ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Enterprise A2019 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう

オートメーション・エニウェアの RPA を使用して京都銀行が業務効率化を開始

2020年 7月 20日

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社は、関西を代表する広域型地方銀行の株式会社京都銀行が当社のRPA ソフトウェア「Automation Anywhere EnterpriseA2019」を活用した業務効率向上の取り組みを開始したことをお知らせします。

同行は、本部業務のうち事務・管理に関する業務の削減・効率化を図り、戦略分野にかかる企画業務の機能強化と営業分野の体制強化を目指しています。今般、本部業務の効率化に向けた一手段としてRPAの本格展開を決めました。

他社製品とも比較したうえで、大量データ処理に適していること、ソフトウェアBotの無人稼働や夜間の自動稼働も容易に行えること、導入後のサポート体制が充実していることなどを評価し、オートメーション・エニウェアのRPAソフトの採用を決めました。

<参考資料>

オートメーション・エニウェアについて
オートメーション・エニウェアは、Bot(ソフトウェアロボット)を使用した RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)分野のリーダー企業で、RPA と AI、機械学習、分析などの機能を組み合わせた高度な自動化プラットフォームを、世界で唯一 Web ベース/クラウドネイティブで提供しています。業務プロセスの始めから終わりまでを自動化する Bot =「デジタルワーカー」は短時間の準備でスタートさせ、全社に効率的に展開することができます。デジタルワーカーに反復作業を担わせることで、業務の生産性を大幅に向上させるだけでなく、カスタマーエクスペリエンスや従業員エンゲージメント向上をも実現できます。当社が世界で初めて運用を始めた Bot のマーケットプレイス「Bot Store」では 850 を超えるインテリジェントオートメーションのソリューションを利用でき、210 万以上の Botが世界のさまざまな業界/企業で稼働しています。詳細は以下サイトをご覧ください。

 

Automation AnywhereはAutomation Anywhere, Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 

###