GDPR コンプライアンスに対応すべき理由

欧州連合の一般データ保護規則 (GDPR) 2016/679 は、欧州連合内のすべての市民および居住者にデータ保護とプライバシーを提供する EU の法律です。GDPR は、個人データの管理と保護の方法に関する国際的なプライバシー要件の概要を示しています。GDPR により、企業は PII などの機密データを保護するためにあらゆる手段を講じることが義務付けられています。

GDPR コンプライアンスに対応した RPA セキュリティ

オートメーション・エニウェアのインテリジェント オートメーション クラウドの導入アーキテクチャは、お客様のインフラストラクチャとデータの保護にセキュリティを最重要視したアプローチを採用しています。情報セキュリティは、データのセキュリティ、認証情報、細分化されたロールベースのアクセス制御 (RBAC) の大規模での展開など、オートメーション・エニウェアのデジタルワークフォース プラットフォームのあらゆる面に組み込まれています。オートメーション・エニウェアは、最も厳格なガバナンス、信頼性、コンプライアンス要件を満たすよう、DevSecOps によって セキュリティを組み込みんで設計されたロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) を提供しています。

セキュアなプラットフォーム

セキュリティとコントロールはプラットフォームの各レイヤーに組み込まれて います。エンタープライズレベルの暗号化で、ユーザーのデータは保存時も転送中も 保護されています。きめ細かなロールベースのアクセス制御で、承認されたユーザーしかデータにアクセスできません。監査ログおよび証跡はコンプライアンスの証拠となり、透明性や運用の整合性を示します。

データ保護を考慮した設計

GDPR では、企業は PII などの機密データを保護するためにあらゆる手段を講じる必要があります。Web アプリケーションファイアウォール、アプリケーション ロードバランサー、Bot レベルの職務分離、きめ細かなロール ベース アクセス制御 (RBAC)、
保存時および転送中の暗号化など、今日の RPA ソリューションの中で最も安全な機能により、利用者は個人情報が安全であることを確信できます。

安全なクラウド運用

オートメーション・エニウェアのインテリジェント オートメーション クラウド運用チームは、プラットフォーム内のすべての運用プロセスを監視し、自動化されたビジネス プロセスのあらゆる段階でユーザーとその承認ステータスのログを継続的に記録します。データ漏えいが発生した場合、フォレンジック分析とレポート作成用に詳細なログが 生成されます。

非常に安全性の高い RPA プラットフォームをご覧ください