コグニティブ オートメーションのしくみ

RPA におけるコグニティブ オートメーションとは、非構造データや不明瞭なデータの扱い方を人間から学習する Bot で、プロセスをエンドツーエンドで自動化できるようにすることです。IQ BotTM は、まったく構造化されていないデータにも対応できます。

「AI は、そのコンテンツ指向プロセスを自動化する能力により、RPAを補完する理想的な技術であると言えます。AIとRPAを併用することで、業務プロセスをエンドツーエンドで自動化できます。AI を利用して文書を取り込み、解析、分類し、その意味または感情を理解し、必要なアクションを RPA に渡します。最後に、AI を活用して顧客宛てにE メールや文書を作成し、送信します」 – Everest Group、バイスプレジデント、Sarah Burnett 氏

AI によって拡張された新しい RPA

コグニティブ オートメーションで変化をリード

プロセス開始前に非構造化データを探して整理しなければならないため現時点では手作業に大きく依存しているビジネスプロセスでも、IQ Bot を使えばその 80% を自動化できます。

ユーザーは、データ サイエンティストや高度な訓練を受けたエキスパートに頼ることなく、コンピューター ビジョン、自然言語処理 (NLP)、ファジー論理および機械学習 (ML) などの最新 AI 技術を駆使して非構造化データの処理をエンドツーエンドで自動化できます。

時計アイコン
きわめて直感的

10 分の 1 の時間でセットアップ可能

グラフ アイコン
短期間で価値を生み出す

4 週間以内にエンドツーエンドの自動化を 70% 達成

矢印アイコン
継続的に学習

人間によるフィードバックから学習

チェック アイコン
エンドツーエンドの自動化

既存のワークフローの変更が不要

情報を可視化

コグニティブ オートメーションで非構造化データを構造化

従来の自動化では企業が保有するデータや情報の大部分にアクセスすることができません。そのため、苦労して適切な情報を見つけ出し、ビジネスプロセスに「提供する」という業務をナレッジワーカーが手作業で行っています。

隠れたデータを発見して構造化データに変える方法を IQ Bot に学習させることで、手作業によって発生するヒューマンエラーを排除しつつ、迅速かつ効率的にビジネス プロセスを自動化することができます。

ダーク データ

プラットフォーム間のギャップを解消

あらゆるビジネスプロセスに活用できるコグニティブ オートメーション

IQ Bot は、IBM Watson のような他の AI ソリューションと統合して、RPA と専門のコグニティブ プラットフォームの間のギャップを埋める目的で構築されたコグニティブ オートメーションです。

 

iqbot congnitive

IQ Bot のしくみ

機械学習と AI を日常的なプロセスに適用

Recognize
教師なし学習

認識

コンピューター ビジョン

非構造化コンテンツを認識してカテゴリー化する事で、Bot による意思決定データのインテリジェントな抽出を実現

理解
コンピューター ビジョン

理解

自然言語処理

コンテンツの意味と意図を理解し、意思決定を改善

質の向上
教師あり学習

質の向上

ファジー論理

抽出されたデータを検証して質の向上を図るためにエンタープライズ アプリケーションに対する音声アルゴリズムとファジー ストリング マッチングを実施

改善
教師あり学習

改善

機械学習

人間の行動を観察する事によって学習し、その領域の専門性を高め、精度の向上と例外の削減を実現

コグニティブRPAの効果は8週間以内に実感できます

コグニティブ RPA で、機械学習と AI を日々のビジネスプロセスに適用しましょう。

  • 納税申告用紙
  • 教育文書
  • 顧客確認 (KYC)
  • 契約書
  • 配達証明
  • その他さまざまな用途に対応

コグニティブ オートメーションでデジタル フットプリントを拡大

コグニティブ RPA は、非構造化データに隠された重要な情報を検出し、他の Bot やアプリケーションが処理できるように構造化する方法を人間から学ぶことで、ストレート スルー プロセッシング (STP)、すなわち人間の関与が不要なエンドツーエンドの自動化を飛躍的に向上させます。

IQ Bot リソース

アナリスト

Everest Group のレポート

ケース スタディ

グローバル バンク

プレス リリース

プレス リリース

RPAにAIを追加して
業務自動化をさらに加速しましょう

お客様の多様なニーズに応えるインテリジェント デジタルワークフォースの活用をご検討ください。