ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Enterprise A2019 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう

英語版のブログはこちらをクリックしてください

ロボティック・プロセス・オートメーションの概説

2020年 7月 13日 思想的リーダーシップ ブログ 執筆: Ritu Kapoor
developer

企業が業務を行い顧客に価値を提供する方法は、常に変わり続けています。デジタル テクノロジーをビジネスのあらゆる分野に取り入れるデジタルトランスフォーメーションは、企業の戦略にかつてないほどの変革をもたらしています。

デジタルトランスフォーメーション時代ともいえる今日では、コグニティブ オートメーションに注目し、業務の最適化を図っている組織がますます増えています。



ロボティック テクノロジーの歴史

多くの組織では常に生産性とコスト効果の向上を目指し、高度なロボティック テクノロジー、つまりロボットに加え、それらを制御するためのコンピューターが導入されてきました。このようなテクノロジーは、人間の代わりとなり、人間の行動を模倣する機械を開発するために使用されています。 

かつて人間が行っていた反復的でしばしば身体的な危険を伴う仕事の多くを、物理的なロボットが行っている業界もいくつかあります。産業溶接、深海調査、災害対応はすべて、こうした物理的なロボットがますます活躍している分野です。

RPA とは?

デジタルの世界でこのようなロボットの役割を果たすのが、ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) です。RPA は大規模であまり複雑ではない日常的なプロセスを自動化し、手作業で行われている定型的なデジタル業務をソフトウェア ロボット、別名 Bot で行うための手段です。通常 Bot は、シンプルで反復的な構造のタスクを、人間だけでは到底不可能な速さでこなします。

RPA が得意とするプロセスには、従業員の連絡先や給与データの更新、スプレッドシートから顧客関係管理 (CRM) システムへといった 1 つのソフトウェア プログラムから別のプログラムへのデータの転送などがあります。RPA はこのようなプロセスのスピードと精度を向上させます。

RPA はここ数年で飛躍的な成長を見せました。ガートナー社によると、今日ではエンタープライズ ソフトウェア市場で最も急速に成長している分野です。

RPA の用途

このような成長にもかかわらず、ビジネスプロセスの大半がいまだ手作業で行われているのが現状です。とはいえ、組織文化全体で Bot を活用する機会は非常に多く存在します。

たとえば、業務の一環としてレポートを作成する場合、さまざまなシステムから 1 つ 1 つデータをコピーし、それらを Word (または似たようなシステム) のレポート テンプレートの適切な場所に貼り付け、それを PDF に変換し、上司に E メールで送信する必要があります。これは日々の貴重な時間を何時間も消費する作業です。

RPA を導入すればこのようなタスクを完全に自動化できるため、従業員をより価値の高い業務 (顧客により優れた個人的な支援を提供するなど) に従事させることができます。

RPA のメリット

RPA の優れている点は、一度正しくプログラムされた Bot は間違いを犯さないという点です。Bot は常に 100% 正確に、24 時間働き続けることができます。

シンプルなコピー・ペーストのコマンドから、顧客の不満を感知し人間にエスカレーションするなどの複雑なタスクまで、ほぼすべての反復的なテクノロジー ベースのタスクやプロセスを自動化することができます。

特に会計人事ライフ サイエンス医療コール センター金融・証券保険などの業界には、数多くの自動化対象業務があります。RPA を使用すれば常に正確な報告が行えるため、コンプライアンスには特に有効です。

RPA の ROI は、影響を受ける複数のエリアから得られます。すぐに実現され定量化可能なメリットとしては、大幅なエラーの減少に加え、コンプライアンスや監査におけるコストと時間の節約などが挙げられます。これらに加え、RPA はデジタルトランスフォーメーションの促進、収益増加の機会の実現、プロセスの改善や付加価値の高い業務へのリソースの振り分けなど、さらに多くのメリットをもたらします。

RPA でビジネス
チャンスを最大化