automating content

抽象:

RPAツールの選定において、Bot(ロボット)を容易に開発できるかどうかは非常に重要なポイントです。

高度なIT技術を持ち合わせていない方でも、業務プロセスの自動化を実現するBotを容易に開発、メンテナンスすることができれば、開発、運用コストをおさえながら、素早く業務改革を行うことが可能になります。

Automation Anywhere EnterpriseはRPAを導入する上で、プログラミング経験がない方でも開発しやすい環境や、独自の再利用可能なBotコンポーネント、Botのパーツを提供するマーケットプレースである「Bot Store」等を用意しており、それらを使用することでスムーズな開発を実現しています。

本Webinarでは、Automation Anywhere Enterpriseの開発機能の特長を踏まえて、Bot作成方法をデモンストレーションを交えながら、ご紹介します。

重光 翔吾
オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 セールス エンジニア