英語版のブログはこちらをクリックしてください

1 つの RPA プラットフォームであらゆる市場セグメントに 対応

2019年 11月 12日 プロダクト インサイト 執筆: Saba Mirza
frictionless-rpa

ビジネスプロセスのスムーズな自動化は、珍しいことではなく当たり前のことであるべきです。それを実現すべく、オートメーション・エニウェアは、業界を先駆けた完全に Web ベースでクラウド ネイティブのロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) プラットフォーム、Enterprise A2019 を発表しました。このプラットフォームは、すぐに利用可能な機能が備わっているだけでなく、使いやすく、すべての市場セグメントのニーズを満たすよう設計されています。

Community Edition の最新のアップデートにより、そのミッションがさらに促進され、個人から大企業まですべてのユーザーが気軽に Bot とオートメーションを構築できるようになりました。

この Enterprise A2019 の無料版では、完全なインテリジェント オートメーションに必須の機能が単一のプラットフォームに盛り込まれています。あらゆるプロセスやプラットフォーム、デバイスに対応した RPA、アナリティクス、人工知能 (AI) などのデジタルワークフォースのすべての機能が利用できます。普段ご利用の Web ブラウザからログインするだけで、コンシューマー向け製品のようなエクスペリエンスをお試しいただけます。

インテリジェント オートメーションに必須のすべての機能を、単一のプラットフォームで、しかも無料でご利用いただけます。
Community Edition A2019 は主に次の 4 つのかたちでスムーズなエクスペリエンスを提供します。

1. Web ベースのエクスペリエンス

使いやすいドラッグ & ドロップ インターフェースを活用し、Bot 作成機能をすべてお試しいただけます。オートメーションの初心者の方もテクノロジーに精通した方も、製品内のチュートリアルを利用して学習できます。

RPA を初めて使用する方でも、「記録」をクリックするだけで、プロセス内で実行するすべてのアクションをキャプチャできます。その後、ソフトウェアで Bot が構築され、エンドツーエンドでプロセス全体が自動化されます。

RPA の使用経験があり慣れている方は、行ごとのリスト ビューを使用して、オートメーション機能をさらに拡張できます。

開発者の方は、Community Edition が提供する完全なプラットフォームを活用してさらに学習、構築、革新を進めることができます。Python、Java、VBScript などで作成した独自のコードを使用して、さらに高度な オートメーションを構築したり、AI をプロセスに組み込んだりすることもできます。

2. クラウド ネイティブのプラットフォーム

Community Edition はクラウドに展開されているため、いつでもアクセスでき、常に最新のテクノロジーが使用できます。

世界中のどこからでもログインでき、Bot の構築やアクセスが可能です。製品が自動的にアップデートされるため、常に最新バージョンのプラットフォームがご利用いただけます。

3. ビルトインのインテリジェンス

Automation Anywhere Enterprise A2019 と同様、Community Edition にも AI が備わっています。これにより、ドキュメントからのデータ抽出トレーニングをすぐに開始したり、インテリジェントなデータ抽出をあらゆるプロセスに直接ドラッグ & ドロップしたりできます。

また、Bot Insight を使用すると、構成可能なアナリティクス ダッシュボードで Bot のパフォーマンスを常に確認できます。このダッシュボードには、Bot の健全性を示す運用アナリティクス データと、Bot が組織にもたらしている価値を示すビジネス アナリティクス データの両方が表示されます。これらの情報は、データに基づいたよりスマートな意思決定に役立ちます。

4. 成功に向けた RPA エコシステム

RPA を成功させるには、ツール、教育、サポートを正しく組み合わせる必要があります。まさにそれを実現するのが Community Edition 、RPA について学習して認定資格を獲得できる Automation Anywhere University、そして RPA プロフェッショナルの最大規模のオンライン コミュニティ、A-People です。この堅牢なエコシステムは、すべてのユーザーが無料で参加でき、誰もがそのメリットを受けられます。

Enterprise A2019 フリー トライアル

ご利用開始にあたり個別のアシスタンスが必要な場合は、Enterprise A2019 フリー トライアル をお勧めします。30 日間の無料試用期間中、いつでもオートメーション・エニウェアの行き届いたカスタマー サポートを受けることができます。

RPA を使い始めたばかりの方から RPA プラットフォームの評価やスキル アップをお考えの方まで、Community Edition とフリー トライアルはどなたにでもご利用いただけます。

スムーズな RPA をお試しください。