• ホーム
  • ブログ
  • ChatGPT とインテリジェント オートメーション: 医療における思考と行動の自動化
現場の新しい医療チーム

2022 年 11 月に発表された ChatGPT は、OpenAI によって開発された先駆的な AI ベースの大規模言語モデル (LLM) であり、言語の創造性に革命をもたらす可能性を秘めています。ChatGPT には、記事、詩、研究論文、さらにはソフトウェア コードの作成まで依頼することができます。ナレッジ ベースが 2021 年以降に限られていることや、たまにでたらめ (存在しない文献参照など) を言うなど、何らかの制限はあるものの、数秒以内に妥当な結果が生成されます。一切手間をかけずに人間の自然なテキストを生成できることから、ChatGPT はこれまでで最も注目され、最も急速に成長しているソフトウェアとなっています。それを使用して素晴らしいアメリカ小説の創作を促進したり (良いこと)、宿題の作文を教師に提出したり (疑問の余地あり) することを想像してみてください。

医療業界では、ChatGPT をロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) と組み合わせ、プロセスの合理化、エラーの削減、患者の転帰改善を実現することができます。どうすれば相乗効果が得られるのでしょうか? ChatGPT は頭脳であり、RPA が手足となります。この記事では、ChatGPT とソフトウェア オートメーションをどのように連携させ、より効率的で効果的、かつ持続可能な医療システムを構築できるかを探ります。

データ処理

医療機関は日々、膨大な量のデータを生成し、処理しています。このデータには、患者情報、病歴、治療計画、検査結果、財務情報などがあります。このような大量のデータの管理は非常に面倒な作業であり、ヒューマン エラーが発生しやすくなります。ChatGPT の支援により、医療におけるソフトウェア オートメーションはより正確で効率的になります。ChatGPT の自然言語処理 (NLP) 機能は、単語やフレーズの背後にある意味を理解することを可能にします。構造化されていないテキストを理解し、分類し、コンテキスト化する能力によって、自動化されたプロセスにおいて、データ トランザクションの取得、ソート、処理、保存、レポート作成でより高い精度を達成することができます。

データ入力

ChatGPT を電子医療記録 (EHR) システムに組み込むことで、データ入力プロセスをより人間に近づけることができます。EHR では通常、医療従事者がデータを手動で入力する必要がありますが、これには時間がかかり、エラーも起こりがちです。ChatGPT を使用すると、医療提供者は自然言語を使用して患者情報を入力することができ、その情報はモデルによって構造化データに変換されます。人間が機械のために翻訳するのではなく、機械が人間を理解するようになったのです。音声認識システムは以前からありましたが、ChatGPT の答えはずっとレベルアップしています。

臨床判断支援

ChatGPT を医療ソフトウェア オートメーションに統合できるもう 1 つの分野は、患者の診断と治療です。モデルに膨大な知識を学習させることで、医療従事者による正確な診断や治療法の提案を補助することができます。キーワードは「診断」ではなく「補助」です。今後数年間でより多くの研究と経験を重ね、偏見や存在しない引用といった現在の厄介な問題を解決できれば、ChatGPT が標準的な医療ツールになることも想像に難くありません。医師や看護師は長年にわたり臨床判断支援ツールを使用してきましたが、ChatGPT は、研究や医学的コンセンサスだけでなく、患者固有の病歴や医療以外のデータというはるかに大きな領域を活用してインサイトを生み出す初めてのツールです。これにより、診断の遅れを減らし、効率を高め、患者の転帰を改善できる可能性があります。

患者指導

ChatGPT は、遠隔医療システムやオンライン リソースに組み込み、患者に医療情報やアドバイスへのアクセスと技術サポートを提供することもできます。遠隔医療は、近年ますます普及しています。ChatGPT をビデオ チャットや遠隔医療システムに組み込むことで、患者は自然言語を使用して自身の健康に関する質問をすることができ、モデルは人間のように応答し、正確で最新の情報を提供します。

患者エンゲージメント

最後に、ChatGPT は患者エンゲージメントを高めることができます。その NLP の能力と無限の忍耐力を活用することで、人間のようなチャット Bot やアバターは患者に情報を求め、患者が自分の病状や治療計画、健康保険についてより理解を深める手助けをすることができます。擬人化 (AI に人間の資質を持たせること) で、患者が医学的な疑問に対する答えや自分の治療への積極的な取り組みの検証を求めることを通じて、患者と信頼関係を築くことができます。患者は自分が何をしているのか、なぜそうするのかを理解すれば、コンプライアンスを順守する可能性が高くなるため、これにより患者の満足度と医療成果を向上させることができます。また、副次的なメリットとして、高い需要で疲弊している医療提供者が少し楽になるかもしれません。医療システムでは、ChatGPT とオートメーションを組み合わせることで、予測不能な需要と労働力不足に直面する中で重要なニーズである、持続可能性と拡張性に対処できるようになります。

ChatGPT と RPA を併用することで、医療の提供方法や患者の受け止め方を大幅に改善できる可能性があります。オートメーションは実証された最初のステップですが、ChatGPT やその他の新しい AI モデルは、前例のない混乱の中で自己改革を目指す業界にとって、医療のバリュー チェーンを強化するために役立ちます。

オートメーション サクセス プラットフォームに詳しくなりましょう

無料体験版 Automation Anywhere
Close

ビジネス向け

パーソナライズされた製品デモをご希望の場合は、クイック アクセスからお申し込みください

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう