12 ヶ月以内に予定されている RPA の拡張 200%

46 の Bot が稼働中

初のオートメーションを 10 週間で構築

会社情報

Quad/Graphics 社は、業界大手のマーケティング ソリューション プロバイダーです。同社は印刷分野における確固たる基礎を活かし、マーケターやコンテンツ クリエイターによるオフラインとオンラインの両方のチャネルでのより効率的かつ効果的なマーケティングを支援する、包括的な統合マーケティング プラットフォームを提供しています。

課題

デジタル イノベーションによる変革の真っ最中であり、非常に競争の激しいマーケティング サービス業界で成功するため、Quad/Graphics 社は常に無駄を省き従業員の生産性を上げる方法を探っています。同社はリーンの原理に基づく継続的な改善の文化と、他社での成果に関するメディア特集にアイデアを得て、従業員が顧客対面式の価値の高い業務により多くの時間を費やせるようにするため、ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) を試すことにしました。

「最初のパイロットから短期間で RPA の成果が得られたため、RPA が従業員にどのように役立つのかという話がビジネス部門にあっという間に広まりました」

Kaur

Quad Graphics、コントローラー、Sarah Butzer 氏

自動化されたプロセス

請求レポート
ベンダー プロフィール
運用報告
調整

ソリューション

Quad/Graphics 社は 2017 年初めに Ernst & Young 社とともに RPA ジャーニーを開始しました。同社はビジネス部門を通じて一から草の根方式で全体的に RPA を展開していく計画を立て、手始めに財務部門での支払処理の効率化に Automation Anywhere RPA を導入しました。これが大きな成功を収めたため、他の 15 以上の部門でも RPA が導入されました。

事例

Quad/Graphics 社では初期の成功を機に RPA の可能性を示す事例が集まり始め、部門から部門へと RPA に対する期待が広まっていきました。しかし同社での RPA への投資は慎重に行われました。会社全体から手動プロセスの自動化に関するアイデアを募った後に、RPA チームが従業員とともに実際に可能であるかを評価し、特定のプロセスの課題に RPA が適切であることを確認しました。RPA の成功の鍵となったのは、RPA チームと従業員の緊密な協力でした。RPA をワークフォースに導入するにあたり RPA チームと従業員の間に真のパートナーシップが築かれていることで、信頼が生まれ、将来の成功への道が拓かれます。

Quad/Graphics 社では、より価値の高い業務に従業員を活用するという目標が達成されました。たとえば、顧客請求書の作成では、請求担当者がそれぞれの請求書に対し 10 種類の請求レポートを手作業で作成する手間が省かれました。これにより回収時間が短縮され、1 日に 1 千万ドルという多額のキャッシュ フローの改善が実現されました。さらに、請求レポートが夜間に自動的に作成されるようになったため、人間の従業員による作業効率が大幅に改善されました。RPA が組織全体に広まるにつれ、従業員が手作業から解放され、日常的な反復的作業ではなく分析業務に専念できるようになりました。

「当社の RPA プログラムは、コミュニケーション プラン、チームの組織的構造、自動化するプロセスの評価手順により、大きな成果を挙げることができました」

コントローラー、Sarah Butzer 氏

今後の展望

Quad/Graphics 社は RPA の分野で時代を先取りしているため、多くの企業から、特に小規模に始めて一から自動化変革を成功させた方法について、助言を求められています。同社では変更制御、適切なユーザー プロビジョニング、アクセス制御、バックアップ・リカバリー方法など、ガバナンスに非常に力を注いでいます。今日 Quad/Graphics 社では、2018 年に RPA を 200% 以上拡大させ、それにより高い ROI を実現する体制が整っています。

オートメーション・エニウェアの Enterprise RPA プラット
フォームの概要

他の組織での RPA の活用事例

数多くのお客様がオートメーション・エニウェアを
選んだ理由

無料体験版
Close

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう