無料体験版

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう

AUTOMATION 360 にアップグレード

最新インテリジェント オートメーションの力を解き放つ

ようこそ、AUTOMATION 360 リソース センターへ。Enterprise 10 または 11 から最新の Automation Anywhere プラットフォームにアップグレードするためのツールやガイド、知っておくべき情報がすべて入手できます。

アップグレードの開始

アップグレードの開始

移行プロセスを順に導く、製品ツールと総合的なリソース セットが入手できます。

AUTOMATION 360 のご紹介

AUTOMATION 360 のご紹介

AUTOMATION 360 にアップグレードすると、フレキシブルで俊敏性に富んだ最新アーキテクチャによって構築された、クラウドネイティブの単一統合型デジタルワークフォース プラットフォームをご利用いただけます。

クラウド上にある RPA がより優れている理由

クラウド上にある RPA がより優れている理由

クラウド上にある AUTOMATION 360 なら、保守、インフラストラクチャにかかるコストや維持費なしで、スピード、スケーリング、セキュリティ、使いやすさが手に入ります。

移行プロセスとリソース

こちらのツールやステップバイステップのガイド、その他の便利なリソースを使って、移行プロセスを開始してください。

1

移行準備状況を確認

2

計画と準備

3

Bot の移行

 

Bot スキャナー

Bot スキャナーは、お使いの Enterprise 10 または 11 のどの Bot が移行可能かを理解するために実行するユーティリティです。

Bot スキャナーをダウンロード (英語)

AUTOMATION 360 移行ガイド

Bot スキャナーから Bot 移行プロセスまでの移行の道のりを始まりから終わりまで案内する、ステップバイステップの手引書です。

移行ガイドをダウンロード

追加リソース

移行をシームレスに行うためのツール。

リソースの詳細

クラウド導入かオンプレミス導入かを選択

クラウド上の AUTOMATION 360​ クラウド型には、速度、スケール、総所有コストの低さなどの利点があります。

オンプレミスの AUTOMATION 360​ 最新プラットフォームのすべてのメリットを自社のインフラストラクチャ上で実現します。メリットを見る

AUTOMATION 360 のライセンスを取得
下向き矢印 上向き矢印

AUTOMATION 360 のライセンスを取得

移行を始める準備ができたら、オートメーション・エニウェアのアカウント担当者に連絡して、移行ライセンスを取得してください。

移行ライセンスを入手では、移行が実行できるよう Enterprise 10 もしくは 11 と AUTOMATION 360 の製品を 90 日間並行して利用できます。

Control Room の準備

ライセンスと環境情報を受け取ったら、Control Room をセットアップしてください。

クラウド上の Control Room​ クラウドの場合は、新規の Control Room をセットアップする必要があります。

オンプレミスの Control Room​ お使いのオンプレミス Enterprise 10 または 11 の Control Room をバックアップして、AUTOMATION 360 にコピーすることで、Control Room の移行を実行してください。ドキュメントを読む (英語)

 

Bot 移行ウィザードで、選択した Bot を移行

Bot 移行ウィザードのステップバイステップのプロセスに従えば、Bot を個別に、またはまとめて Enterprise 10 もしくは 11 から AUTOMATION 360 に移行できます。

移行のテストと検証

移行された Bot を検査・実行して、自動化が的確に作動するか確かめることができます。

移行が 100% 完了するまでプロセスを繰り返す

いくつかの Bot がうまく移行できたら、同様のプロセスでお使いの Enterprise 10 もしくは 11 のすべての Bot を移行することができます。

AUTOMATION 360 のご紹介

すべてのビジネスプロセスのための独立した総合インテリジェント オートメーション プラットフォーム

単一の総合プラットフォーム

単一の総合プラットフォーム

  • フロントオフィス、バックオフィスならびに従業員生産性の自動化のための総合プラットフォーム
  • エンドツーエンドの自動化の価値サイクル: 発見、キャプチャ、自動化、最適化
  • 拡張可能なアーキテクチャと豊かなテクノロジー エコシステム
 

使いやすさ

  • 迅速なセットアップ
  • どんなユーザーでも容易に利用できる 100% ウェブベースの体験
  • シチズンディベロッパーのためのコードが不要もしくは最小限で済む Bot 構築
  • IT/COE の一元管理と制御
 

クラウドネイティブ

  • クラウドのメリットを活用した、クラウドネイティブなアーキテクチャ
  • オンプレミス導入かクラウド導入かはお客様が選択
  • オンプレミスでもクラウドでも同様の体験ができる単一コード ベース
  • 容易で無限のスケーラビリティ
  • 総所有コストの削減
 

総合インテリジェンス

  • 絶え間ないパフォーマンス向上のためにプラットフォーム全体にわたって内蔵された AI と ML
  • ドラッグ & ドロップ統合でサードバーティ AI スキルの取り込み
  • リアルタイムのダッシュボードによるネイティブな運用インサイトとビジネス インサイト

オンプレミスでもクラウドでも
同じ体験

クラウド

ゼロ フットプリントですぐに利用可能、スムーズに導入できるよう設計された、無限に拡張可能なクラウド ネイティブ プラットフォーム

クラウド
オンプレミス

オンプレミス

高性能で大規模なエンタープライズ級のプライバシー、セキュリティ、ガバナンス、コントロールを提供

お客様が AUTOMATION 360 を選ばれる理由

WebPT

5 倍

データ処理量の増加

70 万ドル

人件費の節約額

15,000

ネットワーク内で管理された顧客記録

WAM

3600 ビュー

Bot が 37 のオフィスからデータを収集して、日次収益一覧を作成

40,000 時間

2022 年までの目標節約時間

100 万ドル

年間節約額

Automation Anywhere Cloud

Automation Anywhere Cloud Automation Anywhere Cloud

独自のクラウド導入モデルの選択

クラウドのみ

Automation Anywhere Enterprise Cloud による完全なホスティングと管理

安全で常に最新状態、インフラストラクチャ維持の必要もないプラットフォームへの全面的な素早いアクセスで SaaS 体験ができます。

クラウド対応

データは自社のインフラストラクチャに、管理機能は Automation Anywhere Enterprise Cloud で

SaaS 体験と総所有コストの削減は享受しつつ、自社データをオンプレミスに保存しておくことができます。

クラウドでの更新を備えたオンプレミス

Automation Anywhere Enterprise Cloud からの更新オプションのついた、自社インフラストラクチャによる完全ホスティング

完全にオンプレミスで導入し、クラウドからのアップデートや AI 機能の受け取りを管理することもできます。

ご不明な点は お気軽にお問い合わせください

移行に関するよくある質問

この Q & A で回答を探す

移行に関する疑問への回答が見つからない

追加のサポートが必要な場合は、オートメーション・エニウェアのカスタマー サクセス マネージャーにご連絡ください。

ブログより

クラウドに関する知識をテスト
(英語)

ブログより

ブログより

クラウドネイティブ アーキテクチャとは (英語)

ブログより

ブログより

オートメーション・エニウェアの最新情報 (英語)

ブログより