オートメーション・エニウェアの RPA ソフトウェアを使用して農林水産省が全省レベルの業務改革で事務作業を効率化

2020年 12月 17日

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社は、農林水産省におけるRPAの導入実証に弊社の RPA ソフトウェア「Automation Anywhere Enterprise」が採用され、11 月から稼働開始しましたのでお知らせします。同省は、業務改革の一環でさまざまな事務作業の効率化を推進しており、今回のRPAの導入でもたらされる効率化・省力化で、職員が政策立案に注力できる仕事環境の整備を目指します。


今回の導入実証では、省内の幅広い業務で行われているデータ検索・ダウンロード、フォーマットへの転記など単純な事務作業を RPA で自動化するほか、AI-OCRによる紙資料のデータ化を検証し、それらの結果を踏まえ、他の業務への拡大を検討する予定です。

以上


オートメーション・エニウェアについて

オートメーション・エニウェアは、Bot(ソフトウェアロボット)を使用した RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)分野のリーダー企業で、RPA と AI、機械学習、分析などの機能を組み合わせた高度な自動化プラットフォームを、世界で唯一 Web ベース/クラウドネイティブで提供しています。業務プロセスの始めから終わりまでを自動化する Bot =「デジタルワーカー」は短時間の準備でスタートさせ、全社に効率的に展開することができます。デジタルワーカーに反復作業を担わせることで、業務の生産性を大幅に向上させるだけでなく、カスタマーエクスペリエンスや従業員エンゲージメント向上をも実現できます。当社が世界で初めて運用を始めた Bot のマーケットプレイス「Bot Store」では 850 を超えるインテリジェントオートメーションのソリューションを利用でき、210 万以上の Botが世界のさまざまな業界/企業で稼働しています。詳細は以下サイトをご覧ください。

###
無料体験版
Close

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう