無料体験版

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう

英語版のブログはこちらをクリックしてください

Automation Anywhere Enterprise 11.3.2 のグローバル化のプロセスとプラン

2019年 5月 23日 オートメーション・エニウェアニュース 執筆: Hanny Patil

はじめに

RPA業界とともにオートメーション・エニウェアは近年大きな成長を遂げました。この成長は、弊社が設立されたアメリカや英語圏に限ったものではありません。弊社はその製品もグローバルに展開しています。 Automation Anywhere Enterprise のバージョン 11.3.2 では、日本語、韓国語、フランス語が追加されています。ローカライゼーションは、ユーザー インターフェース、ヘルプメニュー、ドキュメント、さらにはハードウェアまでもが対象になります。例えばフランス語のキーボードには、 Windows だけでも 11 種類以上のレイアウトがある場合があります。

本ブログでは、国際化やローカライゼーションを含むグローバル化のプロセスや、製品を特定地域に提供する取り組みについて概要を解説します。

グローバル化> 国際化 > ローカライゼーション

今日のグローバル市場の現実を踏まえると、ローカライゼーションは、企業全体のグローバル化における重要なステップの一つです。グローバル化に必要な要件の中心には、エンジニアリングのクオリティがあります。そしてそのクオリティは、使用する現地の言語だけではなく、文化的な一面によっても決まります。例えば、中南米で車を販売する際は、車名を「Nova」にしないように注意する必要があります。「Nova」はスペイン語で「行かない」を意味するからです。またグローバル化には、レガシー コードやデータなどの要素を必要とします。例えば、日本語で動作するローカライズ版ソフトウェアをお持ちの場合は、古いメッセージやデータが英語で表示されるようでは困ります。つまり、あらゆる面をカバーする必要があります。

弊社が競合他社と一線を画してきた主な要素にサポートがあります。 11.3.2 以降でもそれに変わりはありません。サポートも現地語で行い、現地のサポートチームも必要です。以下のチャートには市場参入プロセスにおけるあらゆる分野が示されており、グローバル化がこのプロセスの包括的なレイヤーであることがわかります。グローバル化の輪の中には、製品特有の要素とされる国際化とローカライゼーションがあります。次のセクションでは、この 3 つのカテゴリーを詳しく取り上げます。

circle

定義:

グローバル化

ビジネスを国際規模で運用拡大させる際に生じます。

  1. 製品の国際化やローカライゼーションで行われる作業で重要な要素とされています。
  2. マーケティング、営業、法務、サポートなどの部門が含まれ、世界中のお客様の体験を向上させます。

国際化

文化、地域、言語が異なるターゲット層に向けて簡単にローカライズできるようにする製品、アプリケーション、ドキュメントコンテンツの設計や開発を指します。

  1. マルチバイトの言語サポートに対応するための製品レベルでの変更も含まれます。
  2. すべての製品 UI のラベルやメッセージで文字列変数を使用して、翻訳作業を行います。

ローカライゼーション

特定のターゲットマーケット (ロケール) の言語、文化、その他の要件に合わせ、製品、アプリケーション、ドキュメント コンテンツを調整することを意味します。

  1. 特定の言語の製品 UI (ラベル、テキスト、言語) の翻訳が含まれます。
  2. 地域ごとのロケール設定 (例: Win10 の日本語版の日付、時間、地域、OS言語) で製品の動作をテストします。

グローバル化の短期的な目標とプラン

Enterprise 11.3.x のリリースで弊社はグローバル化に注力し、製品の世界的拡大に向けて以下の目標を設定しています。

  • 英語を話さないユーザーへの対応、普及の加速
  • ラテン語以外の文字 (例: 日本語) を使用するアプリケーションをサポート
  • ローカライズされた言語で AAE ユーザー インターフェースを表示
  • ローカライズされた言語でドキュメントを提供
  • Community Edition 版のアップデート

弊社のグローバル化プランは、以下 (これらだけではありません) をグローバル化することで、Enterprise 製品のエコシステムやその要素を大きく変えていきます。

  • 主要製品
  • サポート (現地語でサポートを提供)
  • 製品デモやWebサイト
  • 製品関連ドキュメント
  • Apeople コミュニティ
  • Automation Anywhere University (コースやテストなどを含む)
  • 英語環境で作成された Bot の現地オフィスでの使用

enterprise

グローバル化プランは、製品のエコシステムのあらゆる部分に影響を与えます。

Automation Anywhere Enterprise 版および言語プラン

Automation Anywhere Enterprise の次のバージョンでは、以下の言語を利用できます。

box

概要

弊社は世界中に完璧な製品を提供するため、グローバル化に多大な投資を行っています。これには、国際化やローカライゼーションへの投資も含まれます。主力製品の Enterprise には近日中に6 つのメジャーな言語が新たに追加されるなど、すべての製品がこのプロセスを踏んでいます。

Automation Anywhere Enterprise 概要は