無料体験版

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう

業務向けのデジタルアシスタント「AARI」を発売

すべての従業員が自動化による生産性向上を利用できる環境作りへ

2020年 10月 20日

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社は、RPAに「業務向けデジタルアシスタント」の役割を備えた「Automation Anywhere Robotic Interface」(以下AARI=アーリ)を10月20日(火)より発売します。AARIを利用することで、従業員とソフトウェアBotがやり取りをしながら複雑なプロセス全体を自動化することができますので、すべての従業員が簡単な操作で自動化を利用する、新しい働き方を取り入れることができます。

弊社は、いま家庭で利用されている「Siri」や「Alexa」「Googleアシスタント」「LINE CLOVA」などのデジタルアシスタントやスマートスピーカーを念頭に置きながら、AARIを業務向けのデジタルアシスタントと位置付けています。AARIは弊社のクラウドネイティブRPAプラットフォーム「Automation Anywhere Enterprise A2019」上で稼働しながら、人とBotをシンプルなインターフェイスで引き合わせ、全従業員が簡単な操作で日常業務の自動化を活用して、本来の業務に集中できるように支援します。

弊社はRPAとAIの分野で独創的なビジョンを持ち続ける企業として、業務の自動化を従業員一人ひとりがもっと気軽に活用できるように、事業環境を変革する企業のニーズに応える新しいイノベーションを提供していきます。

【AARI開発の背景と製品概要】

昨今のコロナ禍の影響により、企業が事業環境の急激な変化に対応したり、従業員の働き方を短期間に変革しなければならない事態に直面しています。これまで企業が業務効率向上を目的に導入してきた自動化は、部門単位や単一システム上の定型業務が中心でしたが、弊社では、人の判断や例外処理を含む、大きなプロセスの始めから終わりまでを自動化して、プロセス全体を最適化する要望や、いま行っている業務をすぐに自動化する要望を多く受けています。

これに対してAARIは、人の判断や例外処理が必要な非定型業務プロセス全体を、ソフトウェアBotと従業員の簡単なやり取りで連携させ、プロセスの終わりまで自動処理させることができます。そして企業の内製システムやレガシーシステム、クラウドシステムもデータ連携させることができますので、全ての従業員が自動化を利用できる環境を構築し、組織のデ ジタルトランスフォーメーションや、働き方改革の基盤を担います。

また従業員は、自分が利用できる業務プロセスのBotがAARIのユーザーポータルで用意され、この一つの入り口から業務をスタートすることができます。判断や例外処理が必要なプロセスでは、簡単な入力や選択を求める画面が表示され、数字やテキストを入力したり、選択して処理することで、次のプロセスが自動で走ります。今回提供するバージョンはブラウザ用、PC用、業務アプリから直接起動用の3種類ですが、今後、音声でもやり取りができるよう開発を続けています。

さらに、業務プロセスを記録して、自動化に最適なプロセスを提案、Botを生成する弊社の「Discovery Bot」と組み合わせることで、Botの開発から運用までの時間を抑えられますので、短時間で自動化開始を目指す際に、便利にご利用いただけます。

オートメーション・エニウェア・ジャパン カントリーマネージャー 由井希佳のコメント

「AARIは、私たちの日常生活で利用されているデジタルアシスタント『Siri』や『Alexa』のように、様々な業務プロセスを実行する人とBotのインターフェイスです。このデジタルアシスタントは、『自動化を自動化する』という私たちのビジョンを完成させ、ウィズコロナ時代の仕事のやり方を変えてくれます。シンプルなインターフェイスで、誰もがいつでもどこからでも自動化プロセスに入ることができますので、組織全体の業務プロセスを効率化し、企業の持続的な成長を支援します」

【AARIを使用したプロセス自動化のイメージ】

【AARIの提供構成】

AARIは弊社のインテリジェントオートメーション プラットフォーム「Automation Anywhere Enterprise A2019」上で稼働し、業務ユーザーは専用クライアントのインストールは不要です。ブラウザ、デスクトップ、業務アプリ上で利用でき、今後、音声でも利用できるように開発中です。

  • 「AARI for Web」:ブラウザで利用
  • 「AARI for Apps」:Excelやセールスフォース、MuleSoft、ServiceNowなど他社アプリケーション上で直接利用
  • 「AARI for Desktop」:PC のA2019クライアントで利用
  • 「AARI for Mobile」:iOS/Android用アプリで、Botの実行状況確認、再実行、Bot Insightデータの表示

開発中:音声で利用する「AARI for Voice」

【想定される利用シーンの例】

  • 経費精算申請から承認、支払い手続きまでの流れ
  • 緊急の要請とその進捗を常に参照できるようにする仕組み
  • 例外処理で進めるための上長への業務引継ぎ
  • お客様情報の更新、重複や利用状況の確認
  • 融資申し込み窓口で、お客様の要望や利用条件に応じて、商品や優遇キャンペーンの情報を自動で表示させる

米国調査会社のガートナー社によると、2019年のRPAソフトウェア市場は14億ドルで、前年から62.9%増加しました。これはエンタープライズ向けソフトウェア市場で最も早く成長している分野で、2年連続の傾向です。

Gartner Market Share Analysis: Robotic Process Automation, Worldwide, 2019, authored by Fabrizio Biscotti, Varsha Mehta, et al., published May 26, 2020.

オートメーション・エニウェアについて

オートメーション・エニウェアは、Bot(ソフトウェアロボット)を使用した RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)分野のリーダー企業で、RPA と AI、機械学習、分析などの機能を組み合わせた高度な自動化プラットフォームを、世界で唯一 Web ベース/クラウドネイティブで提供しています。業務プロセスの始めから終わりまでを自動化する Bot =「デジタルワーカー」は短時間の準備でスタートさせ、全社に効率的に展開することができます。デジタルワーカーに反復作業を担わせることで、業務の生産性を大幅に向上させるだけでなく、カスタマーエクスペリエンスや従業員エンゲージメント向上をも実現できます。当社が世界で初めて運用を始めた Bot のマーケットプレイス「Bot Store」では 850 を超えるインテリジェントオートメーションのソリューションを利用でき、210 万以上の Botが世界のさまざまな業界/企業で稼働しています。詳細は以下サイトをご覧ください。

###