automating content

概要:

RPAツールを選定される場合、どのくらい簡単にロボットを作成できるか、 開発ツールが日本語化されているか等、開発に関わるところに興味をお持ちの方が多いと思います。

しかし実際に運用していくと、開発者やロボットの利用者、新たに作られるロボットの増加により、RPAを管理される方の負担をどう軽減するかも課題となります。

Automation Anywhere Enterprise は、RPAを管理される方の負担を減らし、セキュアな運用を実現するための機能が充実しています。

またロボットの稼働状況を把握することで効果的なリソース配分やスケジュール管理がしやすくなります。

本Webinarでは、管理者機能を持つControl Roomの操作方法やロボットの管理方法をご紹介し、全社展開においても効率的な運用管理の方法をご提案します。

大森 信介
オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 セールス エンジニア