英語版のブログはこちらをクリックしてください

職場におけるソフトウェアロボット

2019年 10月 25日 職場におけるソフトウェアロボット 執筆: Semyon Sergunin

ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン氏は、著書「Thinking Fast and Slow(ファスト&スロー)」(2011年)の中で、人間が持つ2つの思考モード、「システム1(早い思考)」と「システム2(遅い思考)」について説明しています。

2019年 6月 13日 職場におけるソフトウェアロボット 執筆: Ritu Kapoor

1760年代の機械化(第一次産業革命)、1800年代の大量生産(第二次産業革命)、1970年代の自動生産(第三次産業革命)を経て、デジタルとモノをつなげるシステムの登場による「第四次産業革命」いわゆる「インダストリー4.0」が進んでいます。データ量の増加、演算リソースの低コスト化、人と機械が協働できる技術の変化、高度な分析など、全ての要素がデジタル トランスフォーメーションの原動力となっているのです。また、ハードウェア ロボットやソフトウェア ロボットの活躍で人の活動能力が拡張され、作業効率と成果の向上が進んでいます。今後、インダストリー4.0は、業務プロセスを根本的に変え、飛躍的なコスト削減と生産性向上、顧客満足度の向上を実現すると期待されています。