コグニティブ オートメーションの仕組み

RPA におけるコグニティブ オートメーションとは、非構造化データや不明確なデータの処理方法を人から学び、プロセスをエンドツーエンドで自動化することのできる Bot の導入を意味します。IQ BotTM は最も難解な非構造化データに対応可能です。

 

「AI が RPA にとって理想的な相補的技術であるのは、コンテンツ中心のプロセスを自動化させることができるからです。この 2 つの技術を組み合わることで、組織は AI を活用したドキュメントの取得、構文解析、分類、意味合いの理解、また RPA に必要なアクションの実行等、エンドツーエンドでプロセスを自動化させることができます。最終的には AI を使用してクライアントへの承認書、テキスト メッセージや E メールを作成します」 - Everest Group Vice President, Sarah Burnett

AI により強化された新たな RPA

コグニティブ オートメーションで変革をリード

IQ Bot は、現状ではプロセスを開始するための非構造化データの認識と整理を主に人が実施している、80% のビジネスプロセスに対応できるよう設計されています。

ユーザーはコンピューター ビジョン、自然言語処理 (NLP)、ファジー論理、機械学習 (ML) などの最新の AI 技術を使用し、データ サイエンティストや高度なトレーニングを受けた専門家を必要とせず、非構造化データの処理をエンドツーエンドで自動化できます。

アイコンをクリック
最も直感的

ビジネス ユーザーによるセットアップ時間を 10 分の 1 に短縮

グラフアイコン
短期間での価値の実現

4 週間以内で 70% のエンドツーエンドを自動化

矢印アイコン
継続的に学習

人の目を通したフィードバックから学習

アイコンをクリック
エンドツーエンドの自動化

既存のワークフローへの変更不要

ダーク データを捕捉

コグニティブ オートメーションは非構造化データを構造化します。

従来の自動化では、企業のデータや情報の大部分にアクセスすることができないため、ナレッジワーカーにとって適切な情報を見つけ、 ビジネスプロセスに入力するのは大きな負担です。

IQ Bot に見えないデータの発見や変換方法を教えることで、ビジネスプロセス をより迅速に、より効率的に自動化すると同時に、人的ミスをなくすことができます。

ダークデータ

明確なギャップを埋める

コグニティブ オートメーションはどのビジネス プロセスにも対応します

IQ Bot は目的を持って開発されたコグニティブ オートメーションで、 IBM Watson 等の他の AI ソリューションと統合し、RPA とコグニティブ専用のプラットフォームのギャップを埋めます。

 

iqbot コグニティブ

IQ BOT の中身

日常のプロセスに適用できる機械学習と AI

認識
教師なし学習

認識

コンピューター ビジョン

非構造化コンテンツを認識・分類し、Bot がインテリジェントに意志決定に関するデータを抽出できるようにします

理解
コンピューター ビジョン

理解

自然言語処理

コンテンツの意味や意図を把握し、意思決定能力を向上させます

補足
教師あり学習

補足

ファジー論理

企業のアプリケーションに対して音声アルゴリズムや曖昧な文字列をマッチングさせ、抽出したデータを検証し補足します

改善
教師あり学習

改善

機械学習

人間の動作を観察することで学習し、専門知識を得ることで精度を上げ例外処理を減らします

素早い決断。8 週間以内に RPA の効果を実感できます

コグニティブ RPA で日常のビジネス プロセスに機械学習と AI を適用。

  • 税務書類
  • 教育関係書類
  • 顧客確認 (KYC)
  • 契約書
  • 配達確認

コグニティブ オートメーションでデジタル フットプリントを拡大

コグニティブ RPA は、人から非構造化データに隠された重要なデータの検知方法を学び、他の Bot やアプリケーションで処理できるよう構造化することで、ストレート スルー プロセッシング (STP) を大幅に向上させ、人の関与を必要としないエンドツーエンドの自動化を実現します。

IQ BOT のリソース

アナリスト

zerotosixty

ケース スタディ

国際銀行

プレス リリース

プレスリリース

IQ で Bot を加速

今すぐインテリジェントなデジタル ワークフォースの構築を始めましょう!