• ホーム
  • ブログ
  • 情報ブロッキング規則を遵守して罰金を回避する方法
自動化する多くの理由

患者に医療や医療費に関する情報を適時に提供しなかったとして、100 万ドルの罰金を科されることを想像してみてください。2022 年 10 月に制定された政府規制の結果、米国中の医療機関にこの罰金が科される可能性があります。

この規制は、情報ブロッキング規則 (IBR) と呼ばれています。インテリジェント オートメーションは、組織がこの規制を遵守し、高額な罰金を回避するために重要な役割を果たすことができます。

最近、オートメーション・エニウェアの世界的な医療業界リーダーである Yan Chow 博士 (医学博士、MBA) とのブログ インタビューで、この新しい規制について触れられていました。この記事では、さらに深く掘り下げています。

単なる臨床記録ではない

これまで、患者が自分の医療記録を入手したい場合、それは画像報告、検査結果、診察記録といった臨床記録のみを意味していました。患者が財務記録を必要とする場合、通常それは別のシステムから取得され、患者の保険会社が要求するものでした。

IBR では、すべての医療提供者は、数日以内に電子医療情報 (EHI) を含む完全な医療記録を患者に提供できなければならないと定められています。そこで課題となるのは、通常、記録はさまざまな場所のさまざまなシステム上にあり、それらを相互に、異なる形式でやり取りすることは容易ではないということです。

医療提供者のプレッシャーに拍車をかけるように、政府は新しい規制と合わせて、患者や介護者であれば誰でも利用できるポータルを設置し、提供されたサービスについて医療と財務の完全な記録を適時に提供できない医師を報告できるようにしました。その報告により、該当する医療提供者は、患者 1 人当たり最高 100 万ドルの罰金を科される可能性があります。

あちこちに分散した情報

従来の環境では、すべての情報をエラーなく集めるのは至難の業です。たとえば、ある患者が深刻な医療問題を抱えているとします。その患者は診察室に入り、自分の情報を要求します。しかし、その患者が複数の医師の診察を受けており、病院を受診して、その問題の画像検査を受けたとします。

その患者には、治療の調整を担当する医師、救急外来の医師、患者が受診した画像診断施設や病院、放射線科医や病理医が関わっています。患者が手術を受けた場合は、麻酔科医、その他の臨床専門医、より多くの検査、そして理学療法などの術後のケアも関わってきます。

これらの場所と医療提供者がすべて患者にサービスを提供しています。IBR は、有責性がどの医師にあるのか不明確です。

患者が記録を要求しており、その医師が患者が治療を受けた病院に勤務していた場合、調整担当医師は、診療所、病院、検査室、外来診療、場合によっては薬局などから記録を提供しなければならないことがあります。

これらの場所では、同じ請求・臨床システムを使用していないことは明らかです。また、従来の環境では、すべての情報を収集する作業は通常手作業で行われ、これには時間がかかるだけでなく、規制当局に報告されて罰金を科される可能性のあるエラーを生み出すリスクがあります。

オートメーションがどのように役立つか

もし医療提供者がインテリジェント オートメーションを導入していれば、Digital Co-Workers (ソフトウェア Bot) を使用して手作業のプロセスを自動化し、記録の収集と整理を合理化して加速することができます。インテリジェント オートメーションは、異種システムからの情報の接続と取得、取得した情報の記録と監査、情報の照合、さらには患者がアクセスできる共通の一元的な場所への情報の格納を支援するように設計されています。インテリジェント オートメーションは、タスクを繰り返し、大規模に、エラーなく、24 時間処理することができます。また、情報を患者にとって使いやすい形式にすることもできます。

意思決定のためのツール

情報収集作業には通常、臨床医がどのような記録を含めるかを決定する必要がある、決定に基づいた手順が含まれるものもあります。インテリジェント オートメーションでは、この作業を簡素化できます。

たとえば、オートメーション・エニウェアのデジタル コパイロット AARI は、臨床医がさまざまなシステムにログインし、認証して、必要な情報を抽出し、さらに病院、診療所、放射線画像診断センター、その他の場所に情報を要求または提供するために書類を作成する作業を支援します。これらを 1 つの画面ですばやく簡単に行うことができます。  

その他のコンプライアンスについて

IBR に準拠した患者への情報提供を支援する Bot は、GFE (Good Faith Estimate、誠実な見積書) など他の規制を遵守する場合にも使用できます。Bot には、病院にログインし、Epic、Cerner、Meditech などのシステムから医療提供者の資格や請求、その他の GFE 情報を取得する作業を課すことができます。Bot は患者の保険プランをチェックし、どの医療提供者が特定の症状を治療する資格があるかを照合することができます。その後、サービスの価格情報に関する情報を抽出したり、非加盟医療提供者の事前通知を提供したりすることができます。

こうした情報はすべて、GFE の要件とインテリジェント オートメーションの導入までは、しばしば入手と提供が困難でした。

拡大している導入事例

コンプライアンスは、インテリジェント オートメーションが医療機関にとって必携のツールであることが実証されている 1 つの分野に過ぎません。インテリジェント オートメーションは、臨床業務やフロントオフィスおよびバックオフィス業務を自動化することで、患者ケアとそのビジネスを改善するためにも導入されています。

概要 Stelle Smith

user image

オートメーション・エニウェアでシニア ヘルスケア セールス エンジニアを務める Stelle は、この分野で 20 年以上の経験を持ちます。臨床および RCM ワークフローの専門家であり、CPC および CCS の認定医療コーダーでもあります。

E メールで購読するすべての投稿を見る LinkedIn

オートメーション サクセス プラットフォームに詳しくなりましょう

無料体験版 Automation Anywhere
Close

ビジネス向け

パーソナライズされた製品デモをご希望の場合は、クイック アクセスからお申し込みください

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう