無料体験版

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう

オートメーション・エニウェア、Citrix Workspaceとのソリューション連携で 日本の「新しい働き方」を提案

2020年 12月 16日

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社(カントリーマネージャー 日本営業統括:由井 希佳、本社:東京都千代田区、以下:オートメーション・エニウェア)は、エンタープライズ RPA プラットフォーム「Automation Anywhere Enterprise A2019」を、シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社(代表取締役社長:尾羽沢 功、本社:東京都千代田区、以下:シトリックス)の「Citrix Workspace(※1)」マイクロアプリ(※2)と連携させることで、お客様企業の従業員全員がセキュリティの高いネットワーク環境で業務プロセスの自動化を行えるように支援するとともに、ニューノーマル時代の新しい働き方にふさわしい業務インフラのソリューションとして提供開始します。

2019 年に働き方改革関連法が施行されて働き方が多様化しはじめてから、ウィズコロナ、そしてニューノーマルの時代を迎えることで、企業にとっては事業環境が大きく変わり、事業継続の取り組みと従業員のリモートワーク整備を行わなければならなくなりました。この対応策として、行政手続きのペーパーレス化・電子化に加えて、デジタル庁の設立が準備されるなど、業務プロセスの効率向上に欠かせないデジタル化の動きが加速しています。

一方、現在の IT インフラ環境において、クラウド関連の API に対応したアプリケーションも増えているものの、API 連携のない「レガシーアプリケーション」が混在する環境に置かれています。この「レガシーアプリケーション」のクラウド移行を進めるには、プログラムを改修する必要があり、年単位の変革が必要となります。

こうした中、オートメーション・エニウェアの「Enterprise A2019」とシトリックスの「Citrix Workspace」のマイクロアプリを連携させることで、API 連携のないレガシーアプリケーションへの対応が可能となり、ノーコードでのプロセス自動化が実現します。具体的には、マイクロアプリで操作した内容を、オートメーション・エニウェアの Bot で動かし、定型業務や繰り返し作業を自動処理させることを可能にします。その適用範囲は非常に広く、一般の OA 業務のみならず業務エリアでの展開も期待され、アプリケーション変革を加速させます。また、マルチデバイス認証やアクセス分析を行うゼロトラストの世界を担保する仕組みを提供できます。

オートメーション・エニウェアは、シトリックスと共同で、お客様の業務プロセスの棚卸、評価、確認、シミュレーションなどの業務変革ワークショップを開催していきます。さらに、製品並びに販売情報の共有、共同オンラインセミナーなどを開催しながら、同ソリューションの価値をお客様に提案し、新たな需要を共同で開拓していきます。

[Enterprise A2019/Citrix Workspace/マイクロアプリを組み合わせた
ソリューションの概念図]

  • すべての業務プロセスをマイクロアプリからスタートできる
    • 使いたいアプリケーションをそれぞれ立ち上げたり、仮想環境に入る手続きを毎回しなくても、簡単な操作で業務プロセスを利用することができる
    • システムや業務プロセスの種類、データの場所、使うデバイスなどを意識することなく業務プロセスを適用・利用できる

  • マイクロアプリで標準サポートしていない日本製SaaSやオンプレ/レガシーアプリケーションと、ノーコードで簡単にシステム連携できる
    • 社内システムが改変されたり、違うシステムになっても、Enterprise A2019とのAPI接続を変更するだけで自動化を続けられる

※1「Citrix Workspace」:業務システムのインフラを仮想化して、いつでもどこでもセキュアにアクセスできるプラットフォーム
※2「マイクロアプリ」:利用者が管理画面上で、業務ソフトの操作を切り出し、業務効率を図る目的で仕事やしやすいように自由にカスタマイズが可能となる機能

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
カントリーマネージャー 日本営業統括 由井 希佳のコメント

  • 「事業環境が大きく変化する中で、業務のデジタル化や自動化に投資する動きが活発になっています。在宅や外出先から働ける環境づくりは、従業員の生産性を向上させるだけでなく、新しい形のコラボレーションを生んで、事業環境の大きな変化に対応できる体制を構築し、利益となって還元されることが期待できます。弊社のインテリジェントオートメーションとシトリックス・システムズ様の仮想環境ソリューションを組み合わせることで、企業と従業員が働き方改革を本気で実現するきっかけを提供できると考えます」

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

  • 代表取締役社長 尾羽沢 功のコメント
  • 「パンデミックにより、生産性の低さなど企業が抱えていた課題が露呈しました。パンデミックの中で事業継続を行うには、どこからもいつでも、そしてどのデバイスからでも安全に、アプリケーションにアクセスできるよう従業員のリモートワーク環境を整えることは、必須の課題であります。シトリックスの仮想化ソリューションと、オートメーション・エニウェア様の高度な自動化プラットフォームが連携することで、業務プロセス全体の効率化につながり、お客様のアプリ変革が加速することを期待します。」

オートメーション・エニウェアについて
オートメーション・エニウェアは、Bot(ソフトウェアロボット)を使用した RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)分野のリーダー企業で、RPA と AI、機械学習、分析などの機能を組み合わせた高度な自動化プラットフォームを、世界で唯一 Web ベース/クラウドネイティブで提供しています。業務プロセスの始めから終わりまでを自動化する Bot =「デジタルワーカー」は短時間の準備でスタートさせ、全社に効率的に展開することができます。デジタルワーカーに反復作業を担わせることで、業務の生産性を大幅に向上させるだけでなく、カスタマーエクスペリエンスや従業員エンゲージメント向上をも実現できます。当社が世界で初めて運用を始めた Bot のマーケットプレイス「Bot Store」では 1,000 を超えるインテリジェントオートメーションのソリューションを利用できます。そして約2,000社のパートナーと協業しながら、240 万以上の Botが世界のさまざまな業界/企業で稼働しています。詳細は以下サイトをご覧ください。

###