無料体験版

ビジネス向け

世界トップクラスのインテリジェント オートメーション プラットフォーム、Automation 360 を 1 ヶ月間フルサポート付きでお試しいただけます

学生・開発者向け

無料の Community Edition で、今すぐ RPA ジャーニーを始めましょう

英語版のブログはこちらをクリックしてください

developer

ビジネスプロセス・マネジメント (BPM) とビジネス・プロセス・アウトソーシング (BPO) はさまざまな部署に非常に幅広い可能性をもたらすため、今日の企業で非常によく耳にする言葉です。

その名の通り、これらのプロセスはどちらもコア ビジネス タスクの実行と最適化に関連したものです。しかし、多くの人々がこれらの言葉の意味を明確に把握しておらず、さらに多く場合、この 2 つのプロセスの違いをよく理解できずにいるのではないでしょうか。

BPM は、給与処理のような定型業務の効率アップに特化したプロセスです。ほとんどの場合は社内で完結し、その市場規模は世界中で約 2,000 億米ドルにのぼると言われています。BPO では多くの場合、これらの業務が外部業者に委託され、一連のステップが継続的なサービスとして実行されます。

BPM と BPO はどちらもロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) による大幅な改善が可能な分野で、その結果コストの削減、運用の改善、生産性の最大化といったメリットが得られます。BPM と BPO の定義とこれらの違いに目を向けることで、RPA によるこれらの重要なプロセスの大幅な改善方法が見えてきます。

ビジネスプロセス マネジメントとは?

BPM の目的は、反復的なワークフローにおけるさまざまなステップを最適化し、最も効率的に行われるようにすることです。それには、人事による新入社員のオンボーディングなどの特定の目的に必要なさまざまなプロセスを分析し、スループットを向上させると同時に、その業務に必要なリソースと時間を削減する必要があります。

通常、BPM は次の 5 つの段階を踏んで行われます。

  • 設計: 設計段階では、プロセスが行われるのに理想的な状態と、それを実現させるために必要な要件が特定されます。
  • モデリング: 組織が対象となるワークフローの一連のステップが異なるシナリオでどのように行われるのかを評価します。
  • 導入: この段階では、企業が BPM に必要なタスクを行うの一方で、RPA などのツールを使用してそれらのタスクが標準化されます。
  • モニタリング: モニタリングは品質管理と改善すべき点の特定に必要です。
  • 繰り返し: この最終段階では、モニタリングにより得られた情報を参考に、サプライ チェーンの仕入をはじめとするさまざまなタスクの結果が継続的に改善されます。

ビジネスプロセス・アウトソーシングとは?

BPM を理解することで、BPO がどのようなものかもわかりやすくなります。BPO とは、外部のコンサルタントや IT 専門家に IT、給与、人事などの一般的なビジネスプロセスの実行を委託することです。

多くの企業では自社のコア ビジネスに影響を与えないよう、これらの継続的なタスクをアウトソーシングしています。たとえば、医療機関では従業員への給与支払いプロセスの最適化よりも、患者アウトカムの向上に専念する必要があります。BPO を利用すれば、これらのタスクを専門とする BPO 組織に料金を支払うだけでそれが可能になります。

RPA の活用

RPA は第三者のビジネスプロセス担当者に必要不可欠なテクノロジーです。ロボティック・オートメーションと Bot は 1 つのフォームから別のフォームへのデータのコピーなどといった定型プロセスの実行に優れているため、人間の従業員がこれらのタスクから解放され、より有意義な業務に専念できるようになります。また、Bot がデジタルワークフォースを構築することで短期間で価値が実現され、組織が少ないリソースでより多くの業務をこなせるようになるため、運用コストも大幅に削減されます。そして、特に人間の従業員のニーズに応じてプログラミングされた場合、RPA Bot は要件の変化に合わせて迅速な調整を行うため、運用の機敏性も高まります。

BPM と BPO

現在ほとんどの組織で BPM と BPO のどちらかが行われています。どちらにせよ、これらのタスクをより効率的かつ低コストで効果的に行うには、RPA が欠かせません。組織が運営に必要な業務をデジタルワークフォースに任せ、ミッション クリティカルな業務に専念するための最新のワークフォースを構築するうえで、RPA は非常に重要な要素となります。

RPA による BPM・BPO の改善