オートメーション・エニウェア、RPA 業界初の Bot セキュリティプログラムを発表

ソフトウェアBotのセキュリティを保つ新たな基準を策定して安全な自動化を支援

2020年 4月 8日

RPA プロバイダーのオートメーション・エニウェア(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO: ミヒール・シュクラ)は、当社の RPA Bot マーケットプレイス「Bot Store」上で公開されるソフトウェア Bot のセキュリティ対応レベルを表示して、ユーザーが安心して利用できるようにする業界初の体系的なセキュリティプログラム「Bot Securiy」をこのほど提供開始しました。

このプログラムでは、社外のサイバーセキュリティ専門家などを交えて定義した Bot のセキュリティレベルを4 段階で設定しました。これらのレベルを Bot Store ですでに公開されている Bot と、今後、ユーザー企業やパートナー企業、開発者が Bot Store で公開するすべての Bot に付与します。これにより機密データへのアクセス、ウイルス感染のトラッキングなど、様々な社内システムにわたる業務プロセスを RPA ソリューションで自動化する際に、高度なセキュリティを保って構築することができるようになります。

Bot Security 紹介サイト(英語):https://botstore.automationanywhere.com/bot-security/

 

Bot-Security

 

セキュリティレベルが記載された Bot 紹介の例

 

当社が提供するWebベース/クラウドネイティブの RPAプラットフォーム「Automation Anywhere Enterprise」は、情報システムの内部統制評価の保証報告書「SOC2 Type1」を RPA ソフトウェアとして初めて受けています。また、「Veracode」や「ISO 27001」などのセキュリティ認証も取得しており、コンプライアンスや、セキュリティ管理に高いレベルで対応しています。そして Bot Store は、事前に機能を設定した Bot を850以上提供する世界最大のインテリジェントオートメーション向けマーケットプレイスで、厳格な信頼性、ガバナンス、コンプライアンス要件を保証するセキュリティフレームワークを基に運営されています。

 

「Bot Security」に携わるセキュリティ専門家グループ

セキュリティ専門家、パートナー企業、RPA開発者が協力してセキュリティの基準を定義するとともに、RPAに必要なセキュリティやベストプラクティスなどの情報を共有し、「Bot Security」プログラムの品質向上に努めます。

 

「Bot Security」で提供する4つのセキュリティレベル

レベル1:「マルウェアスキャン」

マルウェアが含まれていなことが確認されたBot。Bot Store で公開される Bot はすべてレベル1をクリアしています。

レベル2:「自己認証/開発者トレーニング」

レベル1に加えて、指定トレーニングを受けて認定試験に合格した Bot 開発者が、セキュリティ上必要な用件などを取り入れて作成した Bot。

レベル3:「脅威となるモデルおよび静的解析」

レベル2に加えて、Bot Security のセキュリティ専門家グループから、セキュリティのリスク対応に関する認証が付与された Bot。

レベル4:「最も切迫したセキュリティ懸念に対応するテスト」

レベル3に加えて、Bot Security のセキュリティ専門家グループから、実装環境や機能のテストに関する認証が付与された Bot。

セキュリティレベルやトレーニングの紹介サイト(英語):https://botstore.automationanywhere.com/bot-security/

 

医療機関で必要な資材/機材を至急手配する場合にも利用できるBot

昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大で引き起こされる混乱の軽減、公衆衛生の向上、グローバルサプライチェーンの維持、政府の運営などを支援するテクノロジーとして、RPA やインテリジェントオートメーションに関心が寄せられています。例えば病院では迅速な医療機器の配備が求められています。このような需要の急増に対応するにあたり、必要な資材/機材を発注できる新しいサプライヤーを探すこともあるでしょう。例えば Bot Store では、サプライヤーが見積もりを迅速かつ安全に作成できる「Create Quotation - VA21」や、資材の安全な配送を自動化する「VL01N-Create Outbound Delivery」をはじめ、このような機会に活用できる多くの Bot を用意しています。

 

オートメーション・エニウェアについて
オートメーション・エニウェアは、Bot(ソフトウェアロボット)を使用した RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)分野のリーダー企業で、RPAとAI、機械学習、分析などの機能を組み合わせた高度な自動化プラットフォームを、世界で唯一Webベース/クラウドネイティブで提供しています。業務プロセスの始めから終わりまでを自動化するBot=「デジタルワーカー」は短時間の準備でスタートさせ、全社に効率的に展開することができます。デジタルワーカーに反復作業を担わせることで、業務の生産性を大幅に向上させるだけでなく、カスタマーエクスペリエンスや従業員エンゲージメント向上をも実現できます。世界初のBotマーケットプレイスである「Bot Store」は、業界最大の規模を誇り、事前に機能を設定したインテリジェントオートメーションソリューションを850以上提供しています。1,200社のパートナーネットワークとともに40カ国で販売し、170万以上のBotが世界のさまざまな業界/企業で稼働しています。詳細は以下サイトをご覧ください。

 

###