automating content

概要:

RPAを導入し大きな成果を挙げる企業が増えていますが、その利用形態は、クライアントで実行を指示する人を介した「Attended RPA」と、サーバーから実行を指示する完全に自動化された「Unattended RPA」に分類することができます。

利用形態に合ったツールを如何に選定するかは、 RPA導入の大きなポイントとなります。

オートメーション・エニウェアの提供するエンタープライズRPAの最大の特徴は、Attended RPAとUnattended RPAのいずれにも対応している点にあります。

本セミナーでは、上記2種類のBot (ロボット) 実行方法の違いをデモを交えながら、詳しくご説明します。

Attended RPAとUnattended RPAの違い
多様なBot実行方法の紹介
Attended RPAと Unattended RPAのデモンストレーション
重光 翔吾
オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 セールス エンジニア 

 
無料体験版
Close

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう