RPA は御社のニーズに適応します

ATTENDED (クライアントで実行を指示する)
の自動化

ロボティック プロセス オートメーション

人と協業する
Bot を構築

詳細はこちら

UNATTENDED (サーバーから実行を指示する)
の自動化

ロボティック プロセス オートメーション

ロボットを教育して
作業を完全自動化

詳細はこちら

ATTENDED (クライアントで実行を指示する)
の自動化

詳細はこちら

UNATTENDED (サーバーから実行を指示する)
の自動化

詳細はこちら

人と Bot の連携の仕組み

オンデマンドのデータ処理

Botをトリガーすることで、スタッフがデータ集約型のタスクを開始します。Botはログインして、複数のシステムからデータを収集します。スタッフは結果を確認し、 Bot がレポートを生成したりデータを更新したりできるよう許可します。エラーが発生しやすいデータ処理タスクのスピードと品質が向上します。

image

バーチャルアシスタント

例えば、「満足していただけないお客様への対応」等のタスクをスタッフが開始すると、代理店に対し Bot はお客様に尋ねる質問事項について提案をします。代理店とBotが情報を収集しながら、Botは次のアクションについて継続的に提案していきます。Botは、スタッフがより良いサービスを提供できるよう支援するだけでなく、ポリシーに準拠しプロセスに沿って作業を行います。

image

ガイダンスとアシスタンス

タスクを開始する際、スタッフはBotをトリガーして、タスクに関連するさまざまなデータベースやシステムからデータを収集します。スタッフは結果を確認し、 操作は Bot に任せます。例外が発生した際は、スタッフが制御します。エージェントはお客様を第一に考え、より良いサービスを提供することができます。

image

あなたの代わりに Bot が作業を行います

ワークステーションでユーザーが実行する Attended (クライアントで実行を指示する) の自動化とは異なり、Unattended Bot は、設定したスケジュールに従って、24 時間 365 日いつでも組織のサーバーで実行することができます。Unattended Bots (サーバーから実行を指示する Bot)は無料のマシンや仮想マシンを使用し作業を完了させることができるため、CoE にて管理されている事が多く、またITを活用しています。

 

Attended RPA vs Unattended RPA
基本を学ぶ

ATTENDED (クライアントで実行を指示する) RPA

各従業員が
タスクを処理する

従業員が Bot を作動させ、
作業の実施を指示する

時間を問わず必要に応じて
従業員が Bot を作動させ
作業を自動化する

コールセンターやサービスデスクの
生産性とお客様満足度
を向上させる

内容
方法
タイミング
理由
UNATTENDED (サーバーから実行を指示する)RPA

バックオフィス処理を
大々的に自動化する

ルールベースの処理に基づいて
設定

Bot は人が介入せずに事前に定められたスケジュールに従って、業務プロセスを完了する

コストの削減、コンプライアンスの向上、プロセスの迅速化を図りながら、機械的な作業からスタッフを解放する

処理に最適な Bot を自分で選択
Attended Bot:人間の指示の下で操作
Unattended Bot:決められたルールに従って自動的に処理を実行

無料体験版
Close

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう