ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Enterprise A2019 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう

以前のオンラインセミナー

demand-four

地方自治体様向けオンラインセミナーシリーズ:地方自治体の皆様における、RPA活用による新しい働き方改革

多くの地方自治体様で、少子高齢化、2025年問題等の対策としてRPAの導入が進んでいますが、まだ実証検証レベルの自治体様が多く、大きな成果を出していくには課題が出てきております。一方で、民間企業では、大きな成果を上げている企業も出てきており、当セミナーでは『内製化は本当に可能なのか?』『管理、セキュリティはどのように考えればよいか?』といったテーマを中心に、地方自治体様におけるRPA成功の手法について考えていきます。

demand-hand

『RPAによる業務自動化で金融機関のデジタルトランスフォーメーションはさらに加速したのか?』 - お客様の声から昨年を振り返り、今年を占う -

2020年春に「RPAによる業務自動化で金融機関のデジタルトランスフォーメーションはさらに加速する」と題したセミナーにて、金融機関におけるデジタルトランスフォーメーションを推進するプラットフォーム採用のキーワードについてお話いたしました。その後コロナ禍が治まらぬ状況が私たちの働き方のみならずライフスタイルやビジネスを変容させた一年となりました。急速な変化に対応する中で自動化というテーマはこの一年でどのように進展し、そして今後どのような展開を見せるのか、お客様の声と自動化の進展を振り返りながら考察します。

demand-one

RPA市場最新動向レポート「Now & Next: State of RPA」からみる成功企業のアプローチとオートメーション・エニウェアの日本市場における取組について

オートメーション・エニウェアが数百の意思決定者層と、4000社以上の顧客の導入経験から得られたインサイトを紹介した調査レポート「Now & Next: State of RPA」。本Webセミナーではこのレポートからの知見を中心に、現在の企業における自動化の状況や優先事項、コストや費用対効果、さらに今後12ヶ月-24ヶ月間の将来を見通した自動化の取組みをご紹介し、RPA導入企業の現状および、高い費用対効果を生み出している企業に共通する特徴などを解説します。

demand-three

既存顧客様向けオンラインセミナー:Enterprise A2019で何が変わり、何が出来るようになるのか

Automation Anywhere Enterprise A2019が発売されて約1年が経ちました。 その間、各種機能を強化するとともに、自動化を自動化するためのDiscovery Botや業務を支えるデジタルアシスタントのAARIといった新機能もリリースされました。Automation Anywhere Enterprise v11などの従来のバージョンをお使いの皆様においては、A2019への移行を考えるうえで、システム構成や使い勝手の違いに起因する疑問や懸念をお持ちかと存じます。本Webセミナーでは、v11とA2019の違いを中心に、A2019でできることの最新の情報をご紹介いたします。

demand-three

RPAの導入がうまくいっていないと感じている方に聞いていただきたいこと

RPAを検証、導入してみたが思ったよりも効果が出ない、適用できるところが少ないなど、導入前に持っていた期待が薄らいでいることはないでしょうか?本セミナーでは、オートメーション・エニウェアのEnterprise A2019なら出来ること、取り組みをご紹介し、現状から脱却するためのヒントをご提供します。

demand-three

多品種帳票の処理を効率的に自動化するために -IQ Bot x Tegakiでここまでできる最新情報-

業務の効率化、自動化の適用を拡大するうえで、課題となるのが手書きを含む、様々な種類のドキュメント、帳票への対応です。本セミナーでは、今後リリースが予定されている、手書きの文字を高い精度で検出できるAI-OCRサービス「Tegaki」と、オートメーション・エニウェアのインテリジェント オートメーションソリューションであるIQ Botの一体型ソリューションについていち早くご紹介します。 固定帳票はもちろん、多品種の準定型帳票を扱う業務がどれほど簡単な事前設定で自動化できるか、デモも含めてご紹介します。

demand-three

人とロボットの協働を実現し、RPAの活用を広げる新たなインターフェース AARI (Automation Anywhere Robotic Interface) がもたらす新たな働き方

オートメーション・エニウェアがこの度発表したAARI (Automation Anywhere Robotic Interface)は、企業で働く全てのスタッフが利用可能なフロントエンドのインターフェースで、ロボットや他のスタッフ、アプリケーションとのやり取りを簡単に可能にします。 本オンラインセミナーでは、AARIの全体像や、最新のAARI for Webを使うことで実現可能なことを、具体的なデモを交えてご紹介いたします。

demand-three

金融機関様向けオンラインセミナーシリーズ:金融機関における、RPA内製化の意義

金融機関では多くの場合、IT部門やシステム子会社が年間を通じてシステムの開発・保守に関わっており、RPAについても同様の流れで外注(IT部門が取りまとめて外注/システム子会社による開発等)している企業・組織が少なくありません。一方で、初期導入の次の課題として「内製化」を挙げている企業も多く見られます。本セミナーでは「外注中心体制の課題とは?」「内製化は本当に可能なのか?」といったテーマを中心に、金融機関におけるRPA内製化の意義について考えていきます。

demand-three

ここまでできるシリーズ!第6弾!「見えてきた新たな潮流!自動で行うロボットの作成」

自動化プロジェクトにおける作業の約7割は、「対象業務の洗い出し」と「ドキュメント化」が占めているといわれています。オートメーション・エニウェアが提供する最新ソリューション、Discovery Botは、ユーザーの操作を記録し業務フローを可視化、またその選択した業務フローをWord形式で出力しドキュメント化を支援し、さらにロボットの部分的な作成まで自動で行います。本オンラインセミナーではその全容をデモを交えてご紹介します。

demand-three

金融機関様向けオンラインセミナーシリーズ: 事例から学ぶデジタルワークフォース導入における成功要因

金融機関では、RPAの導入に先行している企業が多いですが、実際に導入・運用されて苦労されている情報システム部門の方も少なくありません。それは金融機関の業務レベルに合っていないツールを無理に使っているせいかもしれません。ツール選定から導入・拡大に成功している金融機関の事例から学んでみませんか?

demand-three

開発効率を劇的に向上!AUTOMATION ANYWHERE BOT STOREを活用してBOT開発やデジタルワーカーを導入する魅力

オートメーション・エニウェアが提供する、世界初のBot・デジタルワーカーのクラウドマーケットプレイスであるBot Store。本オンラインセミナーではBot Storeのコンセプトと、実際に開発する際の活用方法・事例をデモンストレーションを交えながらご紹介します。

demand-three

業務の自動化・デジタル化で実現するニューノーマル時代に向けて求められる新しい働き方

本オンラインセミナーでは、新型コロナウィルス以降の「ニューノーマル期」において、企業や組織がITを活用しながら目指すべき姿、その実現のために必要なソリューションについて、オートメーション・エニウェアとシトリックス・システムズからご紹介いたします。また、両社のソリューションを掛け合わせることで実現できる新しい働き方について、デモを交えながらご紹介いたします。

demand-three

金融機関様向けオンラインセミナーシリーズ:情報システム部門の負荷を軽減し、セキュアにRPAを運用するには

金融機関では、RPAの導入に先行している企業が多いですが、実際に導入・運用されて苦労されている情報システム部門の方も少なくありません。金融機関の業務事情にフィットした、セキュアで楽にスケールできるツールを正しく選ぶことで、現状がどう変わっていくか、学んでみませんか?これからRPAの導入を検討される金融機関の方もぜひご参加ください

demand-three

【事業継続とRPA】変化を続けるビジネスと働き方に対するインテリジェントオートメーションの貢献

めまぐるしく移り変わる経済環境の中で「企業における事業継続性の担保」・「生産性の維持」・「社員のモチベーション保持」という観点でインテリジェント・オートメーションがどのように貢献できるかについて、国内外の事例を交えながらご紹介いたします。

demand-three

「ここまで出来るシリーズ」第5弾!RPA導入戦略立案・運用から、ビジネスデータ分析まで導入効果可視化のためのRPA専用ビジネスアナリティクスツールのご紹介

オートメーション・エニウェアが提供するRPA専用ビジネスアナリティクスツール「Bot Insight」の特長や実際の運用方法、RPAの導入効果を高めるために分析するべき項目などを紹介します。

demand-three

「ここまで出来るシリーズ」 第4弾!インタラクティブなBotとの"協業"で業務プロセスのさらなる効率化を実現

Automation Anywhereが提供する最新バージョンA2019.11で追加された「Interactive Forms」を活用すればBotとの“協業”をよりスムーズに行うことができます。新しい機能「Interactive Forms」についてご紹介するとともに、本機能がノンコーディングで開発できることをご紹介するデモも行います。

demand-three

ここまでできるシリーズ!第三弾「紙業務でも自動化できる!IQ Botの基本と、効果的な使い方」

IQ Botを実際の画面デモや導入事例を交えながら、「どう設定する?」「どう動く?」といった基本的な使い勝手から、対象帳票の見極めかた、効果的な運用のためのTips、従来型のAI-OCRとの違いなどをお伝えします。

demand-hand

RPA全社展開の第一歩!全社でRPAを使いこなすために導入初期フェーズで実施すべきこと

RPAを全社で活用するためには、社内でRPAを推進する役割を担う組織、CoE(Center Of Excellence)の役割が重要です。本オンラインセミナーでは、導入初期フェーズのCoEが、成功事例を積み上げるために実施すべきことを中心にご紹介いたします。

demand-hand

ここまでできるシリーズ!第2弾「ERPシステムの自動化による業務負荷低減と業務プロセスの安定化」

ERPシステム関連業務を自動化する際の勘所をご紹介するとともに、SAP R/3でのデモをご覧いただき、Botの具体的な開発方法をご紹介いたします。

demand-hand

オートメーション・エニウェアオンラインセミナー:「ここまで出来る! シリーズ」第一弾 自然言語処理 (NLP) を組み込んだ業務の自動化

この度、オンラインセミナーの「ここまで出来るシリーズ」を始めることとなりました。本シリーズでは、最新技術を取り入れた事例や活用例について、Automation Anywhereのデジタルワークフォース・プラットフォームを用いた実現方法をご紹介します。

demand-hand

オートメーション・エニウェアオンラインセミナーシリーズ:RPA as a Serviceを実現する最新ソリューション「Automation Anywhere Enterprise A2019」を体験

当社が以前から掲げているミッションは、シンプルに「自動化できるプロセスはすべて自動化する」ということです。 これに基づき、熟練した開発者だけでなく、ユーザー部門など、どのようなスキルレベルのユーザーでも簡単かつ迅速にRPAを導入できるように、製品の革新と開発に取り組んでいます。

demand-three

オートメーション・エニウェアオンラインセミナーシリーズ:すべてのユーザーを幸せにする次世代RPAプラットフォームの全貌とは

全世界的に広く利用されているRPA、Automation Anywhere Enterpriseにこの度、機能を刷新した次世代版、Automation Anywhere Enterprise A2019が登場します。

demand-hand

オートメーション・エニウェアオンラインセミナーシリーズ:運用管理の負担軽減で成功させるRPAの全社展開

本オンラインセミナーでは、管理者機能を持つControl Roomの操作方法やロボットの管理方法をご紹介し、全社展開においても効率的な運用管理の方法をご提案します。

demand-hand

オートメーション・エニウェアオンラインセミナーシリーズ:帳票OCRを短時間で導入する!RPA OCRとAI OCR

Automation Anywhere Enterprise (RPA)は、基本的なOCR機能をRPAに組み込むことができ、OCRコマンドによる定型帳票の読み取りを簡単に実装することが可能です。

demand-hand

開発でくじけない!業務効率化を成功させるAutomation Anywhere EnterpriseでBotを開発する魅力

本オンラインセミナーでは、Automation Anywhere Enterpriseの開発機能の特長を踏まえて、Bot作成方法をデモンストレーションを交えながら、ご紹介します。

demand-three

RPA導入の成果を出すツール選定の勘所:「Attended RPA」と「Unattended RPA」とは

オートメーション・エニウェアの提供するエンタープライズRPAの最大の特徴は、Attended RPAとUnattended RPAのいずれにも対応している点にあります。 本セミナーでは、上記2種類のBot (ロボット) 実行方法の違いをデモを交えながら、詳しくご説明します。