当社製品・サービスの販売パートナーの功績をたたえる賞を贈呈

2020年 6月 16日

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社は本日、当社製品と関連サービスを販売するパートナー企業の実績を称えることを目的に「Automation Anywhere Japan Partner Awards」を発表し、各社に贈呈しました。


「Automation Anywhere Japan Partner Awards」は、昨年度に当社製品・サービスを活用した業務プロセスの自動化や業務改革をお客様に提供して課題解決に貢献し、当社製品の販売に寄与したパートナー企業様に贈られる賞です。当社のパートナー企業様は、お客様の組織を俯瞰して課題解決にあたる中で、技術力と提案力、サポート力の高さからお客様と厚い信頼関係を結んでいらっしゃり、当社製品とサービスの品質向上にも関与しています。当社はこうした大きな貢献をしていただいたパートナー企業様を6つのカテゴリーに分けて表彰させていただきます。

 

各賞の受賞パートナーおよび受賞理由

    1. 1. 【Partner of The Year】
      受賞パートナー:デロイトトーマツコンサルティング合同会社
       
      • 趣旨: 当社製品・サービスのビジネス拡大において、営業/マーケティング的要素、要員育成要素など総合的に最も貢献いただいたパートナー様
      • 受賞理由: 当社日本法人設立以前から、日本での事業展開に積極的に取り組んでいただき、常にトップレベルの業績と高品質でのお客様提案/導入に貢献いただきました。
    1. 2. 【New Logo Award】
      受賞パートナー:株式会社日立ソリューションズ
      • 趣旨: 昨年度に新規のお客様数が最も多かったパートナー様
      • 受賞理由: 既存お客様の満足度はさることながら、New Logo(新規お客様)の開拓にも積極的に取組んでいただき、数多くのNew Logo獲得に貢献いただきました。
    1. 3. 【Advanced Solution Award】
      受賞パートナー:ソフトバンク株式会社
      • 趣旨: 当社が提供する先進的なソリューションをいち早くお客様にご提案いただき、ソリューション展開と案件推進に最も貢献いただいたパートナー様
      • 受賞理由: 当社が提供するAIソリューションであるIQ Bot、並びに最新バージョンのEnterprise A2019において、いち早くお客様にご提案をいただきました。
    1. 4. 【Showcase Award】
      受賞パートナー:株式会社フードサプライ
      • 趣旨: 画期的/先進的/創造性豊かな内容で、お客様の業務改善や働き方改革を推進し、自動化業務提案/導入に最も貢献いただいたパートナー様
      • 受賞理由: 青果卸売業の主事業であることをITに上手く活用いただき、その煩雑であった事務処理業務をデジタルワーカーで実現し、派遣/アルバイト業務の効率化、並びに業務削減を成功裏に導きました。
    1. 5. 【Automation Anywhere Ecosystem Award】
      受賞パートナー:SB C&S株式会社
      • 趣旨: 当社のナレッジを幅広く展開し、お客様への提案活動、導入支援に貢献。また、多数のエンジニア育成拡大とそのコミュニティの活性化に最も貢献いただいたパートナー様
      • 受賞理由: スーパーエンジニアによる技術セッションの定期開催や、ブログ等を通して、当社のエンジニアをも刺激する情報を積極的に発信することでエンジニアコミュニティを活性化し、提案内容の品質向上等に貢献いただきました。
    1. 6. 【Training Award】
      受賞パートナー:株式会社パソナテック
      • 趣旨: 当社のトレーニングビジネスにおいて、開催頻度や開催形式の柔軟な対応で、技術者育成へ最も貢献いただいたパートナー様
      • 受賞理由: 当社製品のトレーニングを通じて、技術者育成に多大なる貢献をいただきました。また受講形式などの工夫を凝らし、柔軟性をもった研修開催を実施いただき多くの参加者受講の達成を可能としました。

 

オートメーション・エニウェアについて

オートメーション・エニウェアは、Bot(ソフトウェアロボット)を使用したRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)分野のリーダー企業で、RPA とAI、機械学習、分析などの機能を組み合わせた高度な自動化プラットフォームを、世界で唯一Web ベース/クラウドネイティブで提供しています。業務プロセスの始めから終わりまでを自動化するBot =「デジタルワーカー」は短時間の準備でスタートさせ、全社に効率的に展開することができます。デジタルワーカーに反復作業を担わせることで、業務の生産性を大幅に向上させるだけでなく、カスタマーエクスペリエンスや従業員エンゲージメント向上をも実現できます。1,200 社のパートナーネットワークとともに40 カ国で販売し、170万以上のBotが世界のさまざまな業界/企業で稼働しています。詳細は以下サイトをご覧ください。

 

Automation AnywhereはAutomation Anywhere, Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

その他記載されているすべての製品およびサービス名は、各社の各国における登録商標または商標です。

 

###