glimpse-into-the-future_jp

絶えず変化する状況で回復力を維持しながらも、時間を見つけてセキュリティ、コンプライアンス、効率性、コスト抑制などの企業の取り組みに専念しようと努力していると、将来に対して悲観的になりがちです。しかし、ここ数年の自動化の進化を見れば、人間の作業者 (あなた自身も含め) がより多くのことを、より速く、より正確に行えるよう支援してくれることで、これらの課題に取り組む方法を簡単に見つけることができます。

誰もが口にする現在の変化、不確実性、不安定さは、常に存在してきました。しかし現在、より多くのインサイト (すなわちデータ) によって、それらをすべてリアルタイムで認識できるようになりました。ここ数年は例年より少し成果が目に見えにくかったですが、こうしたインサイトを捉え、理解し、行動することができる企業が勝者となるのです。

自動化は効果を発揮し、より賢く進化

自動化により、従業員がより価値のある作業に専念できるようになることは、すでに証明済みです。自動化によって繰り返しのマニュアル作業から解放されることで、従業員は余裕を持って結果を検討し、十分な情報を得た上で意思決定を行い、混乱を乗り切ることができます。インテリジェント オートメーションは、コンピューター ビジョン、自然言語処理、ファジー論理などの人工知能技術を追加することでさらに進化します。その結果、従業員は考える時間が増え、より多くの可能性が見えてきます。

しかし、変化のペースが衰えることはありません。それにより、企業は常に課題に直面する一方で、自動化技術の進化はますます加速し、現在および近い将来に利用できるようになります。最近、オートメーション・エニウェアと Cognizant 社の専門家が、自動化が今年どのような変化を遂げるかについて予測を立てました。今回、これらの予測を新しいインフォグラフィックにまとめました。

自動化に関する 2023 年の 5 大予測で詳細を見る

2023 年の主な予測

ここでは、コメントを述べた人物とその内容を簡単にご紹介します。

  • オートメーション・エニウェアの最高経営責任者 (CEO)、共同創業者である Mihir Shukla は、自動化が企業のイノベーションを促し、生産性を高めると指摘しています。
  • オートメーション・エニウェアの最高製品責任者 (CPO) である Adi Kuruganti は、最新の自動化がもたらす主な利点として、価値実現までのスピードを挙げています。
  • オートメーション・エニウェアの新規製品担当 SVP である Peter White は、AI が自動化の事例の可能性を広げ、従業員がより良い形で職務を果たせるようになると予想しています。
  • オートメーション・エニウェアの最高情報責任者 (CIO) である Sumit Johar は、インテリジェント オートメーションのスケーラビリティが企業価値を加速させる重要な要素であると指摘しています。
  • Cognizant Automation 社のグローバル責任者である Girish Pai 氏は、最適化に引き続き注力することで、より統合され、つながりのあるワークフォースが実現すると予測しています。
  • オートメーション・エニウェアのグローバル ヘルスケア リーダー、MD、MBA である Yan Chow は、インテリジェント オートメーションが医療のレジリエンスに不可欠であると考えています。

自動化はすでに、あらゆる産業、地域、規模の企業において、時間の削減、生産性の向上、イノベーションの促進に貢献しています。従来の自動化は、2023 年に企業が成功するための基礎となるものです。企業は、自動化からより多くの価値を実現し、自動化の影響を全社に拡大し、AI を活用したエンドツーエンドの自動化をビジネスに導入する取り組みを進める必要があります。「インテリジェント オートメーションは、先進的な企業が成功するために必要な技術になるだろう」という予測もありますが、これには誰も異論を唱えることはできないでしょう。

結果を予測するのではなく、実現させることの重要性

未来はすぐそこまで来ています。インテリジェント オートメーションは、その能力を活用する人々のプロセスを劇的に向上させることができます。今すぐ、未来のワークフォースを構築する準備を始めまてください。

自動化のエキスパートの予測をさらに詳しく知りたい方は、自動化に関する 2023 年の 5 大予測をご覧ください。

オートメーション サクセス プラットフォームに詳しくなりましょう

無料体験版 Automation Anywhere
Close

ビジネス向け

パーソナライズされた製品デモをご希望の場合は、クイック アクセスからお申し込みください

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう