英語版のブログはこちらをクリックしてください

コラボレーションとテクノロジー: :COVID-19 の強力な処方箋

2020年 3月 30日 オートメーション・エニウェアニュース 執筆: Prince Kohli
developer

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の感染爆発は、私たちにこの不可解なパンデミックの深刻さを常に意識させています。今回のウイルスは、その正体がまだわかっていないことが多いことから、日常生活のあらゆる場面において影響があることを認識しておかなければなりません。科学者、感染症学者、国家、医療関係者は、増加の一途をたどる患者数に対応するために毎日奮闘しています。

同時にこの危機は、AI や自動化などの最新テクノロジーを活用することで公衆衛生を促進し、集団発生を緩和する強力なツールとなっていることを認識させています。これらのテクノロジーは、データに素早くアクセスしてウイルス感染の広がりを迅速に追跡する機能を提供することで、私たちが信頼できる情報源の重要な情報を得るのに役立っています。

20 年近く前に SARS が発生した後、ゲノムの配列を決定するのに 1 年以上かかりました。今回はテクノロジーの進歩により、新型コロナウイルスのゲノムのシーケンシングが 1 ヶ月未満で可能になり、早期の診断テストがすぐに始まります。

遠隔医療も進歩しました。高度で信頼性の高いハードウェアとインターネットが利用できるようになり、医師がリアルタイムで患者を遠隔地から診察できるようになりました。医師と患者が双方向でコミュニケーションできるモバイル アプリもあり、災害のヒートマップを作成したりすることもできます。

協力して解決策を見つける

新型コロナウイルスの影響で、世界中で多くの人が感染し、亡くなっています。私たちの健康は、感染を阻止するために対応し、封じ込め、治療し、ワクチンを提供する政府、医療、テクノロジーなどに依存しています。このような時代に、私たち一人ひとりがより迅速に行動し、効率を高め、業界を超えたコラボレーションを促進する方法を考える必要があります。

 

今回のような危機的状況下では、世界各地のコミュニティを結びつけられる可能性があり、テクノロジーが計り知れない問題を解決する役割を担うことができます。たとえば、中国・マカオの当社テクノロジー パートナーは、現地のその時点での感染者数、感染場所、病院の待ち時間、マスクを販売している店、銀行の営業時間などの便利な情報を表示する、GPS 対応ダッシュボードを構築しました。これらの情報は数分ごとに更新されています。

このサービスが開始されてから数日で、マカオの人口のほぼ 10 % がこのサービスにログオンし、リアルタイムで提供される信頼性の高い情報にアクセスしました。これは市民向け情報戦略の重要な要素です。このマカオ ダッシュボードは、最初のコンセプト ミーティングからわずか 5 日後に公開されました。

この情報ダッシュボードは市民が利用するだけでなく、それまで市民の問い合わせに回答していた医療従事者にも提供され、時間の有効活用になりました。現在はインタラクティブ マップで提供されています。 インテリジェント オートメーション (高度な自動化) により人の時間管理を効率的に行えるようになると、緊急時の対応が迅速になり、効率が向上し、業界を超えたコラボレーションが実現します。

自動化は医療従事者に力を与える

この他、世界的な医療危機を支援するテクノロジー革新の例として、世界中の臨床データを収集している世界保健機関 (WHO) があります。WHO で扱われるデータは、ソフトウェア Bot を使用してシステムに自動的に入力されます。これにより人間の医療従事者による手動入力を必要とせずに、フォームをすばやく正確に記入します。

医薬品の需要が拡大していることを考慮して (日本のある製薬会社では通常の 5 倍の注文が発生しています)、多くの組織が RPA を使用して注文処理サプライ チェーンの自動化を始めています。これにより、注文が効率的かつ正確に処理され、製品が切実に必要とされる地域にタイムリーに配布されます。

別の企業では、当社の RPA ソフトウェア Bot を導入して、データ量を自動的かつ簡単に記録、監視しています。その結果、病院や診療所では、データを最適化および抽出して、診断方法やさまざまな種類の治療法を検討するための分析ができます。

皆で協力できることは多くあります

技術革新は、この危機を日々緩和するのに役立ちます。そして全員が協力すれば、さらに多くのことができます。従業員が在宅勤務している可能性のあるお客様とパートナー様は、Automation Anywhere University でオンラインの RPA トレーニングを活用していただくことをお勧めします。ここでは、Bot を開発するのに役立つ様々なトレーニングを提供しています。

また、ビジネスユーザーや推進者の方々が抱える問題に協力しあって解決できるように、A-People コミュニティの機能を拡充しました。ここでは、先述したマカオでの事例のような実践的なアドバイスとユース ケースを共有し、同様の問題を抱える地域が潜在的な解決策を見つけられるように支援します。

多くの参考情報がありますので、フォーラムへの参加、サポートの利用、アイデアや専門知識の共有も可能で、感染拡大を緩和することができる質問は優先的に扱われます。このようにして公衆衛生にかかわる人たちの助けになるように、私たちが協力できる分野に取り組みます。

最後に、RPA プラットフォーム Community Edition は、インテリジェント RPA を無料で試して業務の一部を自動化し、最も重要な仕事に集中したい人が利用できます。

より大きな目的を達成するために、テクノロジーを良き力として皆で活用していければと考えております。

RPA が人の能力を拡張する利点についてご参照ください