オートメーション・エニウェア、ソフトウェア ロボットのマーケットプレイス「Bot Store」で 10万ダウンロードを突破

2019年 10月 28日

RPAプロバイダーのオートメーション・エニウェア(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO:ミヒール・シュクラ)はこの度、2018年3月に開設したソフトウェア ロボット (Bot) のマーケットプレイス「Bot Store」にて、ボットのダウンロード数が、10万件を達成したことをお知らせします。

RPAは、企業向けソフトウェアで最も急速に成長しているカテゴリであるとの調査が出されており、ユーザー企業が生産性の向上や運用コストの削減など、業務の自動化によるメリットを享受しています。調査会社のガートナー社は次のように述べています。「RPAソフトウェアの販売は、2018年に63.1%増加して8億4,600万ドルとなり、世界の企業向けソフトウェア市場のうち、最も早く成長した分野となっています。当社は、この収益が2019年には13億ドルに到達すると予想しています。」(注1)

オートメーション・エニウェアの Bot Store は、RPA分野で初めて、そして最大規模で開設されたオンライン マーケットプレイスです。Bot開発者、ビジネスユーザー、同社パートナーからなる大きなビジネス エコシステムで、事前に機能を設定・学習した高度なオートメーションを実現しています。Bot Store では現在、定型業務を自動化する600の Bot と、これまで役職で定義されていた業務内容の一部を、人間の思考、行動、分析により自動化して一連のスキルを提供する20の デジタルワーカーを提供しています。

また、ユーザー企業は Bot Store でBotをダウンロードして、Oracle、SAP、Workdayのようなビジネスアプリケーションを使用した業務プロセスを自動化することもできます。さらに独立系ソフトウェアベンダー (ISV) は、 Bot Store でBotを売買できる新機能を用いて、定期的な収入源を構築することも可能です。

主な特長は以下の通りです。

  • 簡単な操作で Bot を検索したり、ダウンロード、閲覧したりすることができる高い操作性
  • Bot に加えて、AIを組み合わせて一連の業務を担うデジタルワーカーを効率的に作成、保管、掲載、販売できるISV向けの包括的なツール群
  • Bot の知的財産を保護するコード保護機能
  • 30日無料トライアルと年間サブスクリプションのライセンス管理機能

オートメーション・エニウェアについて

オートメーション・エニウェアは、ロボットによるプロセス自動化(RPA)分野をリードするソフトウェアプロバイダーです。オートメーション・エニウェアの提供するプラットフォームを通じて、多くの企業が世界規模のインテリジェント デジタルワークフォースを構築しています。そのエンタープライズに対応したプラットフォームは、幅広い業界で反復的業務に携わる人々を支援するソフトウェアボットを活用しています。これは、先進的なRPAと、コグニティブおよび組み込み型分析機能を組み合わせて実現しているテクノロジーです。世界で3,500社(1,900の企業グループ)を超える大企業がAIに対応した当ソリューションを利用して、ビジネスプロセスの管理と拡張を高速化し、エラー率をほぼゼロに抑えながら、運用コストを大幅に削減しています。オートメーション・エニウェアは、金融サービス、保険、医療、テクノロジー、製造、通信、物流業界にわたる世界中の主要企業に自動化技術を提供しています。詳細は以下サイトをご覧ください。

(注1)出典:Gartner Press Release, “Gartner Says Worldwide Robotic Process Automation Software Market Grew 63% in 2018”, June 24, 2019. www.gartner.com/en/newsroom/press-releases/2019-06-24-gartner-says-worldwide-robotic-process-automation-sof

# # #

 

オートメーション・エニウェア・ジャパン広報担当  池田

TEL: 090-3519-5296

Email: [email protected]

 

エデルマン・ジャパン株式会社(オートメーション・エニウェア広報担当)

 

担当:森、須藤

TEL: 03-4360-9000

Email: [email protected]