自動化によって ERP システムを促進

ERP システムは、統合されたバックオフィスシステムの根幹をなす部分です。それと同時に、財務、人事、CRM、サプライチェーンなど組織全体にまたがる ERP の機能は、人によって遂行される高コストかつエラーの多い反復的なマニュアル作業に依存し続けています。

RPAによる自動化で以下のことが実現可能になります。

  • コスト削減
  • 高い精度
  • 処理速度の向上
  • 常に利用可能で柔軟性と拡張性に優れたワークフォース
  • コンプライアンス 操作性、監査可能性の向上
  • リアルタイム アナリティクスとビジネス インテリジェンス
  • 従業員満足度の向上

インテリジェントなデジタルワークフォース

RPA はより高度で付加価値を持つ業務のために労働力を解放します。

RPA はどのように ERP プロセスを⾃動化させるのでしょうか。RPA の Bot は⼈間と同じよ うに動作します。プロセスのフローを変える必要はありません。RPA の Bot はパターンを 認識、⽐較、参照した上で確⽴することができます。RPA のソフトウェアロボッ トには、ログインからコピー&ペースト、⽋損データの修正に⾄るまで、⼈と同じスキルセットが備わっています。

デジタル コグニティブ
導入も使用も容易

Automation Anywhere Enterprise RPA は、ビジネスに関連する誰もが簡単に利用できるように設計されています。

導入
容易に拡張可能

RPA は、ダイナミックに変化するビジネスニーズに応じて全社に素早く拡張できるよう設計 されています。

統合
エンタープライズ級の安全性

業界をリードする安全性に優れたプラットフォーム アーキテクチャと⾦融機関レベルの暗号化

総合的なデジタルワークフォースによるバックオフィ ス システムの効率化

現在および将来のデジタルワークフォースのために設計された RPA プラットフォームにより、 ERP プロセスのシームレスな⾃動化がもたらすメリットを実現します。

RPA

Bot によって、構造化されたビジネスプロセスをエラーなしで実行

コグニティブ

複雑なデータに AI と機械学習を用いることで自ら改良を行うオートメーション機能

RPA アナリティクス

すぐに適用可能なリアルタイム運用型のビジネスインテリジェンス

RPA によるあらゆる ERP プロセスの向上

人事

採⽤、オンボーディング、キャリア形成など、従業員のライフサイクルのプロセスに関す るすべての側⾯を⾃動化します。RPA はすべての反復作業や⽇常的な業務を処理し、⼈事 をより⼈間的で付加価値のある仕事のために解放します。

CRM

⾃動化で顧客体験 (CX) を強化します。チャットボットはコールセンターの能率化を図り、 顧客満⾜度 を⾼めます。インテリジェントな Attended Bot (クライアントで実⾏を指⽰す る Bot) は、問題がエスカレートする前に対応を⼈に委ねます。

サプライチェーン

プロセスの⾃動化は、無駄のないサプライチェーン機能を実⾏する鍵となります。RPA は ⼈件費を削減し、企業の競争⼒を⾼めます。

製造

⾃動化によってコラボレーション、在庫管理、調達、注⽂処理が改善します。データを持 つチームによる⽣産管理・最適化が可能になります。

財務

財務および会計処理を⾃動化し、⼈的エラーの要因を排除します。全体的なコスト効率を ⾼め、法律で定められた報告要件を満たすためにプログラムされた RPA によって法令遵守 能⼒を強化します。

ビジネス
インテリジェンス

プロセスレベルのリアルタイムのデータ分析で敏捷性を⾼め、重要な意思決定能⼒を向上 させます。組み込み型の RPA アナリティクスである Bot Insight は主要な BI ソリューションと統合し、デジタルワークフォースのパフォーマンスに関してこれまでにない新しい洞察をもたらします。

何を自動化するべきか?

最も多く導入されている RPA プラットフォームで ERP プロセスを自動化

Enterprise
SAP
IQBot
Oracle
Bot Store
他の ERP

RPA で ERP のパフォーマンスを変革