無料体験版

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう

人間とボットの連携の仕組み

ガイダンスとアシスタンス

タスクを開始する際、スタッフはボットをトリガーして、タスクに関連するさまざまなデータベースやシステムからデータを収集します。スタッフは結果を確認し、アクションの実施はボットに任せます。例外が発生した時は、スタッフが難なく主導権を握り管理します。エージェントはお客様を第一に考えて、より良いサービスを提供できます。

image

オンデマンドのデータ処理

ボットをトリガーすることで、スタッフがデータ集約型のタスクを開始します。ボットはログインして、複数のシステムからデータを収集します。スタッフは結果を確認し、レポートの生成またはデータの更新をボットに許可します。エラーが発生しやすいデータ処理タスクのスピードと品質が向上します。

image

バーチャルアシスタント

たとえば、「不満を漏らすお客様への対応」タスクをスタッフが開始すると、エージェントに尋ねる質問をボットが提案します。エージェントとボットが情報をさらに収集しながら、ボットは次善アクションの提案を継続して作成します。ボットは、スタッフがより良いサービスを提供できるよう支援するだけでなく、ポリシーとプロセスに準拠するよう連携作業を調整します。

image

人間主導型 VS ロボット主導型
基本の検証

人間主導型 RPA

各スタッフのタスクを処理する

スタッフがトリガーし、ボットにアクティビティ遂行の指示を与える

スタッフがボットをトリガーし、必要に応じて必要な時にタスクを自動化する

コールセンターやサービスデスクの生産性とお客様満足度を向上させる

内容
方法
タイミング
理由
ロボット主導型 RPA

大規模なバックオフィス処理を自動化する

ルールベースのプロセスに基づいて事前に設定されている

ボットは人間の介入なしに事前に定められたスケジュールに従って、業務プロセスを完了する

コストの削減、コンプライアンスの向上、プロセスの迅速化を図りながら、機械的な作業からスタッフを解放する

 
Quad が日々のキャッシュフローを1000 万ドル増大 simplicity

Quad Graphics がロボット主導型ボットによって請求書処理をどのように迅速化したかご覧ください。





ケーススタディを読む
ボットが職場をより人間らしくする simplicity

ロンドン大学の研究者たちが、自動化が職場環境に与える影響について研究しました。彼らが解き明かした、ボットと人間の驚異的かつ生産的な連携の仕組みをご確認ください。


レポートをダウンロード