべてがオーバーヘッドの削減にもつながります。しかし、言及されないままになりがちな大きなコストは、その企業にとって大きすぎるシステムを所有していることです。オンプレミス アプリケーションには一般的に大規模な先行投資が必要です。システムのインフラストラクチャおよびデータ センターを作る必要があります。しかし、データ センター容量のうち使用されるのは約 3 分の 2 です。これが TCO の増加につながります。クラウド ネイティブ アプリケーションは、「使用した分だけ支払う」モデルを採用しています。そのため、データ センターの 30% しか使用しない場合、その分だけ支払います。

Now & Next

必読かつ唯一無二の業界レポート

驚異の 380% ROI を達成するため、トップ企業はどのように RPA を活用しているのか? 内部事情に踏み込んだスクープ記事をNow & Next: RPA 業界の最新情報レポートでご覧いただけます。

モノリシックとマイクロサービスの違い

最新のクラウド テクノロジーは目まぐるしく進化しており、ビジネス向けアプリケーション開発がクラウド ネイティブ アーキテクチャで行われることが多くなりました。

このクラウド ネイティブ化のトレンドは、新しいアプリケーション開発の範囲を超えています。代表的な例が、Microsoft Office Suite です。SMB からエンタープライズまで何千もの企業で使用されている Microsoft Office は、MS Excel (英語) におけるわずかなマクロによるワークフローから、Office 365 における成熟したクラウド インフラストラクチャまで大きく成長しました。今では、誰でもオンラインでサブスクリプションを購入し、文字通り数分以内に普段使用しているブラウザ内で製品の使用を開始することができます。

従来の MS Office と Office 365 の違いは小さいように見えます。しかしながら、バックエンドでは概念およびプロセスの開発が完全に変わっています。

従来のソフトウェア開発では、1 つのソフトウェアにたくさんのチームが関わることが珍しくありません。外面的には、素早く開発してリリースするための方法のように見えますが、アプリケーション全体を把握している人がチーム内に 1 人もいないことがよくあります。ご想像のとおり、その場合、アプリケーションのアップデート作業が悪夢になる可能性があります。

エンタープライズ DevOps (開発とオペレーション) は、新しい機能、アプリケーション、サービスをより早く提供することを可能にする原理、ツール、プラクティスの組み合わせです。DevOps は、複数のチームをより小規模の 1 つのチームに統合します。エンジニアは、例えば、開発、オペレーション、品質管理、セキュリティのチームにサイロ化されるのではなく、ライフサイクル全体に関わります

品質を下げることなくチームを小さくするにはどうするか? その答えはオートメーションです。オートメーションにより、BPaaS (英語) や SaaS 企業などのクラウド プロバイダーは、より小さな DevOps チームで堅牢なビジネス アプリケーションを開発できます。

クラウド ネイティブに関するよくある質問

ビジネス クラウド プラットフォームは、パブリック クラウド環境以外でも使用できます。クラウド ソリューションを利用している企業のリストに自社を付け加えるだけではなく、プライベート クラウド プラットフォームやハイブリッド (オンサイトとクラウドの融合) ソリューションも選択できます。

これには、いくつかの理由があります。クラウド ネイティブ アプリケーションは、高速で構築および開発されます。チームは小さく、また専属です。クラウド プラットフォームはスケーラブルで、複数のクラウド環境全体でより優れた機敏性や移植性を実現します。上記すべての理由により、コスト効率の良いビジネス アプリケーションが大量に生まれています。一方で、モノリシック アーキテクチャはクラウド プロバイダーやプラットフォームに比べて徐々に人気を失っています。

もちろんです。マイクロサービス、コンテナー化、ビジネス プロセスの自動化により、クラウド ネイティブ サービスは機能性と拡張性に十分な柔軟性を持ち、あらゆる規模の企業が利用できます。

クラウド ネイティブとは、プログラムがどこにあるかではなく、プログラムがどのように構築されているかに関係があります。Amazon Web Service、Google Cloud Platform、IBM (英語) Cloud などのサービスでは、クラウド プラットフォームでクラウド ネイティブ アプリケーションが実行されます。

Docker と Kubernetes を比較するのは、オレンジとオレンジ ジュースを比較するようなものです。どちらが良いかではなく、両方良いということです。テクノロジーは異なりますが、両方ともコンテナー化されたアプリケーションの作成、提供、スケーリングに適しています。

Docker はオープン ソース テクノロジーで、アプリケーションに移植性を持たせるようにコンテナー化します。移植性のあるアプリケーションは、クラウドまたはオンプレミスに配置できます。

Kubernetes は、オープン ソースのコンテナー オーケストレータです。Docker コンテナーをポッドにグループ化することで、API を介して実行される方法を制御できます。この機能は、システムの複雑性が高い場合にとても便利です。Kubernetes を使用すると、仮想マシンのクラスターを整理し、ポッドを各リソース要件と使用可能なコンピューティング リソースに基づいて実行できます。

クラウド ベースのアプリケーションは、従来のソフトウェアのシングル スタックのように強固に統合されています。それが原因で、クラウドベースのアプリケーションはアップデートがより面倒になり、ダウンタイムも発生します。

クラウド ネイティブ アプリケーションの場合、相互の結合が弱いのに、展開しなければいけないハードウェアやソフトウェアがありません。アップデートは、より小さなコンテナー化されたサービス (マイクロサービス) を介して行われるため、より高速かつ簡単に展開できます。

クラウド ネイティブの使用を開始するにはどうすればよいですか?

クラウド ネイティブ アプリケーションは、クラウドに移行するプロセスを決定すれば使用を開始できます。次に、現在のプロバイダーと、既存システムと統合する最適な方法について話し合います。

ただし、プロバイダーがクラウド サービスを提供しているからといって、クラウド ネイティブ サービスを提供するとは限りません。そのため、そのビジネス ソリューションがクラウド ネイティブであるかどうかを常に確認することが重要です。

追加リソースをご覧ください

CRM オートメーション

What is
オートメーション ソフトウェアとは? (英語)

オートメーション ソフトウェア (英語)
IBM オートメーション

What is
OCR とは?

OCR
オートメーション ソフトウェア

What are
ソフトウェア Bot とは?
(英語)

ソフトウェア Bot (英語)
ロボティック・プロセス・オートメーション

ロボティック・プロセス・
オートメーション (RPA)
とは?

robotic-process-automation
無料体験版
Close

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう