ニュース ルーム

特集記事

New-York-Business-Journal
ロボティクスが UiPath のレイオフに対抗: 「人材募集中」

この記事では、RPA 市場の驚くべき成長とオートメーション・エニウェアの拡大についての概要を説明しています。

Enterprise-Project
ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) 成功プランを作る方法

この記事では、RPA を拡張するための包括的な戦略の重要性を強調し、長期的に成功する RPA 戦略のためのオートメーション・エニウェアの 8 ステップ フレームワークについて特集しています。

TechTarget
化学薬品企業、RPA を使用してワークフローを簡素化

この記事では、オートメーション・エニウェアの新しいクラウドネイティブな Enterprise A2019 プラットフォームを取り上げ、A2019 により Eastman 社がどのようにしてビジネスプロセスを簡素化し、貴重な時間を節約できたかを詳しく説明します。

TechTarget
ソフトバンク株式会社がロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) に 3 億ドルを投資した理由

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) は、エンタープライズ オートメーションの将来像であり、デジタルトランスフォーメーションの重要な柱です。オートメーション・エニウェアの CEO が、職場の将来像にこのテクノロジーが与える影響について説明します。

dataquest
中小企業が抱える RPA 導入の悩みを解消

オートメーション・エニウェアの IMEA 担当エグゼクティブ バイス プレジデントである Milan Sheth が、RPA が中小企業にもたらすメリットと、企業が長期的なメリットの観点から RPA を検討する必要がある理由について語ります。この記事では、RPA の導入時に中小企業が直面する課題を解消することを目的とした Automation Anywhere Community Edition についても説明します。

TechTarget
既製の Bot

インド最大の発行部数を誇る経済日刊新聞 The Economic Times に掲載された、オートメーション・エニウェアについてこれまでで最も深く掘り下げた記事です。同社がユニコーン企業に成長した過程が素晴らしい筆致で書かれています。

TechTarget
オートメーション・エニウェアとマイクロソフト社の提携が示す RPA 市場の活況

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) は、企業の業務と効率性にどの程度の影響を与える可能性があるでしょうか? 急成長を続ける RPA 市場では、この影響は劇的といえるレベルになり得ます。オートメーション・エニウェアの CEO が、RPA の導入と、RPA テクノロジーのトレンドが組織にとって重要である理由を語ります。

TechTarget
オートメーションで、より有意義な職場を実現

組織にとって重要なのは、RPA を恐れるのではなく、ワークフォースの拡充において RPA が果たす役割を理解することです。

TechTarget
中小企業、「ワークフォース」を増強するため自動化 Bot に注目

オーストラリアの法律事務所、MSA National が業務の一部を自動化することを決定した際に、CEO の Ayhan Baba 氏は従業員に対し、新しいテクノロジーの導入に伴って雇用が失われることはないと約束しました。

TechTarget
メルボルン大学、増大する学生の期待に応えるためオートメーションを利用

大学では、RPA を現在および将来の学生の期待に応えるために必要なサービス レベルを達成する支援ツールと考えています。

TechTarget
CIO は IT の活用方法をロボティクスに対応したものへと変革できるか

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) はオーストラリアの産業界で広く導入されており、72% の企業が RPA によって従業員あたりの作業時間を月 50 時間以上節約できたと述べています。

TechTarget
オーストラリア/ニュージーランドでは従業員が RPA 導入の恩恵を最も受ける見込みであるという調査結果が明らかに

オートメーション・エニウェアは、「A/NZ Businesses Reap Early Success of RPA Adoption」という新たな調査を発表しました。この調査では、RPA は普及しており、単なる業務効率の改善にとどまらない幅広い影響をもたらすという結果が明らかになりました。

TechTarget
オーストラリア/ニュージーランドでは従業員が RPA 導入の恩恵を最も受ける見込みであるという調査結果が明らかに

オートメーション・エニウェアは、「A/NZ Businesses Reap Early Success of RPA Adoption」という新たな調査を発表しました。この調査では、RPA は普及しており、単なる業務効率の改善にとどまらない幅広い影響をもたらすという結果が明らかになりました。

TechTarget
従業員が RPA 導入の恩恵を最も受ける見込みであるという調査結果が明らかに

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) プロバイダーのオートメーション・エニウェアは、オーストラリアおよびニュージーランド (ANZ) における RPA 導入の規模と成熟度を確認するため、ANZ の銀行および金融サービス、電力および公共事業、政府機関および通信企業の 211 名の意思決定担当者とインフルエンサーを対象にした調査を Forrester Consulting に依頼したことが明らかになりました。

TechTarget
ロボティック・プロセス・オートメーション市場に機会を生み出す Bot Store

RPA はシステム インテグレーターとシステム開発者に新たな機会を提供しています。またシステム インテグレーターとシステム開発者は、オートメーション・エニウェアの Bot Store から定期的な収益を生み出すことができます。

Zdnet
エンタープライズ Bot とオートメーションによって従業員を解放した今、次のステップは?

エンタープライズ Bot は、ワークフローの編成からデータ収集までさまざまな作業を処理します。

Zdnet
人道的な配慮しながらエンタープライズ AI とロボティック・プロセス・オートメーションを導入するための 8 つのアクション

企業は人工知能、機械学習、ロボティック・プロセス・オートメーションによって社内業務を可能な限り自動化する方向へ積極的に進んでいます。

SiliconAngle
台頭するオートメーション。オートメーション・エニウェアによれば、実務者はオートメーションを気に入っている

ワークプレイス オートメーションという「列車」はもう駅に着いています。これからどうなるでしょうか? 全員が職を失うことになるでしょうか? それとも自宅でくつろいでいる間にロボットに仕事をさせることができるでしょうか? 実際には業務でオートメーションを利用している人々が存在しており、このような極端な状況の間の中間的な状況といえます。このような人々は、生産性、創造性、効率性の面でオートメーションのフライホイール効果を実感しています。

CRN
オートメーション・エニウェアのインド、中東、アフリカ担当エグゼクティブ バイス プレジデント、Milan Sheth | 独占インタビュー

オートメーション・エニウェアのインド、中東、アフリカ担当エグゼクティブ バイス プレジデント、Milan Sheth が CRN とのインタビューで、職場の将来像、RPA、そしてテクノロジーにおけるインドの役割について話します。

Forbes
RPA (ロボティック・プロセス・オートメーション) について知っておくべきこと

RPA (ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、ハイテク市場で最も注目されている分野の 1 つです。

VentureBeat
オートメーション・エニウェア、ソフトバンクのビジョン ファンドから 3 億ドルを調達

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) は、これまで実務者が行っていた繰り返しが多く単調なオフィス業務をインテリジェント エージェントに実行させるテクノロジーであり、注目のセクターです。

ReadItQuik
RPA で人間の労働力を増強

RPA とビジネスへの影響について: オートメーション・エニウェアの共同創業者、Neeti Mehta Shukla との会話

cio ng
CIO 最前線: ロボットのリブート: オートメーションはいかに人間の労働力の助けとなるか?

企業には独自の考えに固執して取り残されるか、従業員を将来の職に備えてスキルアップさせるために投資するかしか道はない、とオートメーション・エニウェアの Adrian Jones は語ります。

Zdnet
オートメーションと AI によって仕事はより人間らしくなるか?

ロボティックと人工知能 (AI) の話題になると、多くの人は疑念、場合によっては恐れといった反応を示します。しかし、ロボティック・プロセス・オートメーション企業であるオートメーション・エニウェアのためにロンドン大学のゴールドスミス・カレッジが実施した「The Augmented Human Enterprise」という調査では、もっと楽観的な結果が出ました。

venturebeat
AI で仕事はより人間らしくなるのか?

新たな調査によれば、AI により実際には労働生活が向上する可能性があるという結果が明らかになっています。これは従来の仕事が無くなるという終焉の予兆とはかけ離れています。

venturebeat
成長拡大するオートメーション・エニウェア、ビジネスのデジタル化に伴い人材募集へ

サンノゼに本社を置くオートメーション・エニウェアは、企業向けロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) 分野の上位 5 社に入るグローバル リーダーであり、オートメーションの機会拡大を利用するため事業の拡大に乗り出しています。

Computer Weekly
従業員とともにロボティックの導入に取り組む企業は最も収益を上げている

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) および人工知能 (AI) テクノロジーの導入の重要な部分として従業員の能力開発に取り組む企業は、そうでない企業よりも大幅に高い収益を上げています。

ET CIO
インド、オートメーションおよび AI 導入において米国と日本を抜く: 調査

インドではかなり以前からオートメーションが開発されていますが、最近の調査によれば、インドは現在、米国と日本よりも進んでロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) と人工知能 (AI) ベースのテクノロジーを世界規模で促進しています。

venturebeat
オートメーション・エニウェア、ビジネスプロセスを自立させるために 2 億 5,000 万ドルを調達

カリフォルニア州サンノゼに本社を置く、ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) を推進する新興企業オートメーション・エニウェアは、本日、New Enterprise Associates および Goldman Sachs が率いる資金調達ラウンドで 2 億 5,000 万ドルを調達したと発表しました。

SiliconAngle
オートメーション・エニウェア、ビジネス Bot 向けに 18 億ドルの評価額に対して 2 億 5,000 万ドルを調達

Goldman Sachs Group 社および New Enterprise Associates 社は、ロボティック・プロセス・オートメーションという新興分野に大きな成長の可能性を見出しているとみられています。両社は、本日、この業種の最大手の 1 つであるオートメーション・エニウェアから 2 億 5,000 万ドルの投資を行う主要投資家に指名されました。

Forbes
近い将来 IT を変えるロボティクスの 5 つの動向

日常業務の迅速化と効率化を実現するロボティクス、AI、機械 IT の導入を検討している企業が増えています。オートメーション・エニウェアの製品およびエンジニアリング担当シニア バイス プレジデント、Abhijit Kakhandiki が、先頃、eWEEK にこれらすべてに関する自身の見解について語りました。

SiliconAngle
オートメーション・エニウェア、デジタルワークフォースによる労働力の補強で生産性を向上

クラウドや「モノのインターネット」デバイスからのデータの急増に伴い、企業の処理ニーズは急激に高まっており、手作業では急速に進展するコンピューティング ネットワークのニーズに満足に対応することはできません。問題を減らし、継続的なイノベーションを実現するために、企業はオートメーションと AI を活用して既存の労働力を強化することを求めています。

etcio
インドは世界のオートメーションのハブになる可能性がある: オートメーション・エニウェア共同創設者兼 CRO、Ankur KoKothari

アメリカでは高齢化が進んでいます。米国高齢者対策局は、2020 年には米国人口に占める 60 歳以上の割合が 22.2% にまで増加すると推計しています。この変化は、長寿とベビーブーム世代の人口の突出によってもたらされるものであり、米国がこれまでに経験してきた 60 歳以上の人口の中で最大の割合の上昇を示しています。しかし、これは雇用の立場ではどのようなことを意味しているのでしょうか?

venturebeat
労働力の高齢化が進むなかでのオートメーションの役割

アメリカでは高齢化が進んでいます。米国高齢者対策局は、2020 年には米国人口に占める 60 歳以上の割合が 22.2% にまで増加すると推計しています。この変化は、長寿とベビーブーム世代の人口の突出によってもたらされるものであり、米国がこれまでに経験してきた 60 歳以上の人口の中で最大の割合の上昇を示しています。ただし、これは雇用の立場ではどのようなことを意味しているのでしょうか?

Forbes
リーダーはいかにして従業員と機械を連携させることができるか

オートメーション・エニウェアの CEO である Mihir Shukla は、先週ロンドンを訪れ、ロボットと人間が一緒に働く「デジタルワークフォース」によって作り出される素晴らしい新世界の魅力について語りました。この新世界では、ロボットはデータ処理や基本的な分析などの単調な作業を行い、人間は判断と経験を必要とする事柄により多くの時間を費やすことができます。

NBC
オートメーション・エニウェアの CEO である Mihir Shukla が NBC のテクノロジー番組「Press:Here」に出演

オートメーション・エニウェアの CEO である Mihir Shukla が NBC のテクノロジー番組「Press:Here」に出演 インタビューの視聴はこちら

Forbes
Thirdware 社とオートメーション・エニウェア、自動車業界にソフトウェア Bot をもたらすため提携

Thirdware 社が、ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) 機能を自動車業界にもたらすためにカリフォルニア州サンノゼのオートメーション・エニウェアと提携しました。RPA は、システムにコンテキストを意識したソフトウェア Bot を追加することで、請求書発行、部品の発注や順序付け、電子決済など、ビジネスを進めるために必要なあらゆるデータの編成と処理を自動化することができます。

Financial Express
未来の仕事: 今の子供たちが 2025 年に担う仕事とは

世界が積極的に新しい形式のテクノロジーを採用するにつれて、既存の仕事の多くは存続の危機にあります。この事実についてそこはかとなく不安を感じ、今後 10 年で多くの職業がなくなると考える人もいます。先頃のマッキンゼーレポートによると、実際には、2025 年までに 1 億人分の仕事がなくなるとされています。これはきわめて恐ろしい数字ではないでしょうか? このような情報に照らして、将来の仕事はどのようなものになるのだろうかと不安に思わずにはいられません。私たちはどのような仕事をするのでしょうか? 私たちの子供はどのような仕事をするのでしょうか? ひとまず、先のことを考える前に、過去を振り返りましょう。

VB
斬新な Bot の時代における企業の説明責任の評価

私たちはかつてない進歩を経験している驚くべき時代に生きています。オートメーションは人間の進歩を推進する上で重要な役割を果たし、デジタル変革は新たな現状となっています。RPA、AI、およびコグニティブ機械学習といったテクノロジーは、新たなデジタルワークフォースを指揮する実世界のビジネスリーダーが管理しています。しかしながら、コストを削減し、エラーのない処理や新しいサービス モデルなどに注力する際には、人間の労働力、つまり我々人間についても考慮しなければなりません。

ETtech
ロボティック・プロセス・オートメーションの 8 つのベスト プラクティス

オートメーションは、世界中の企業のデジタル変革戦略に欠かせない要素となっています。特に、現在のロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) は、事業運営を合理化し、コストを削減するために最適なテクノロジーです。しかしながら、RPA イニシアチブの成否はどのように判断すればよいでしょうか? 判断基準は、最初の「実稼働」インスタンスがうまく稼働しているかどうかだけではありません。成否の判断基準は、戦略的に選択された RPA プロジェクトを活用してビジネスに弾みを付け、より複雑なビジネスプロセスを継続的に自動化して、持続可能な右肩上がりの ROI を実現できているかということにあります。このような成功を実現するためには、RPA の導入から大手企業が学んだ 8 つの重要なベスト プラクティスに従う必要があります。

FedScoop
NASA のシェアード サービス センターにおけるプロセス ロボットの活用方法

ミシシッピ州にあるステニス宇宙センターの NASA シェアード サービス センターのとある場所で、ジョージ・ワシントンは懸命に働いています。ジョージ・ワシントンは、人事や財務のスタッフに求められるチームプレイヤー型の従業員です。お決まりの反復作業を迅速かつ一貫して行うことに精通しており、不平は一切言いません。ジョージ・ワシントンは Bot です。

TechRepublic
IBM とオートメーション・エニウェアが提携し、手作業によるタスクを実行するソフトウェア Bot ソリューションを提供

プレスリリースで発表された IBM とオートメーション・エニウェアの新しいパートナーシップは、両社のテクノロジーを統合することで、データ集約型のビジネスプロセスのより効果的な自動化を実現します。

BusinessWorld CIO World
コグニティブ時代への対応

RPA Bot 一般、ひいてはコグニティブ対応 Bot を使いこなせるようになるにつれ、企業はますます多くのビジネスプロセスにおける Bot の利用に意気込みを見せています。

IT Pro Portal
RPA と機械学習の共生

ソフトウェア Bot は、ビジネスの生産性を高めるために、日常的な反復作業を問題なく自動化することはできます。ただし、ソフトウェア Bot が自分自身で、実際に実行されている作業に関する充実したインサイトを提供することはできません。最新の機械学習を使用することで、ロボティック・プロセス・オートメーションは Bot の機能に新たな活力を与え、ビジネスの生産性を向上させる新たな機会がもたらされます。

Business World
オートメーション・エニウェア、2020 年までに人間の従業員とともにソフトウェア Bot 300 万台の導入を目指す

現在、オートメーション・エニウェアは、コグニティブ機能を内蔵し、組み込まれたアナリティクス機能を備える、業界で最も包括的なエンタープライズレベルの RPA プラットフォームを提供しています。世界中の 500 社以上の大企業が、このプラットフォームを使用してほぼエラーを発生させることなくビジネスプロセスを管理し、より迅速にプロセスを拡張しているだけでなく、運用コストを大幅に削減しています。

CFO
世界を一新する影響力: 注目すべきテクノロジー企業 20 社

CEO の Mihir Shukla が、グローバルな「デジタルワークフォース」の構築というオートメーション・エニウェアのミッションについて語っています。彼は、オートメーション・エニウェアはこれまでに 45 万台の Bot を導入しており、2020 年までに 300 万台の導入を目指していると述べています。このような成長は、事業の拠点を選ぶ際の企業の意思決定が様変わりする可能性を示しています。「デジタルワークフォースの興味深い点は、地理に依存しないということです。デジタル変革は場所を問わず起こり、どんな場所でも実現することができるのです」と CFO の Shukla は述べています。

Nextgov
コーディング経験なしで Bot を構築。誰でも実施できます。

今日、株価をスプレッドシートに自動入力する Web クローラーを作成しました。あまり高度なものではありませんでした。CNNMoney からのいくつかの企業の引用を取得し、タイムスタンプとともに Excel ファイルに流し込んだものです。しかし、これは最初に作った Bot でした。そして、コーディング経験がほとんどなくても 1 時間以内で作成することができたのです。

Silicon Angle
お客様の仕事をソフトウェア Bot が行う時代が到来しつつあります。では、今何ができるでしょうか?

「Shukla は、AT&T や ANZ Banking Group などの企業ですでに使用されている Bot は、2020 年までには 300 万個が『デジタルワークフォース』として導入されると予測しています。このため彼は、Uber Technologies 社がタクシーを所有していなくても、運転手を雇っていなくても、世界最大手のタクシー会社と考えられているように、『ある意味で』オートメーション・エニウェアが世界最大手の雇用主となる可能性があると明言しています」

CFO
あらゆる場所での導入が進むロボット

「オートメーション・エニウェアの Shukla が、バックオフィスの従業員にとってもさらに明るい見通しを示しています。『ワークフォースは変わり、スキル要件も変わるでしょう』と彼は述べています。『当社のお客様から、繰り返し実行しなければならない単調な作業にうんざりしていた従業員が安心してため息をもらしていると聞いています。たとえば、人間の従業員がソフトウェア Bot と並んで働いている姿を想像してみてください。人間が繰り返し行わなければならない作業がある場合は、人間はその作業を Bot に任せるのです』」

GCN
政府 IT 向けの Bot 構築

RPA プラットフォーム プロバイダであるオートメーション・エニウェアの製品担当バイスプレジデントである Abhijit Kakhandiki は、「RPA は、人間が今日行っている多くのトランザクションを自動化して Bot に実行させる、きわめて簡単な方法を提供します」と述べています。「人間は Bot の監督者としての役割を担うようになり、より価値の高い作業を行うことができます」

CFO Innovation
基本的な RPA がアジアで増加するに伴い、次世代ロボットが出番を待っている

「オートメーションは継続的なものであり、当社のプラットフォームは単一のプロセス、複雑なプロセスの一部、また複雑なプロセス全体でも自動化できるように設計されています。」と Khiyara は述べています。「当社では、デジタルワークフォースの創出につながるロボティック・プロセス・オートメーションに対する需要の高まりを認識しています」

AFS
ロボティック・プロセス・オートメーション: 経営幹部はロボットをどのようにビジネスに活用しているのか

「経営幹部は自社向けに提供している社内シェアード サービスを運用し、従業員の新人研修やベンダー調整の 2 つのプロセスでオートメーション・エニウェアを使用して RPA パイロットを監督してきました。さらに、来月頃には 5 つのプロセスが稼働する予定です」

INC.
ポッドキャスト: 私の同僚は Bot

「オートメーション・エニウェアは、世界各地 10 か所にあるオフィスに 30,000 人の従業員を擁しています。Mihir の目標は、従業員を擁することなく、世界最大の雇用主の 1 つになることです。オートメーション・エニウェアはこれをどのように実現するのでしょうか? 今後 4 年間で、オートメーション・エニウェアは、300 万人の生産能力で稼働する 300 万のソフトウェア Bot を世界中で展開する予定です」

Everest Group
Bot Farm: オートメーションの次の一歩

「オートメーション・エニウェアは、より大きなシェアと高い収益性によって市場で利益を上げるでしょう。さらに重要なのは、オートメーション・エニウェアの顧客にメリットがもたらされるということです。これは、ときどきしか使用しないツールに大量の資本を費やすことなく、必要なときに、必要なものを購入できるためです。オートメーション・エニウェアのモデルは、市場においてきわめて重要な開発であり、大手オートメーション プロバイダーがこのように制約に取り組む姿はすばらしいものです」

HFS
RPA 導入のための 2 つのモデルに関する話

「この PoV で HfS は、バンガロールの Australia and New Zealand Banking Group (ANZ) およびダラスの AT&T への現場訪問により確認された、高度で成功した SSC/GBS 環境下でオートメーション・エニウェアの RPA テクノロジーを大規模に導入するための 2 種類のモデルを検証します。」

Yahoo! Finance
Accenture とオートメーション・エニウェアの連携によりロボティック・プロセス・オートメーションを実現

「Accenture とオートメーション・エニウェアは連携して、ビジネスプロセスを自動化する組織にエンタープライズ レベルの RPA ソリューションを提供することで、より迅速かつコスト効率に優れた業務の拡張を実現すると同時にパフォーマンス精度を高めます」

TechTarget
IT サービス業界を変革するソフトウェア ロボット

「Shukla は、最大手 20 社の IT サービス プロバイダーのうち 16 社が同社、すなわち同社の RPA ソフトウェアと提携していると言います。また、同社のチャネル パートナーは、RPA を『産業規模』で導入し、この技術に向けて何千人もの従業員を育成しているとも述べています。大企業の間で最も普及している RPA ではあるが、ソフトウェア ロボットはより小規模なサービス プロバイダーに浸透しつつあり、最終的には消費者向けテクノロジーになるだろうと述べています」

HFS
BotFarm を取り入れてプロセス デリバリーを一新

「オートメーション・エニウェアの BotFarms はまさに RPA にイノベーションをもたらすタイプの製品です。市場が古いレガシー モデルから As-a-Service (サービスとしての) の世界へと移行する中、企業とサービス プロバイダーの両者が、このインテリジェント オートメーションがプロセス デリバリーにもたらす機会を業界がよりうまく利用できるようにする必要があります」

TechTarget
RPA ソフトウェア: サービス会社、自身で顧客を自動化

「オートメーション・エニウェアの CEO である Mihir Shukla は、ソフトウェアロボットと人間の労働者は将来的に、建設現場で重機を操作する建設作業員のように、なじみのある人間と機械の関係に似たパートナーシップを構築するだろうと言います。『このような関係性は職場では自然なことになるでしょう』と彼は述べています。『いつか…ロボットが私たちのパートナーになる日が来ます』」

Wall Street Journal
AT&T の従業員がソフトウェア Bot で繰り返し作業を自動化

オートメーション・エニウェアの顧客である AT&T 社は、「手動の作業に Bot を使用することで、顧客のサイクル タイムを短縮し、より迅速にサービスを提供することができる」と述べています。AT&T 社の RPA 導入の詳細については、こちらをご確認ください。

CIO
コグニティブ テクノロジーとあらゆるもののオートメーション

「さらに、この新しいデジタルワークフォースは、アウトソーシングの世界に構造変化をもたらしています... IPsoft、IBM Watson、オートメーション・エニウェアなどの企業がコグニティブ オートメーションのコアテクノロジーを提供しているだけでなく、Wipro、TCS などの世界最大手のアウトソーシング企業の多くが独自のコグニティブ プラットフォームを導入しています。これにより、労働集約型のオフショア サービス環境はクラウド環境に変革していく勢いです」

SourcingFocus
オートメーション・エニウェアと連携してオートメーション機能を強化する EXL

「この取引により、オートメーション・エニウェアは業界をリードする RPA プラットフォームだけでなく、ビジネスオペレーション、アナリティクス、および業界の専門知識を EXL に提供する企業であると認識されるようになります」

Financial Review
ANZ で「単調な仕事」をロボット ワーカーに実行させることが実現し、機械が台頭

「これは、ビジネステクノロジー分野の新しい分野であり、比較的小規模なテクノロジー企業が、この分野への参入を熱望する大企業との契約を獲得しています。ANZ は、OpenSpan やオートメーション・エニウェアといった成長中の米国企業と主に連携していますが、インドや米国のアウトソーシング ベンダー最大手の多くが RPA を自社製品に組み込むために奮闘しています」

zdnet
「ホワイトカラーのオートメーションが新たな産業革命をもたらす」と CEO が発言

ロボティック・プロセス・オートメーションは、通常ホワイトカラーの労働者が実行する複雑な作業を自動化します。RPA 業界の最大手企業の一つ、オートメーション・エニウェアの CEO である Mihir Shukla は、RPA により私たちはより人間らしくなることができ、次の産業革命を起こすことができると述べています。理由は次のとおりです。

Wall Street Journal
プロセス オートメーションとリエンジニアリングの再生

パフォーマンスの向上は 10 倍ではありませんが、プロセス実行に伴うコストと時間は、多くの場合、30 ~ 40% 向上します。プロセス オートメーション ベンダー、オートメーション・エニウェアがまとめた一連のケーススタディにより、このレベルの改善が一般的であることがわかります。

Wall Street Journal
新しい簿記係はロボット

「フロントオフィスとバックオフィスでオートメーションを使用する企業向けのソフトウェアを作成する、オートメーション・エニウェア (本社:カリフォルニア州サンノゼ) の CEO である Mihir Shukla は、『短期的には、オートメーションにより企業が募集する仕事の数が減ります。しかしながら、長期的には、ソフトウェアが企業のより効果的な運営をサポートすることができます。人間のように考える場合、できることは特定のことに限られます。ロボットのように考えると、多くのことが可能になるのです』と述べています」