オートメーション・エニウェア、高度な業務自動化を推進するため マイクロソフトと戦略的コラボレーションを推進

2019 年 06 月 13日 Automation Anywhere より プレス 発表

数百万ドル規模の投資によりMicrosoft Azure上にオートメーション・エニウェアのBotを実装へ

RPAプロバイダーのオートメーション・エニウェア(米国本社:カリフォルニア州サンノゼ、CEO:ミヒール・シュクラ)は本日、マイクロソフトコーポレーションとの戦略的コラボレーションを発表しました。今後両社は、お客様の業界や規模に関わらず、世界中の企業が業務自動化を実装してビジネスプロセスを改善できるよう支援します。

今回のコラボレーションにより、Microsoft Azureからオートメーション・エニウェアのソフトウェアBotにアクセスできるようになります。これにより、大規模で非構造的なデータセットの管理を効率的に行えるようになり、Microsoft Azure上で行っていた従来の作業の時間の短縮や運用コストの削減が期待できます。

また、本コラボレーションでは両社製品を戦略的に連携させます。具体的にはオートメーション・エニウェアのRPAプラットフォームとMicrosoft AzureMicrosoft Artificial Intelligence(AI)、Microsoft Cognitive Services を連携して利用できるようにし、両社のお客様に共同で販売、マーケティングを行っていきます。さらに、数百万ドル規模の投資を行い、RPA導入を促進しながら、Microsft Azure上にRPAを円滑に移行できるように、拡張性と信頼性の高い手法を開発します。

オートメーション・エニウェアがMicrosoft Azureを推奨クラウドサービスに選択したことで、両社のお客様がクラウドを介していつでも、どこでも、誰でも自動化テクノロジーにアクセスできるようになります。オートメーション・エニウェアのRPAプラットフォームをオンプレミス、パブリックまたはプライベートクラウド、あるいはMicrosoft Azure上でホストすることで、生産性とイノベーションの向上、ROIの改善を支援します。

オートメーション・エニウェアは、従業員と隣り合って働くソフトウェアBotを活用して反復作業を自動化する「インテリジェント デジタルワークフォース」というコンセプトを市場に生み出しました。これにより、人が得意な知的なビジネス活動に重点を置くことができるようになります。

高度なRPAAI、そして組み込み型の分析技術を統合することで、オートメーション・エニウェアのお客様は世界のさまざまな産業に広がっています。 例えば世界のトップヘルスケア企業の90%、世界のトップテクノロジー企業の85%、世界のトップ銀行・金融サービス企業の85%以上、世界のトップテレコミュニケーション企業の80%が当社製品を導入しています。

本コラボレーションは両社のお客様に以下ようなのメリットを提供します。

  • ソフトウェアBotを活用して、複雑な業務プロセスを自動化し、Microsoft 365、Microsoft Dynamics、Microsoft PowerBI、Microsoft Power Platformなどのマイクロソフト製品と深く統合された機能を提供。ワンクリックで操作できるようにして作業スピードと使いやすさを向上。
  • 受賞歴のあるオートメーション・エニウェアのBot Storeを活用。 Bot Store は機能を事前に設定したRPAボットをダウンロードして利用できる業界初のオンラインマーケットプレイス。すでにマイクロソフト製品専用で機能するBot60以上あり、新しいマイクロソフト製品対応Botやデジタルワーカーが増加中。
  • 3四半期(7月―9月期)よりAzure Marketplace上でオートメーション・エニウェア製品へのアクセスを提供。このバージョンはAzure環境に最適化されており、高速で簡単なインストールと導入を実現するワンクリックのインストール機能「Express Install」を搭載。
  • 「Express Install」機能を実行し、クラウド上RPAを円滑に展開できるようにする。そして必要な仮想マシン(VM)SQL環境を迅速に作成。

調査企業IDC SaaSおよびクラウドソフトウェア担当リサーチディレクター Frank Della Rosa氏は次のように述べています。

「クラウドコンピューティングはデジタルエンタープライズの基盤になります。デジタルエンタープライズは組織の機敏を高めて市場を開拓するために、AIを活用した業務自動化のようなイノベーションを推進する力を必要とします。オートメーション・エニウェアとMicrosoft Azureの組み合わせは高度に知的なデジタル業務環境を生み出します。この環境ではソフトウェアのBotが最大の効率と正確さで、クラウドで行うインテリジェントな業務自動化が生み出す価値を最大限に、引き出します、活躍します」

米国大手食品企業Mars社のオートメーション ディレクター John Cottongim氏は次のように述べています。

「オートメーション・エニウェアと、Microsoft AzureIaaSとコグニティブ技術の組み合わせを活用して、マースは事業の価値を高め、全組織でお客様の体験を改善するスピードを高めることができます」

マイクロソフトコーポレーションのCloud and Business Microsoft Business Applications and Industry担当コーポレートバイスプレジデント、アリサ テイラー(Alysa Taylor)氏は次のように述べています。

「デジタルトランスフォーメーションは現代のオフィスに革命を起こしています。そして、マイクロソフトがこの革命の最先端にいる中、オートメーション・エニウェアは、繰り返しのオフィス業務からナレッジワーカーを解放することでデジタルオフィステクノロジーを次のレベルへと導いています。オートメーション・エニウェアのビジョンは私たちのビジョンと完全に一致しており、あらゆる製品、アプリケーション、サービス、エクスペリエンスにインテリジェンスを注ぎ込み、全ての人に業務の自動化を提供します」

オートメーション・エニウェアのCEO兼共同創立者ミヒール・シュクラ(Mihir Shukla)は次のように述べています。

「企業は、クリエイティビティやイノベーションを実現するにあたって、業務の自動化によるコスト削減や人が得意な知的業務に集中するといったRPAの利点を認識しています。マイクロソフトコーポレーションとのパートナーシップ拡大は、このような利点をより多くの企業に享受してもらえるように支援します」

マイクロソフトは世界中のエグゼクティブブリーフィングセンター(EBC)でオートメーション・エニウェアの業務自動化製品を紹介する予定です。EBCでは、オートメーション・エニウェアのテクノロジーにより実現するマイクロソフト製品のデモをご覧いただけます。

オートメーション・エニウェアについて

オートメーション・エニウェアは、ロボットによるプロセス自動化(RPA)分野における世界最大のソフトウェアプロバイダーです。オートメーション・エニウェアの提供するプラットフォームを通じて、多くの企業が世界規模のインテリジェント デジタルワークフォースを構築しています。そのエンタープライズに対応したプラットフォームは、幅広い業界で反復的業務に携わる人々を支援するソフトウェアボットを活用しています。これは、先進的なRPAと、コグニティブおよび組み込み型分析機能を組み合わせた唯一かつ真のインテリジェント デジタルワークフォース プラットフォームです。世界中の2,800社を超える企業と1,600以上のエンタープライズブランドが、AIに対応した当ソリューションを利用して、ビジネスプロセスの管理と拡張を高速化し、エラー率をほぼゼロに抑えながら、運用コストを大幅に削減しています。オートメーション・エニウェアは、創造し、考え、発見するために時間を費やせる人材こそ優れた企業を作り上げるという信念のもと、14年間にわたって90カ国以上の金融サービス、保険、医療医療、テクノロジー、製造、通信、物流業界の主要企業に自動化技術を提供してきました。詳細は以下サイトをご覧ください。